元損害調査員の事故解決談

損害保険会社の人身事故の損害調査員として経験した数々の案件を参考に、ブログに頂いたご質問への回答。

後遺症診断書の内容に付いての相談

2020-07-02 06:22:22 | 保険
 【ご質問】
 交通事故で負った治療を受けていた病院の医師から、後遺症診断書を作成して頂きました、保険会社の担当者から此の内容では後遺障害には該当しないでしょうと云われました。しかし医師からは第14級程度なら認定されると云われたので後遺症診断書を作成して頂いたのですが、申請すべきかどうか迷っております。頸椎捻挫で手の痺れが取れませんが認定は難しいでしょうか。
 【お答えします】
 交通事故でのお怪我に御見舞い申し上げます。頸椎捻挫に関する後遺障害は第12級に『局部に頑固な神経症状を残すもの』と第14級に『局部に神経症状を残すもの』とがありますが何れも神経症状が認定基準に成っております。手の痺れが神経症状の異常からであれば後遺障害に該当する可能性もあるでしょう。対応している保険会社の担当者は医学の専門家でありませんから断定はできない筈ですので申請する価値はあるでしょう。申請には今迄の診断書と診療報酬明細書のコピーと初診時と症状固定時のレントゲン写真等を添付して申請します。医師が後遺症診断書を作成してくれた訳ですから申請する事をお勧め居たします。
        (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
        
コメント

怪我の治療期間が空いてしまった場合の対応は

2020-07-01 07:06:17 | 保険
 【ご質問】
 2ヶ月前に追突事故に遭いしました、怪我は頸椎捻挫で全治1週間の診断でした。医師からは暫く通院する様に指示されましたが、2日間だけ通院しました。手に多少に痺れが有ったのですが自覚症状も軽かったので病院から出された湿布を張って様子を見る事にしました。。その後仕事に追われて通院しないでおりましたが最近に成って首が痛み出したので病院へ行ったのですが、自分の健康保険で治療を受ける様に云われました。そこで相手の車の保険会社に電話をして事情を伝えてた所、初診から2ヶ月も経過しているのでた交通事故との因果関係を認めるのは難しいと云われてしまいました。この様なケースでは交通事故での治療は無理なのでしょうか。
 【お答えします】
 交通事故でのお怪我に御見舞い申し上げます。確かに2日通院しただけで2ヶ月間も治療を受けていないのは問題ですね。治療期間が15日以上開いた場合は事故との因果関係に問題が無いかを調査する様に自賠責保険の管理をしている調査事務所から云われた経験があります。方法としては医師に対する商会と回答書等を添付して調査事務所に事前相談する事になっております。従って交通事故の損害賠償は自賠責保険が基礎に成って居りますので担当者に事情を話して審査をお願いしてみる価値はあるのでは無いでしょうか。
       (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
          
相手の車の保険会社のt担当者に事情を説明して
コメント

自賠責保険の適用についての相談

2020-06-30 06:40:11 | 保険
 【ご質問】
 自分は脇見運転をして停車していた乗用車に追突してしまいました。申し訳ない事に乗車中の方tに怪我を負わせて仕舞いました。また自分も頸椎捻挫で全治2週間の診断でした。自分の車は任意保険の契約がありますので保険会社が対応してくれますが、人身傷害保険の契約が無かったので自損事故保険と搭乗者傷害保険しか使えない様です。いろいろ調べたら加害者でも自賠責保険が適用できるとありましたが過失が100%でも自賠責保険が適用できますでしょうか。
 【お答えします】
 交通事故の遭遇に御見舞い申し上げます。追突事故でも自賠責保険が適用されるかとの御質問ですが、自賠責保険では次の様に書かれております。自動車の運行によって人の生命又は身体が害された場合に於ける損害賠償を保障する制度を確立する事により、被害者の保護を図り、あわせて自動車運送の健全な発展に資する事を目的とするとあります。また自己の為に自動車の運行の用に供する者はその運行によって他人の生命又は身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずるとあります。自賠責保険の適用に付いては過失が100%の場合は利用する事は出来ません。但し前車が意味も無く急ブレーキを掛けた為に追突したとかで少しでも相手側に過失があれば自賠責保険の傷害の限度額の120万円から減額されますが自賠責保険が適用されます。
        (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
        
コメント

後遺障害の賠償金を任意保険に請求できるか

2020-06-29 06:29:02 | 保険
 【ご質問】
 自動車の出会い頭の事故で受傷しました、自分が狭い一時停止の標識のある道路から一時停止後広い道に出た所で衝突してしまいました。自分の過失が70%の過失との事です。怪我は頸椎捻挫と腰部打撲で5ヶ月通院して中止と診断されました。その後後遺障害の申請をした所第12級12号の『局部に頑固な神経症状第を残すもの』に該当されました。相手の方も怪我をされたのですが自分の車の保険会社が対応して完了しました。後遺障害分として224万円が入金されました。質問は逸失利益として相手の任意保険に請求できるでしょうか。
 【お答えします】
 後遺障害に成る様な交通事故でのお怪我に御見舞い申し上げます。過失が大きいので自賠責保険に被害者請求をされたのだと思いますがその金額が第12級の224万円と云う事だと思います。ご質問の逸失利益を相手の任意保険野に請求できるかと云うご質問ですが当然請求する事は出来ますが、任意保険での計算は過失相殺もありますでので過失が70%と云う事では任意保険での賠償金では算出されないと思います。従って任意保保険に請求しても賠償金は算出されないでしょう。
       (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
        
コメント

保険会社と医師の関係について

2020-06-25 06:34:37 | 保険
 【ご質問】
 医師が保険会社にカルテを見せる事に問題は無いのでしょうか。怪我は頸椎捻挫ですが、医師にも個人情報の守秘義務があるると思うのですが一寸疑問を持ったのでご意見をお聞きしたいのですが宜しくお願い致します。
 【お答えします】
 ご質問のカルテの件ですが。病院は保険会社にカルテを見せる事は先ず無いと思います。保険会社は被害者の回復状況や治療経過などを知って置く必要がある訳です、その為には被害者の方から同意書を取り付けて電話や面談をして現状を教えて貰う訳です。通常は病院か保険会社に治療費の請求の為に診断書と診療報酬明細書を送りますのでそれで担当者は被害者の治療状況を知る訳です。
       (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
       
コメント

後遺障害の認定対象になるか

2020-06-24 07:04:55 | 保険
 【ご質問】
 車どうしの出会い頭の事故で頚椎に皹が入る重症を負いました。命に関わる様な危険な状態でしたが幸いにも医師や家族の介護で回復する事が出来ました。頸椎の前方固定術を受けましたが手術は無事に成功しました、しかし後遺障害として指先の痺れと肩の違和感がありますが日常生活に支障をきたすほどではありません。この状態で後遺障害の第11級7号の『脊柱に奇形を残すもの』が認定されるでしょうか。  
 『お答えします』
 交通事故による大変なお怪我に御見舞横仕上げます。頸椎に関する後遺障害は第12級13号に『局部に頑固な神経症状を残すもの』また第14号9号に『局部に神経症状を残すもの』とがありますが、何れも神経症状の異常を条件にしております。しかし手術の為に傷痕が残ってしまった状態であれば第12級14号に『男子の外貌に著しい醜状を残すもの』と云うのもありますが、余り酷い醜状が残るとは思えません。脊椎固定術後の制限が参考角度の2分1程度に達しないもの、3個以上の推弓切除を受けたもの何れかに該当する場合かを云うとあります。レントゲン写真によるわずかなに奇形が見られる程度で有ったリ、単に横突起の局部的の欠陥や変形程度では単なる奇形とはならず認定に成らないでしょう。
       (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
        
コメント

事故で負った怪我の為に解雇された

2020-06-23 07:00:56 | 保険
 【ご質問】
 会社の社長から行き成り解雇すると云われました、理由は肉体労働なので復帰しても働く事は難しいとの事でした。この様に事故の怪我が原因で解雇された場合の休業損害はどうなるでしょうか。個人経営の会社なので雇用保険等はありません。行き成りの解雇なので路頭に迷っております、アドバイスをお願いします。
 【お答えします】
 交通事故でのお怪我に御見舞い申し上げます。事故で負ったお怪我の為に仕事を解雇されてしまったのは大変お気の毒の事と同情いたします。自賠責保険の認定基準では交通事故での怪我が原因で仕事を解雇された場合は継続して休業損害を補償する事になっております。しかし問題なのは自賠責保険の傷害の限度内の総額で120万円以内で収まる場合です、限度額を超えた場合は任意保険での対応になりますので対応している保険会社との交渉になるでしょう。尚自賠責保険の規定では仕事をする意思がある事が証明できれば定額の5700円が実治療日数に対して補償されます、但し此れも自賠責保険の傷害の限度内の場合です。
       (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
        





コメント

示談後に怪我の部分が痛み出したが後遺障害か

2020-06-22 06:51:17 | 保険
 【ご質問】
 停車中に追突されて頸椎捻挫と肩の打撲を受傷しました、先月まで治療を受けておりましたが、対応している相手の車の保険会社の担当者が煩く示談をする様に云って来るので仕方が無く治療を止めて示談をしました。損害賠償金も振り込まれて完了しました。しかし最近に成って首が痛み出しました、もう示談が完了しておりますので保険会社に請求できない事は分かっておりますので後遺障害と云う事もある様なのですが後遺障害と云うのはどの様な物なのでしょうか。
 【お答えします】
 交通事故でのお怪我に御見舞い申し上げます。相手の保険会社の担当者に云われて示談をしたと云っても示談が完了していればこの案件は完了した事になりますしので当然交通事故で負った怪我であっても請求する事はできない事になります。そこで後遺障害に成って居るかどうかと云う事ですが、医師に御願いして後遺症診断書を作成して頂いて今迄の診断書と診療明細書のコピーに初診時と症状固定時のレントゲン写真を揃えて申請します、まだ後遺障害の示談はしていない訳ですか
ら対応していた保険会社の担当者に云えば資料を揃えて申請してくれると思います。
       (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
        
 

コメント

後遺障害の認定に対する疑問

2020-06-18 07:03:13 | 保険
 【ご質問】
 漸く後遺障害の認定の運びとなりました、今回の認定されたのは右膝関節痛と歩行障害の12級です、しかし診断書似は右膝関節内粉砕骨折で後遺症診断書を提出する際担当の医師が可動域を計算して居なかった為未記入だったので、保険会社の担当者から健側の為に再受診して欲しい云われました。現在は仕事に就いている為に平日の休みが取りにくく検査の先が大病院なので予約が困難なので標準値で比較して欲しいと伝えたところ『後遺障害診断書上の可動域が記載されて居ない為に評価が困難だ。』と云われました。関節機能障害で等級が上がるかも知れないとの事なので再診断するかどうか悩んでおりますアドバイスをお願致します。
 『お答えします】
 後遺障害になる様な交通事故のが遭遇に御見舞い申し上げます。後遺障害が第12級14号の『男子の外貌に著しい醜状を残すもの』と云う醜状痕の後遺障害なのでしょうか、それとも第12級13号の『局部に頑固な神経症状を残すもの』なのでしょうか。下肢の障害の場合は原則として「間接可動域表示並びに測定法』に基づき計測を行なう事になっております。、障害のある側の関節可動域ともう一方の障害の無い側の可動域の測定して比較する事になります。従って納得できなければ大きな病院で再度検査をして貰い後遺症診断書を作成して頂き再審査をして頂いては如何でしょうか。
       (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
          


コメント

男性は家事従事者として認定されないか

2020-06-17 07:12:04 | 保険
 【ご質問】
 家事従事者の認定の件で質問いたします。私の家族は現在3人で祖母と母と私です私は現在無職で家事をして居ります母は痴呆症の祖母の世話で目が離せません。私はまだ怪我が治らず通院治療をしております。この様な事情を対応している保険会社の担当者に話し家事従事者として休業損害を支払って欲しいと云ったところ、家事をするお母さんが居るので貴方を家事従事者として認める訳にはいかないとの事でした。支払って貰う為にはどの様な交渉をすれば良いでしょうか。
 【お答えします】
 交通事故でのお怪我に御見舞い申しあげます。自賠責保険の基準では家事従事者の認定は次の様に決められております。家事従事者とは年齢、性別、を問わず、自己以外の家族の為に家庭内の仕事炊事、洗濯、清掃等を行う者を云うとあります。従ってご質問者の場合は当然家事従事者に該当する訳です。お母さんが痴呆症の祖母の面倒を見ている事を確り説明すれば担当者も理解してくれる筈です。また何等かの事情で現在仕事をして居なくても働く意欲が有れば自治会長や組合長が証明する職業証明書でも実治療日数に他して定額の5700円が支払われます。但しあくまで自賠責保険の傷害の限度の総額で120万円以内で収まる場合です。
       (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
        

コメント

治療中に休業損害を打ち切られた

2020-06-16 07:02:07 | 保険
 【ご質問】
 スパーマーケットの駐車場を歩行中急にバックして来た車に跳ね飛ばされて頭を打って頭痛、めまい、耳鳴り等で現在も仕事を休んで通院治療をしております。その為に休業損害を支払て貰っておりましたが、先日対応している相手の車の保険会社の担当者から、今月分は支払うが来月以後の支払いは出来ないといわれました。自分は塗装工なので高い所や狭い所に首を入れて塗装をしますので仕事には支障がありますので休職しております。休養損害を支払って貰えないと生活に影響するのですが休業損害は3ヶ月で打ち切りと決まっているんでしょうか。
 【お答えします】
 交通事故でのお怪我に御見舞い申し上げます。まだお怪我が治って居ないのに休業孫愛を打ち切られてしまってはさぞお困りのことでしょう。保険会社のの担当者
は自賠責保険の傷害の限度内の総額で120万円以内で処理したい訳で休業損害を抑えたいのでしょう。しかし保険会社には休業損害を止める権利はありませんので休業損害証明書を作成して確り請求すれば良いでしょう。交渉すれば限度額を超えても任意保険で対応できる筈ですので支払って貰える筈です。
     (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
      


コメント

損害調査員の仕事に付いて教えて

2020-06-15 07:29:38 | 保険
 【ご質問】
 自分は損害調査員を志しております。損害調査員と云う仕事が困っている人を助ける仕事だと分かりました。そこでお聞きしたいのですが過去に保険会社の不払い問題があった様な記憶がありますが。不当な示談やごまかしも職務としてあるのでしょうか、特に自分は全労済での損害調査員を希望しているのですが、利益を目的としない公正の全労済でも何か社会正義に反する様な事が有るのでしょうか。もし何かアドバイスを頂ければと思います。
 【お答えします】
 損害調査員を志しておいでとの事ですが、確かに損害調査員は人身事故を起こして大変困っている自動車保険の契約者の為に契約者に代わって事故対応をするわけですから、契約者に取っても被害者にとっても大変ありがたい存在の筈です。私も長年に渡る損害調査員として仕事をしてまいりましたが、被害者や契約者の加害者からも感謝の手紙をを沢山頂いております。ご質問にあります全労済に付いて私は知識がないのでお答えできませんが、確かに損害調査員はやりがいのある仕事であると私もおもっておりますので頑張って下さい。
      (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
        
コメント

自賠責保険の慰謝料に付いての質問

2020-06-11 06:28:36 | 保険
 【ご質問】
 自賠責保険に付いてですが、慰謝料は精神的や肉体的の部分を含めて一日当たり4200円と決められているのですか。
 【お答えします】
 慰謝料は不法行為に対するお詫び料ですので、当然肉体的分や精神的分も含まれている訳です。慰謝料の一日当たり4200円は自賠責保険で決められている金額です、その認定方法は総治療期間と実治療日数に2倍を比較して少ない方に4200円を掛けた金額です、但しこの計算は自賠責保険の傷害の限度額である総額で120万円以内で収まる場合です。総額で120万円を超えると任意保険での対応に成り任意保険の基準での計算になります。任意保険の基準では過失相殺もあります。ご質問の件ですがご指摘の通り自賠責保険では一日当たり4200円と決められております。
      (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
       

コメント

保護者の妻がした示談を無効にできるか

2020-06-10 06:31:04 | 保険
 【ご質問】
 交通事故の被害者の自分は障害者ですので保護者の妻が示談書に捺印の上サインをしました。改めて見たら納得できない箇所があるのですがこの様な場合示談のやり直しが出来るでしょうか。
 【お答えします】
 大変難しいご質問ですね、私は法律の専門家ではありませので断言できるようなお答えは出来ませんことを先ずお断りして置かなければなりません。しかし私の長年の損害調査員の経験からお答えいたします。後遺障害の1級や2級などの高度の後遺障害者との示談交渉も何度か経験しております、旦那さんが被害者の場合い交渉相手は保護者である奥様か成人したお子様でした。大変な障害を負ってしまったご本人を前にして示談をするのは大変辛かったです。当然顧問弁護士と相談しての行動でした。示談の時公認の保護者である奥様が示談をしたのであれば無効にするんは難しいと思います。どうしてもやり直したいのであれば弁護士の無料相談に聞いてみたら如何でしょう。
       (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
        
コメント

 送られて来た示談書の効力は

2020-06-09 06:31:29 | 保険
 【ご質問】
 追突されて頸椎捻挫を受傷しました、現在も通院治療中ですが先日対応している相手の車の保険会社から事故から半年が経過したので示談をして欲しいと云われ承知しないのに示談書と損害賠償金の計算書が送られてきました。示談書の内容は1・(甲)は(乙)に対して既払い金の治療費、休業損害の他慰謝料として650,000円を支払うものとする。2・(乙)は’(甲)より前項金員の支払いを受ける事により(甲)が自賠責保険金を受領する事に異議はない。・・・・・以下余白となって下段に甲ならび甲の運転に対し今後裁判上及び裁判外を問わず一切異議の申し立て、請求及び訴えの提起を致しません。とあり下段に当事者甲・当事者乙がサイン押印する様に成っております。示談書はこの様なものなのでしょうか。まだ通院中ですがサインして押印して送れば終わりに成ってしまうのでしょうか。
 【お答えします】
 交通事故でのお怪我に御見御見舞申し上げます。保険会社から送られて来る示談書の内容はこの様なものでしょう。従ってサインの上押印して送れば示談が成立してしまいます。しかし恐らく書類が送られてくる前に保険会社の担当者から何等かの話がったのでは無いですか、行き成り示談書と賠償金の計算書を送ってくる事は考えられないからです。まだ治療中との事ですが医師は治癒とか中止とかで診断書を発行したのか疑問ですね、治癒とか中止とか診断されなければ示談は出来ない筈ですので医師に確認してみる必要があるでしょう。納得できなければ示談書にサインや押印して送る前に担当者と話し合う必要があるでしょう。
        (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)
        
コメント