映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハロウィンⅢ #123

2004-12-09 | は行映画
1982年 アメリカ 91分

病院に運び込まれた男は「やつらが来た、全員殺される」と言い残し、眠っているところを再び襲われ、殺される。不審に思った医師は(なぜか被害者の娘と懇ろになりつつ)ハロウィンマスクの製造工場シルバーシャムロック工場へ向かう。

一方、街ではこのマスク工場のCMがハロウィンまであと○日と流れ続け、ハロウィンの日にはシルバーシャムロックのマスクをつけてTVを見よう!と煽っている。実はこれはマスクに付いた装置がTVの画面に反応し、被っている人を殺してしまうという恐怖の大量殺人装置であった。シルバーシャムロック工場はマスクだけではなくアンドロイドも秘密裏に作成していたのだ。

最初のアンドロイドの犯人が自ら車の中でガソリンをかけ炎上自殺するところは2で燃えたブギーマンへのオマージュであるかのようだったため、ブギーマン登場、またはブギーマンの秘密が明らかになるのでは?と期待して見ていたのだが、実は本作、ブギーマンが登場しない番外編的シリーズ第三弾なのであった。ブギーマンの幻影に脅かされながら1時間半耐え続けてしまったぜ。ネタバレだとがっかりされたらすみません。でも逆にブギーマン出ないと知っていたほうが楽しめると思う。ブギーマンを求めた観客には不評だったようだが、普通のホラー映画としてみればそこそこ面白い作品。でもB級。

ハロウィンシリーズは一度ここで落ち着く(打ち切り??)が、88年に再びマイケルが復活、第8作まで作られている。

コメント   この記事についてブログを書く
« ブラック・キャデラック #122 | トップ | 光の雨 #124 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

は行映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事