映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エイリアン4 #78

2004-11-04 | あ行の映画
1997年 アメリカ 107分

3で壮絶なラストを迎えたリプリーが、200年後の2470年、クローンとして甦った。遺伝子操作の際、リプリー自身の遺伝子と、リプリーの中に入っていたエイリアン(クイーン)の遺伝子が錯綜し、リプリーは血液が酸性の“半人半エイリアン”に!

1-3の良いところをかき集めて、新しい姿を付け足した、という感じがする。1-3の場面をマニアックに?活かしつつという意向だったんだろうが、やや拘りすぎたか?という感がある。リプリーは封印すべきと思った。

が、逆に1-3を観てなければ面白いんじゃないかと思う。アクションシーンはよりグロテスクに、エイリアンは変わらず強く怖いし、クイーン再来によりおびただしい数の卵が!

冷凍睡眠中の人間を密輸し、いつフェイスハガーが出てきてもいいように卵の前に固定している姿は笑撃的^^;だったように、エイリアンと戦う面々がギャング団だったので助かった方がいいのか悪いのかパッと感情移入しにくい面もあった。ゴルゴ13ばりに角度を利用して銃弾を弾いて敵を撃つ、とか、卵の中にホールインワン!なんて芸当が出来てしまうテクニシャンが、やられるときは呆気なく・・・。その点ウィノナ・ライダーがメンバーにいたのは正解だった。ラスト近くのシガニーウィーバーとの2ショットはようやくリプリーに明るい未来を感じさせる良いショットだった。
リプリーの悪夢はようやく幕を閉じたようである。
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« アルティメット・ストーム #77 | トップ | 異国の出来事 #79 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おお、ついに。 (ぽこ)
2004-11-04 20:00:48
トラックバックありがとうございました。こちらからもしておきますね。

まさにリプリーの悪夢の最後となった作品でした。ただリプリー…もはや人間ではなくなっていたようで、なんとも(笑)。

あのフェイスハガーを前におかれた連中…かわいそうでしたねぇ。しかもなぜか出てくる時に睡眠から覚めてしまうし…。
Unknown (manamana629)
2004-11-04 20:18:51
トラックバックありがとうございました。厚みが出た要で嬉しいです。



そうそう、フェイスハガーいじめ(羽交い絞め)って感じでしたね、笑うところかどうかわかりませんが、思い出しても笑ってしまいます。^^あんなことせんでも、逃れられないのに(笑)

あと、道連れチェストバスター、2人突破ってのもありましたね。
Unknown (amerio)
2004-11-05 04:35:40
良くも悪くも、エイリアンは"2"がスゴすぎたのでしょうか。

僕も、3,4は残念ながらなかったものにしちゃってます。
Unknown (manamana629)
2004-11-05 13:37:53
amerioさんこんにちは!webの構成がかっこよくなりましたね!



「2」は思わぬ形で前作をうまく乗り越えていましたね。インパクトがありました。私はやっぱり「1」かな。

3と4は時間が経ったらどっちがどっちかわからなくなりそうです。
Unknown (amerio)
2004-11-06 01:10:22
>webの構成がかっこよくなりましたね!



有り難うございます。

とても嬉しい一言っス!

コメントを投稿

あ行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事