くつ・かばん修理事件簿

日々訪れる、奇怪な修理の悪戦苦闘記録である

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ぞうり・下駄の滑り止め

2008-08-30 13:28:00 | かばん 鞄 カバン
海外旅行のお土産にもたっら下駄だそうです。
前とカカトはスポンジ(決して長持ちしそうにないですが)が貼っています。
歩く分には問題ないのですが、これで自転車に乗ると真ん中の部分(右のブルーの線部分)にペダルがくるのですが、その部分にこってりと分厚い塗装がしてありました。
力を入れると滑ってコケそうになって危ないとのこと。
増して、子供を後ろに乗せて走るお母さんなので安全の為にもその部分に滑り止めを付けました。
ハーフソール用のゴムを付けていますので軽くて滑らず安心です。
いろいろご相談ください。

マナファクトリー本通店
コメント

幼稚園の帽子

2008-08-28 19:19:15 | その他修理
冬用の幼稚園の帽子です。
小さな子供がかぶっている物なので、汚れというより砂埃がほとんどです。
ウール製なので家では洗えません。クリーニング店では何千円も掛かるそうです。
当店でも洗うのではなく埃を吐き出すことは可能です。
画像は分かり易いように白いテープで区切ってみました。
表面的には差はあまりないように見えますが、作業を見ていたお客様は舞い上がる埃に
感心して帰られました。 当店価格525円です。安ぅ~

マナファクトリー本通店
コメント

アンティークトランク

2008-08-25 18:54:36 | かばん 鞄 カバン
金具店の倉庫を探してもらって、使える「めがね錠」は3個発見されました。
30年位前のモノかななぁ?と言ってました。
このお客様はもう1つサイズ違いの同型トランクをお持ちで
そちらのめがね錠も交換しましたので、めがね錠は残りは1つだけになりました。
色合いは違うためメッキを掛け直せばいいのではとお思いの方の居られますが、
部品の状態でメッキをかけ直すのはよいのですが
今回のように金具が完成品になったままメッキを掛けると内部のバネなど動く部分が癒着してしまい破損の恐れが大きいため今回は了承を得てシルバーのまま交換いたしました。

マナファクトリー本通店
コメント

アンティークトランク

2008-08-24 11:22:17 | かばん 鞄 カバン
真ん中の錠前が壊れています。
海外で購入されたそうですが、しっかりとした作りで何年経っているのかは不明です。
この錠前「めがね錠」といいます。

マナファクトリー本通店
コメント

中国製のくつ 6

2008-08-20 19:17:42 | くつ 靴 クツ
皮を積み上げた上にトップゴムを付けて周囲を削り整えます。
削った周囲にコバインクを塗り、ワックスで磨き上げて出来上がりです。
こうしておくと、削れ過ぎても補修して修理が出来ますので永く履いて頂けます。
積み上げ修理3,675円~トップゴムによって多少料金が変わります。
画像のトップゴム(強化タイプ2,100円)で積み上げ修理の場合4,200円になります。

マナファクトリー友渕店
コメント

中国製のくつ 5

2008-08-18 19:05:53 | くつ 靴 クツ
カカトを修理するにも違った方法もあります。
プラスティックのカカトを削り落とす所までは同じですので省略させていただきます。
前回は厚カカト(ゴムの塊)をつけましたが、見た目に高級感がありません。
そこで皮を積み上げて仕上げてみましょう。
もう皮が乗った状態です。

つづく・・・

マナファクトリー友渕店
コメント

中国製のくつ 4

2008-08-16 12:03:35 | くつ 靴 クツ
厚カカトを取り付けてみました。
リーガルシューズのカカトに多く使われている工法です。
外見はゴムの塊のように見えてますが、軽くするため中は空洞になってます。
1,785円です。

つづく・・・

マナファクトリー友渕店


友渕店はお盆も休まず営業しています。
コメント

中国製のくつ 3

2008-08-12 19:19:37 | くつ 靴 クツ
プラスティックのカカトを削り落としました。
削ると目にくる臭い!強烈です。
マスクをしたほうが良いことは間違いないです。
完全にプラスティックの部分を削ると画像のようになります。
普通ならソールのゴムとアッパー本体を固定するために釘で留めてあるのですが
ありません。接着のみです。
更にソールを縫い付けているように見えている縫い目は柄です。
何の効果もない縫い目です。

つづく・・・

マナファクトリー友渕店
コメント

中国製のくつ 2

2008-08-09 14:06:49 | くつ 靴 クツ
擦り切れている部分まで削ってみました。
周囲の厚みのある部分で1.5ミリくらい、格子の部分にいたっては1ミリもありません。
元々の状態は、真ん中の4つの部屋を1枚の天井で蓋をした状態です。
その部分に接着をたよっていますので、辛うじてついている感じです。
画像の状態でカカトのゴムを付けても、成人男子の足の力で引っ掛けるとたちまち外れてしまいます。
このプラスティックを全て削り落として新しいカカトをつけます。

つづく・・・

マナファクトリー友渕店
コメント

中国製のくつ

2008-08-07 19:24:41 | くつ 靴 クツ
ここ2・3年で急に増えた中国製のくつに多いカカトです。
紳士靴のカカトにプラスティックの台座を使っています。
画像のように履き過ぎると、通常の皮・ゴム・スポンジ素材などであれば同種の素材を
充てて補修をして修理できます。
プラスティックの場合元々が硬く重い素材ということでガワの肉厚を薄くして軽く仕上げています(中はほぼ空洞です)ので、補修する際に肉厚が少なすぎて適度な背着力がありません。
なので、カカトを全て取り除いて修理する必要があります。

つづく・・・

マナファクトリー友渕店
コメント