「学び方の上手い人・下手な人」

メルマガへのご意見・ご質問をまとめたページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「厳しい言葉をくれる人」

2007年05月28日 11時00分11秒 | Weblog

「厳しい言葉をくれる人」



最近、二人の方に「厳しい言葉」をもらいました。


「本も出しすぎると、すり減らされる。飽きられる。」  出版社の方

「関根君の今のレベルなら誰でも行ける。
 問題は、継続できるかどうか。」   先輩経営者の方


そのときは、ズキッと胸が痛みます。顔がこわばります。
「自分のために言ってくれている」と分かっていても、そのときはつらいです。


だからこそ「厳しい言葉」は自分の中に残り、血肉になっていくのかもしれませんね。


**********************************************************************

◎今週の質問!    「厳しい言葉をくれる人」


 
 
   「あなたが最近もらった“厳しい言葉”は何ですか?」




**********************************************************************
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 「自分はまだまだ」 | トップ | 「教える側の工夫」 »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
厳しい言葉をくれる人 (Y様)
2007-05-28 16:30:27
お世話様です。

本当に最近厳しい言葉を発したり、もらったりすることが少なくなりました。
でも機会は少ないけれども思い起こせばありました。

「いままでと同じやりかたでいいのか?」
「自分自身も変わらずにどうする!」

社内の先輩社員から言われた言葉です。

仕事の多くは前年をベースに行います。
関係部署から特に意見が無ければ、前年と同じやりかたで行う場合が多い。
しかし、突然ある人から指摘を受けることがある。

「そんな話、初耳だ」
「もっとはやく言ってくれればいいのに」
と思ってしまう。

でも自分自身が受身だったと少し反省もさせられました。
自己変革とまでいかなくても、自分を高めながら仕事のやり方も内容も
「より良いもの」を追求する必要を教えられたようが気がしました。
ありがとうございます! (関根雅泰)
2007-05-28 16:33:17
Yさま

メールありがとうございます。


>「いままでと同じやりかたでいいのか?」
>「自分自身も変わらずにどうする!」

これはきついですねー。


>自己変革とまでいかなくても、自分を高めながら仕事のやり方も内容も
>「より良いもの」を追求する必要を教えられたようが気がしました。

「厳しい言葉」は、自分を高める良いきっかけになるのかもしれませんね。


貴重なご意見ありがとうございました。





厳しい言葉をくれる人 (西 義光さま)
2007-05-29 05:01:54
関根様

道中気をつけて無事のご帰国を楽しみにして
います。キット見聞を広めて一回り大きくなって
戻られる事と思います。

小生も若いときに先輩から大声で生意気だぞ!
とみんなの前で叱られました。仕事が段々できるように
なって、自分でも態度がでかいなと気が付きました。
つまり慢心です。 

八十四歳になると流石に厳しい言葉を
くれる方はいなくなりましたが、私は周りから厳しく
いわれやすいためか、それは沢山の直接のお叱りや
陰口を伝えてくれる人に恵まれました。でも私は
厳しい言葉を陰に陽にくれた皆さんに感謝の気持ちを
持っています。

こちらは目が二つしかないのに、周りには何千という
目があるわけですから、よそ様のほうがよっぽど小生の
姿が見えているわけですよね。人間は自分と向き合って
自分が見える人になるということが如何に大切かと
いうことを学びました。そして自分は決して人のために
働いているのではない。自分の仕事のために働いていくのだと決心
したときから皆様から頂く厳しい言葉を大変ありがたく
思う様になり、頂いたお言葉のような見方も出るのだなと
その度に自分が成長している姿をイメージして
きました。本当にありがたい諸先輩と友人に恵まれて
来たことを嬉しく思います。

西
ありがとうございます! (関根雅泰)
2007-05-29 05:02:28
西さま

メールありがとうございます。関根です。


> 道中気をつけて無事のご帰国を楽しみにして
> います。キット見聞を広めて一回り大きくなって
> 戻られる事と思います。

はい!どうもありがとうございます。



> こちらは目が二つしかないのに、周りには何千という
> 目があるわけですから、よそ様のほうがよっぽど小生の
> 姿が見えているわけですよね。

なるほど!言われてみれば確かにそうですね!


> そして自分は決して人のために働いているのではない。
> 自分の仕事のために働いていくのだと決心したときから
> 皆様から頂く厳しい言葉を大変ありがたく思う様になり、
> 頂いたお言葉のような見方も出るのだなと
> その度に自分が成長している姿をイメージしてきました。

「自分の仕事のために働く」

この決心が、厳しい言葉を受け止めて、自身の成長を更に促す
きっかけとなったということでしょうか。


貴重なご意見ありがとうございます。

Unknown (S)
2007-06-01 11:22:00
お久しぶりです。

良薬口に苦しのことわざの通り、
厳しいことを言ってくれる人は、
その場では苦々しく感じますが、
あとになってみると、
大変有難い人だと分かりますね。


最近は、人間づきあいを円滑にするため(?)
波風が立つような、厳しいことを言う人が
少なくなったような気がします。

そうなってきますと、好事魔多しの通り、
いつの間にやら、調子に乗って
気がつくととんでもないことに
なってしまうかも知れませんね。

そうならないように、自分が厳しい人になって
「本当にそれでいいの?」
と常に己に問いかけるのが大事だと思います。
ありがとうございます! (関根雅泰)
2007-06-04 17:51:25
S様

コメントありがとうございます!


>あとになってみると、
>大変有難い人だと分かりますね。

本当ですね!そう思います。


>自分が厳しい人になって
>「本当にそれでいいの?」
>と常に己に問いかけるのが大事だと思います。

はい!



「本当にそれでいいのか?」と自問する。




貴重なご意見本当にありがとうございます。

厳しい人は必要 (かず)
2011-10-02 15:28:37
私は入社2年目です。
ある先輩にはよく「自分で判断できたいときはすぐ報告すること」「ミスしたらちゃんと誤り黙らないこと」って言われます。
時たま違う先輩に「手伝ってくれればいいのにね」とか言われます。前の自分ならそう思ってたかもしれませんが、まえに先輩が私のことを「やればできるんですよ」って違う先輩に話してたんです。それを聞いてからは特に「先輩は私ができるって思ってるから厳しく言うんだ」って思うようになりました。助けてくれるのもいいですが、いつまでも助けを求めてては社会人としてダメだと思いますし。厳しくいってくれる先輩をわたしは尊敬しています。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事