「学び方の上手い人・下手な人」

メルマガへのご意見・ご質問をまとめたページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「失敗 = ?」 

2008年04月01日 09時40分15秒 | Weblog
「失敗 = ?」 



投資家の石橋明佳さんが、対談で面白い話をされていました。


「(投資に)失敗して、“あー・・・”と、落ち込む瞬間が好き。

 そういう時にこそ、学びがあるから。」


              (日本経営合理化協会 月刊CD経営塾より)



「失敗 = 学びのチャンス」と捉えられれば、

失敗することが怖くなくなるかもしれませんね。


**********************************************************************



もちろん、「余裕があるから」失敗しても寛容でいられる

というのはあるかもしれません。




余裕がない、あとがない、せっぱつまっている・・・


そんな状況でも、失敗を学びのチャンスと捉えられるのか。

失敗を恐れずに、前へ一歩踏み出せるのか。



それが、違いを分けるのかもしれませんね。



**********************************************************************
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「目標ハガキ」 | トップ | 「与えすぎると、考えなくなる」 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
失敗 (西 義光様)
2008-04-09 05:40:30
関根様

私も石井さんと同じように失敗を次のスプリングボード
に出来ると信じます。人間は誰でも失敗します。問題は
失敗したときに道が二手に分かれ、そこから失敗した人が
将来大きく成功するか、しないかの道をたどることになると
言うことを理解するか、しないかという事です。

がっかりして自分が嫌になったり、他人や他の問題に邪魔されて
出来なかったとか、いろんな形があると思いますが、
もう一方で、今度は旨くいかなかったが、こんなところが
注意が足らなかったから、こんなことが将来あったら
今度は違った対応をしようとイメージを書き直してこっそり
潜在意識の中にしまっておく心の余裕を持つことが
大切だと信じます。そうやってしまい込まれたイメージはいつか
時が経たときに他のイメージと混ざり合ってもっと
練り上げられた考え方になって飛び出すかも知れないのです。

世の中によく経験者という言葉が使われますが、小生は
本当の経験者は沢山の失敗を重ねて其の名を勝ち取るものと
思います。従って無理に失敗をするまでのことはありませんが
失敗をどのように将来生かして行くか心掛けの問題になります。

このように自分を甘やかすことなく失敗を次につなげて
行く人こそ学び上手な人と呼びたいです。私も犯した
失敗は恥ずかしいけれども、何時も次の知恵として心に
刻むようにしています。

西
ありがとうございます! (関根雅泰)
2008-04-09 05:41:38
西様

メールありがとうございます。関根です。

メルマガへのご意見ありがとうございます!


> 問題は失敗したときに道が二手に分かれ、そこから失敗した人が
> 将来大きく成功するか、しないかの道をたどることになると
> 言うことを理解するか、しないかという事です。

> このように自分を甘やかすことなく失敗を次につなげて
> 行く人こそ学び上手な人と呼びたいです。

はい!


「失敗を次のスプリングボードにしよう」と前向きに
考えられるかどうかが大事ということでしょうか。



貴重なご意見ありがとうございます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事