映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お熱いのがお好き #74

2004-10-31 | あ行の映画
1959年 アメリカ 121分

翌年作成された「アパートの鍵貸します」で登場人物に「マリリンモンローばりのいい女だ」と言わしめたモンローがヒロイン役で出演。ジャックレモンはこの作品でビルワイルダー監督と初合わせ、その後何本もコンビを組むこととなる。

ジャズバンドの一員のジャック・レモンとトニー・カーティス。禁酒法時代のアメリカなので葬儀屋でこっそり闇パーティーを開くが、警察の手入れにあって職を失う。残るは女性だけのグループに入ることくらい。さあ、出発だという時に、ギャングの殺人現場を発見してしまう。危うく殺されそうになった二人は、見つからないよう女装して逃亡しながら女性グループに入る。

どうみても不自然な女装なんだけど(似合ってたりもするのだが)、開き直って水着になったりしているから、女装がいつバレるの?ということは話の絡みとはとりあえず関係なさそうなんだけど、いつカツラが取れるんじゃないかとドキドキしてしまう。女装が下品に見えないよう、カラー映像はあったけどモノクロで撮影したそうだ。

しかも、話のメインはラブロマンスときている。マリリンモンローに一目惚れしたトニー・カーティスが、早着替えで大企業の御曹司に化け、女装したジャック・レモンは富豪の初老の男に言い寄られる。さあ、これからというときにギャングと鉢合わせ!さあ、逃げろ!

ポスターやダイジェスト以外で動いているマリリンモンローを見たのは実は始めてだったが、金持ちとの結婚に憧れる田舎娘の役柄が、高嶺の花の映画スターという感じでなく、無邪気でとっても親しみやすかった。一転、「I wanna be love by you」を歌う姿は大物の風格を感じさせた。

「アパートの~」も良かったが、これも笑いあり、ほろりとさせる場面あり、とっても楽しかった。ビリー・ワイルダー作品はこれからも追っていきたいと思う。

ビリー・ワイルダー監督作品一覧へ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 地雷を踏んだらサヨウナラ #73 | トップ | 深夜の告白 #75 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
www.jsvelho.org (www.jsvelho.org)
2005-05-13 02:16:06
www.jsvelho.org payday loans thanks

コメントを投稿

あ行の映画」カテゴリの最新記事