RIMA MY LIFE

。*・灯台に住みたいバイク乗り・。*

リヒトミューレ◆|◆サンキャッチャー

2020-11-28 | 日記




冬の朝



我が家には
太陽が登ると 途端に目を覚まし

静かに 

けれども賑やかに いっせいに動き出すモノたちがあります






—— ドイツ語で〝光〟と〝風車〟を意味する リヒトミューレ ——




英語ではラジオメーターと呼ばれ
もとは実験器具でした。
4枚の羽根は片面が黒くなっており
太陽の光、赤外線の強さによってクルクルと回転します。


2年前に千葉県の木更津にある
アンティークショップで買い求めました。




ステンドグラスがはめ込まれた
こじんまりとしたショップ
店主はとても良い人で、気づけば2時間も経っていました。




 幾つも連結できる形と、こうして滴のようになっているモノ。
机上に置けるスタンド型。
羽根も右回り、左回り、
色みもサイズも実に様々で、見ていて飽きません。



それから
無数の虹を作り出してくれるサンキャッチャーも
私は好きで、大切にしています。





冬の長い北欧で
太陽光をプリズムのように透過・屈折させて
部屋の中に取りこむために作られたもの。






今でこそ知れわたっていますが
まだサンキャッチャーが世間に浸透してない頃、
取材で部屋に来られた編集部の方が
一般家庭でサンキャッチャーがある事に
大変驚かれていました。
その当時は、風水の位置づけで、それもごく少数だったそうな。






こちらは6年前に求めた
ベル型のサンキャッチャー。



錆びてきてしまったので
近々金具だけ交換予定です。




関東の家は、
来客された方が引くくらい…
セールスも部屋を見て諦めるほどにガランとしていて
モノがないのですが、
日光とサンキャッチャーだけはたくさんあります。







サンキャッチャーが広く定着したように
リヒトミューレの存在をもっと知ってもらえたらいいなぁと思う。

長引く流行病で 心がちょっと苦しい人にも
クリアな時間を過ごしてほしい、癒されてほしい想いです。






リヒトミューレは、まがい物が出てくるようになりました。
ドイツのリヒテンヘルド社のものが安心なのです。






この記事についてブログを書く
« 原野だって良いじゃない | トップ | 生きた心地がせぬ »
最新の画像もっと見る