「学び方の上手い人・下手な人」

メルマガへのご意見・ご質問をまとめたページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ゆらぎ」

2009年04月30日 12時45分00秒 | Weblog

「ゆらぎ」



青山学院大学で開催されたセミナー「大人の学びって何だろう?」に参加した
帰り道、池袋駅でスパゲッティー屋によりました。

もうすぐラストオーダーという時間だったのですが、隣にカップルが座り、
メニューを見始めました。


その時、ふと


「大人は 

 “他人は他人、自分は自分”

   と思える人ではないか?」


と思いました。



つまり大人は「確固たる自分」をもっている。
子供には「確固たる自分」はまだ確立されていない。


そう考えると、大人が学ぶためには「確固たる自分」をもっていても
「柔軟」に学ぶ、本人の姿勢が必要なのでは?


では、どんな時に「確固たる自分」をもっている大人が「柔軟」に学べるのか?


それは、

つらい体験をした時や、追い詰められた時、悩んでいる時、苦しんでいる時、

「今までの自分のやり方、考え方では上手くいかない」と思う時、

大人は柔軟に学ぶ姿勢をもてるのでは?


過去の経験などから培われてきた「確固たる自分」が「ゆらいでいる時」に

大人は学ぶのでは?


環境が変わり未知の体験をせざるを得なくなったり、
自分の過去の常識が通用せず自信を失ったりしたときに、

大人は学ぶのでは?



つまり大人が学ぶためには「ゆらぎ」が必要なのでは?・・・


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「与えすぎると、考えなくなる」 | トップ |   

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (S)
2009-06-01 21:45:06
お久しぶりです。

どこかの偉い人が、

「生き残るのは最強なものではない、変わり続けられるものだ」

と言ってましたが、それを思い出しました。


大人子供かかわらず、変わることを楽しめる(恐れない)人が学び続けられるのではないのでしょうか。
Unknown (関根雅泰)
2009-10-31 07:28:22
S様

ありがとうございます。
(御返信が遅れてすみませんでした。)

>大人子供かかわらず、変わることを楽しめる(恐れない)人が学び続けられる

今、大学院に入って、「変わる」ことを求められている状態ですので、このお言葉に励まされます。

どうもありがとうございました。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事