マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

「子供には『3つの気質類型』がある」という研究、養育者自らがその子に期待することを見直す大切さ

2016年07月26日 | 思慮あるしつけ(discipline)

「気質」を理解するためのヒント、第二弾です。


ひとつ前の記事、

子供&自分の気質を理解するために覚えておきたい「9つの要素」、一般&HSCの観点から

にて紹介した「9つの要素」に基いて、

精神科医Alexander Thomas 氏と Stella Chess氏夫妻は、

子供を「3つの気質類型」に分類します。

 

 

1.外界に慣れやすい子、養育者にとって扱いやすい子(THE EASY CHILD):40% 

規則性があり、周りの物事に対し穏やかな反応を見せ、順応性があり、新しい状況に引きこもるより踏み出していく。乳児期には、早いうちに規則的な食事や就寝スケジュールを確立し、新しい日課、食べ物、人々にも、明るく比較的早く慣れる傾向にある。大きくなるにつれ、ルールやゲームを素早く学び、新しい活動に参加する準備ができており、学校にも容易に適応する。

 

2.外界に慣れにくい子、養育者にとって扱いにくい子(THE DIFFICULT CHILD):10%

不定期で、周りの物事に対し強烈に反応することが多く、新しい物事を前にするとなかなかうまく対処できなかったり引きこもる傾向にあり、環境の変化に順応するのに時間がかかる。乳児期には、しばしば不定期な寝食スケジュールであり、新しい日課、食べ物、人々に慣れるのに長く時間がかかり、よく泣く傾向にある。泣き声や笑い声も大きいのが特徴。フラストレーションが暴力的な癇癪につながることもある。

 

3.外界にゆっくりと慣れる子、養育者にとって時間のかかる子(THE SLOW-TO-WARM-UP):15%

(身体的な)活発レベルが穏やかで、新しく出合うことに引きこもりがち。周りの物事に対し(咄嗟に分かりやすい)強烈な反応は見せない。周りから「シャイ」と描写されたりする。

 

残り35%は、3つの特徴を合わせ持ち、3つの類型のどれか1つに当てはまることがなかったとのこと。

 

‘The Origin of Personality’ by Alexander Thomas, Stella Chess and Herbert G. Birchより)。

 

 

 

こうした「気質の違いがある」ということを理解しておくと、

世話をする側も、対応の仕方がより見えてきます。

 

つまり、

その子がすんなりできることと、

そうはなかなかすんなりとはできないことを理解し、

養育者自らがその子に期待することを見直し、

ハードルを調整してやれるようになるということです。

 

 

 

1の「扱いやすい子」が「40パーセント」という数字が出ていますが、

そうした比較的「多数者」に接するような姿勢や方法のみでは、

2の「扱いにくい」ような子には届きません。

これは、放課後スクールでも、私自身改めて実感したことです。

また、「ハイリーセンシティブな子(HSC)」の場合は、周りの期待を敏感に感じ取るため、

1の「扱いやすい子」になろうなろうと、

無理し過ぎることもあるでしょう。

もしくは、どうしてもそうなれない自分を責め、

罪悪感や恥の意識を募らせるということもあるかもしれません。

 

ちなみに、心理学者のアーロン氏は、HSCというのは、

3の「外界にゆっくりと慣れる子、養育者にとって時間のかかる子」

として分類される傾向にある、と言及しています。

(『The Highly Sensitive Child』 by Elaine N. Aronより)

HSCについては、我が家を振り返っても思うんですが、

外では1や3のように振る舞い、家庭では2のように爆発する、

ということもあるでしょうね。

 

 

その子の気質を理解し、

では、どう対応していくのが効果的なのか?

そう養育者として自らに問いかけつつ、

工夫していきたいですね!

 

いくつかの具体的な対応例について、

ざっとですが、後ほど、みていきます。

コメント   この記事についてブログを書く
« 子供&自分の気質を理解する... | トップ | 『3つの気質』を考慮した接... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思慮あるしつけ(discipline)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事