くつ・かばん修理事件簿

日々訪れる、奇怪な修理の悪戦苦闘記録である

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ルイ・ヴィトン リヴィエラ Ⅳ

2010-05-30 10:02:30 | かばん 鞄 カバン
中仕切りが外されました。
上に見えるのが外された中仕切りです。
ここまでくれば、中の劣化具合がよく分かりますね。
画像では分かりませんが、グレーの部分が溶け出していてベタベタのネチャネチャです。
爪の間にでも入ろうものなら最悪です。
これでは物は入れれません。
さぁ、まだまだ分解されますよ。

マナファクトリー友渕店
コメント

ルイ・ヴィトン リヴィエラ Ⅲ

2010-05-25 18:11:45 | かばん 鞄 カバン
一番前にある、外ポケット部分が取り外されました。
この部分でベタつく部分が2枚あります。
さぁ、どんどん分解していきましょう。

マナファクトリー友渕店
コメント

ルイ・ヴィトン リヴィエラ Ⅱ

2010-05-23 10:08:28 | かばん 鞄 カバン
リヴィエラの内側の状態です。
内側は合皮を使っておりますので、経年劣化や湿気で数年経てばこのようにボロボロと剥がれ落ちてきます。
剥がれ落ちるだけだとまだマシなんですが、ネチャネチャとしていますので、中に入れた物にネチャネチャがくっついてしまいます。
これを解消するには内側を張替えするしかありません。
では、分解していきましょう。

マナファクトリー友渕店
コメント

ルイ・ヴィトン リヴィエラ Ⅰ

2010-05-18 17:55:50 | かばん 鞄 カバン
画像のように外観は問題ありません。
まぁ、それでも少し汚れが付着しております。
しかし、鞄の中が・・・・

マナファクトリー友渕店

コメント

革オールソール Ⅶ

2010-05-05 09:57:44 | くつ 靴 クツ
後はカカト部分に厚カカト(お客様指定)を付けて、コバ(靴の縁)をコバインキとワックスで磨きます。
最後に靴のアッパー(上部)を汚れ落しをしてから靴墨をつけて磨いて完成です。

ゴールデンウィーク中も休まず営業しています。

マナファクトリー友渕店
コメント (1)

革オールソール Ⅵ

2010-05-04 10:02:18 | くつ 靴 クツ
山林商店さんから底縫いが仕上がってきました。
溝にきっちり落とし込まれた縫い糸です。
これでしばらくは糸切れを気にせず履けますね。
この上からハーフソール(滑り止め)を貼ると糸目が隠れて履き込んでも糸切れを気にせず履けるのですが、やはり革本来の快適性を損ないます。
少し履いて糸が切れる前にハーフソールは貼ればそれまでは快適に履けますよ。
ただし、革底は滑りやすいので滑って危険だと思われる方は初めからハーフソールを貼りましょう。

ゴールデンウィーク中も休まず営業しています。

マナファクトリー友渕店
コメント

革オールソール Ⅴ

2010-05-03 10:00:13 | くつ 靴 クツ
中底(ミッドソール)の上に底革(レザーソール)を貼付て、底縫いの溝を掘ります。
この溝に沿って底縫い屋さん(山林商店さん)にダシ縫いに出します。

ゴールデンウィーク中も休まず営業しています。

マナファクトリー友渕店
コメント

革オールソール Ⅳ

2010-05-01 10:17:06 | くつ 靴 クツ
コルクを詰めた上から中底(ミッドソール)をつけて形を整えたところです。
昨年は雑誌に靴修理特集などが多かったために、ミッドソールは換えれますか?
とか、ミッドソール置いてますか?など問い合わせが多かったですね。
普通に置いてますし、換えてますよ~。

ゴールデンウィーク中も休まず営業しています。

マナファクトリー友渕店
コメント