映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブラック・キャデラック #122

2004-12-08 | は行映画
2002年 アメリカ 93分

ナンパ目的で山奥までやってきた大学生スコットと弟ロビー、悪友CJの3人は、それぞれ目的を果たすが喧嘩っぱやいCJだけは騒動を起こし、車に乗り込み逃走する。途中で保安官チャーリーを後ろに乗せ、スコットのドライビングテクニックで快適に走る後ろから、黒いキャデラックが追ってきた。煽り、横からぶつけられ、道を塞ぐキャデラック。なぜ彼らを狙うのか?仲間たちはだんだんと疑心暗鬼に陥っていく。たまたま拾ったRクエイド扮する保安官チャーリーが狙われているのでは、という疑いは一発の銃声にかき消されるが、では追ってくるのは誰だという謎は深まるばかり。

雪の中のカーチェイス、凍った湖の上を車で縦横無尽に走ったり、凍死した牛で仕掛けるトラップなど冬の暗い夜をうまく使っている。恐怖の中に青春ドラマを融合させ、主人公たちの昔のエピソードを振り返って友情を確かめあうシーンは一服の清涼剤となっている。

プルート・ナッシュではアンドロイド役を演じたランディ・クエイドが優しそうに見えて怖い保安官を演じている。


コメント   この記事についてブログを書く
« 日本映画専門チャンネル | トップ | ハロウィンⅢ #123 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

は行映画」カテゴリの最新記事