映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ライアーライアー #132

2004-12-16 | ら行映画
1997年 アメリカ 86分

ジム・キャリーの代表的な作品の一つ。ジム・キャリーといえば好き嫌いが分かれる俳優さんではないだろうか?エンドロールのNG集でも相手役が「過剰演技!」と言っていたが、顔面全部使った話芸。全身で表現するオーバーアクション。今回もしつこいような法廷シーンはちょっとどうなのかなあ、と思っていた。・・・・途中までは。それが、見終わるとすっきり爽快!な気分だ。いやー、正直良かった。そんなことありえないだろ、というような飛行機の追いかけシーンも、良くぞやった、と拍手だ。1日だけ子どもの願いが叶うというのもファンタジーでいいじゃない。嘘がつけずにそこまで言うかとばかりにぶっちゃけ本音トーク炸裂も、おかしかった。最後でほろりとさせて、それまでのハイテンションが活きてくるというわけだ。で、ストーリーは、というと・・・省略。ま、とにかく面白いので見て頂戴!

映画サイトでライアーライアーをチェック
goo映画
all cinemaオンライン
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 片腕カンフー対空とぶギロチ... | トップ | 人間の約束 #133 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Jun)
2004-12-17 00:42:49
ジム・キャリーって、顔の筋肉どうなってんの?

ってくらい自由自在に顔動かせますよね。

あれ真似したら顔が筋肉痛になってしまいそう。

というか、真似できない(^_^;)

Unknown (manamana629)
2004-12-17 08:52:07
どうもです。

実際いたら多分トモダチにはなれないタイプかも(笑)「マスク」「バットマン」も良かったと思いますが、新たなジャンルでも観てみたい気がします

コメントを投稿

ら行映画」カテゴリの最新記事