B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

5分で50人に広がったSMS。マレーシア人に一言WhatAppで聞いたら。この不思議なプラント。

2017年07月31日 | 驚き日記2

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

  マレーシア人に聞いたのは、・・・これじゃなく、

ビワみたいな、これじゃなく・・・・

 

コレです。

 

この不思議な植物を、ある時どこかで撮ったのだが覚えてない。そして

TTDIのウェットマーケットで数回目撃している。確か?チャイニーズ・

ニュー・イヤーの時期だったかな?・・だから輸入物かな・・と。

 

 

全部自分が撮った写真ですが、この写真をWhatAppでローカルの

グループに、誰かこのプラントの名前など知っている人がいたら、

おせぇ~て!・・と送った。

 

5分後からメールが来るわ来るわ。最初1人から「知らない」2人めは

「分からない。輸入品かな?」「3人目は、サンダカンに明日帰るから

おばあちゃんに聞くよ」4人目の個人に送ったら「知らない」だった。

 

だが、「Yellow Pear Heirloom Cherry Tomato」じゃねえの

と、すぐに返って来た。

サイトまで教えてくれた。・デモでもdemo・でも見つからない。

 

 Yellow Pear Heirloom Cherry Tomato

 

でも、TTDIウェットマーケットで見た時は、もっと固くて、イボが

あったからね。・レモンのようだった。トマトじゃないと思うんだ。

・・でしょ。・・ちょっと違うでしょオ~。・・何カァ違うでしょ。

 

そうしてるうちに、違う彼は、自分のグループ20人に写真とワタクシの

下手な英語分と共に、そしてこんなメールを拡散させてしまった。

「Hi, does anyone know the name of this plant? My friend

***-san is asking.」

参ったね。またあるグループの彼女は、自分の仲間に送っているらしい、

返事待ちらしい。

 

ローカルの多くの返事は「似てるけど、Yellow Pear Tomato」だよ

・・と言い張る。

ワタクシは「実のなり方が全く反対だろ・・葉っぱの位置だって違うぞ・

・・なんか変?」と言い張る。言い張ってもしょうがないんですが、

多勢に無勢。・・・答えは、たぶんローカルにあるわけですから。

・・・でも、ワタクシは、ローカルに負けたくない。諦めきれない。

 

マレーシア人は「Similar」で片づけた。「酷似している」と。

・・ウ~納得できない。デモでも、言ったって、始まらない。

・・・ローカルにトマトの一種と言われれば、それがおわりですからね。

 

分かった事は、この私が知らない事。知り合いの現地の皆も以外と

知らない事。このブログを読んでいる誰か数人の日本人は知っていて、

せせら笑っている事。少ないけどローカルマーケットで見かけるのに

マレーシア人自身がよく分かってない事。彼等は、こんな変な日本人が

気にする事を気にしてない事。WhatAppのグループの拡散威力は凄い

ものがある事。これは「ライン」でも全く同じ事。

 

・・植物の名前を知りたくて送ったメールが、いい意味でローカル皆が、

即時、助けてくれた事を知った。これ等のグループに、日本人は私達だけ。

他に誰もいないわけだ、日頃から目立ってるから助けてくれるんだと思う。

・・・・・・・・・・・・・・あ~、悪いことも出来ないなぁ。

<<<このプラントの名前情報・・後で分かったらブログに書きます>>>

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

       

*************************************


デンギーで手作り網戸を。騒音でガラス交換を。隣は金持ち。当家は貧乏、何故なら当家は手作りで。

2017年07月30日 | 驚き日記2

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

  

デンギー対策で網戸を。騒音でガラス交換を。当家は貧乏。網戸は

手作りで。デング熱の媒介である「蚊」対策で、こんなカーテン式

網窓?があるけれど、

どうせなら、バッチシ、窓にカパッと、ハマる網戸を作ろうと・・

そして、日曜大工で作ったのが数年前。今でも役に立ってます。

 

 

 

 

 

で、つい先日、隣のカン高い声のうるさい中国系マレーシア人奥さん

の家、・・・・何やら玄関で業者が、ガタガタ工事しているぞ。

うちの玄関前にまで広げて、・・・取り付ける窓が置いてあった。

 

 

 

 何と見るからに、頑丈な、開閉式と、スライド式の窓です。

隣は金持ち、ウチは貧乏。隣は分厚い枠とガラス。当家は薄いガラス。

 

 

 

 後で分かったけど・・・

1、特に最近の、近くのパブの飲んべえの防音騒音対策だったらしい。

2、それにしても、頑丈な枠ガラスだこと。高そう。

3、デンギーの事が頭にないことが不思議。最近のマレーシア人だったら

「デング熱対策」で、”網戸の考え”があってもいいのに!

ウチは、安い木材で大工DIY・ドイト。日本から持参の網を張って手作り。

隣は騒音対策バッチシ。当家は、相変わらず騒音、心地良く?

 

・・・・・それでもマレーシア・・ありがとうございます。

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

       

*************************************


コレ、NHKでも、まだ放送やってないのでは?「ピーコックスパイダー」今度はYMCAで踊ります。

2017年07月29日 | 動画・・Youtubeなど

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

  

自分では興味ないので分かりませんが、これ作った人YouTube・・

かなりの反響があったみたいですね。音楽がマッチ、最高に素晴らしい。

コレ、NHKでも、まだ放送やってないのでは?

「ピーコックスパイダー」今度はYMCAで踊ります。

 

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

       

*************************************


これが発見なのか?何なのか?マレーシアでは年輪は出来ないはずなのに。木株の顔。

2017年07月28日 | 驚き日記2

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

  

ある場所、南国マレーシアのゴルフ場にて、ゴルフのスコアなんて

気にせず、相変わらず、発見再発見求めて写真を撮り続けるワタクシ、

マレーマンハリマオ。

南国の木には年輪が出来ない、特に、例としてはヤシの木。

どうして年輪が出来ないかというと、簡単に言えば、四季がないから。

 

四季のある日本など、木の組織が外へ外へと成長するため、春から夏への

成長期に大きく淡い色、涼しい又は寒い成長の弱い時期は濃い色に見える

層になり、これが毎年繰り返され、年輪は樹齢に関係してくるわけです。

確か小学校でそんな感じで習ったような。切った時にバームクーヘンの

ように層が出来ているのはそのせいです。

 

ところが、今から下の・・撮った写真は、何とも言えない風貌なのです。

専門家じゃないので、定かじゃありませんが、南国で年輪ともいえる木株

を発見したというわけです。良い子には今さら驚く事でもないでしょうが💦

 

1年中同じ季節の南国では、年輪は出来ないというのが常識で通例。季節の

変化による1年ごとの細胞分裂が、無い・・いや・ある・・モウわかんない。

 

一般論を信じてますが、いやはや、下の写真、年輪が完全に無いものもあり、

また「年輪らしき模様」もあり・・で、年輪の常識、分からなくなりました。

ま、要は、見た目、「年輪」と判断するかどうかですよね。

 

 

 

 

木株でも、このように美しい姿を、それぞれに、感じます。

 

ここまでは、南国の年輪無し・・の木株ですが。

 

ここからは、年輪かな????というニュアンス。南国なのにどうして?

・・・年輪と言えるような・言えないような??

・・・・・・ま、日本のようなハッキリした「輪」とは違いますが。

 

 

 

 

人間の生活の歴史で、木材は無くてはならないものでした。活用は広く、

建築で、土台や柱、内装に使う建材、針葉樹、広葉樹などでも用途が

違うのでしょうし、強い弱い木材、軽い重い木材、そのまま使用とか、

削って薄い木材に加工とか、また木の種類でも違うのでしょうね。

ヒノキ、杉、松、かしの木や栗の木、タンスの「桐(キリ)」とかいろいろ。

 

「適材適所」って言葉がありますよね。適材の「材」は、木の事で

沢山の部材がある中で、使用される環境に適した木材を使うということが

語源だそうです。現代では木の合板もあるわけで、意味合いもかなりの

変化を遂げています。

 

 

これこそ「適材適所」!・・死んでも生きる!。

 

現代では「生かされる適材適所」、「樹齢何年は、経験熟練、積み重ね」

勝手な想像ですが、この「人材」の”材”は「木材」から来たのかな?

 

ある意味、・・「昔は木材の"使用適材適所"」、

・・・・・・・・・・「現代では人材の"活用適材適所"」(造語ですが)

南国で暑いさなか、ゴルフもそぞろ変な木株を撮りまくり感じた事でした。

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

       

*************************************


マレーシアで「Siakap=シャカッ」塩焼がいい、ムニエルがいい。やっぱり焼き魚がいい。

2017年07月27日 | フィッシュヘッドミー

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

 

 ローカルではこの魚を使って「SIAKSP  TIGA  RASA」という料理も

一般的で有名だ。自分も材料少なかったけど、挑戦作ったことある。簡単

に言うと、1匹を油で揚げて角切りフルーツなどの入ったあんかけうま煮

ソースをかけるあの料理です。

 

正直言うと、最近ずっと、奥さんが料理しない?ので、自分がやるんだが、

目茶苦茶具材の入る本格的「SIAKSP TIGA RASA」という料理、

準備万端、・・心しないと出来ないのデス。

・・・・なので、比較的簡単な塩焼きに逃げたのであります。

 

 

 

 

一般的な「SIAKSP 」は、ある時は、このように・・・・・ 

 

 

何のことはない・・これも手抜きかも・・

・・・・・・塩コショウ、ブラックぺッパー、五香粉で下味を。

 

 粉つけて、ぱたぱた、ハタいて・・・最初オリーブオイルで、

・・・・次にバターで焼く。表面の皮をパリッと焼くことがポイント。

 

大きいので、フライパン2つで。蒸し焼き。

 

 

 

 

 

 塩焼がいい、ムニエルがいい。ローカルのマレーシア魚料理は

ほとんどが「蒸し魚、煮魚調理」が多いのに気付く。

「Siakap=シャカッ」の魚、皮パリ両面焼き。ローカルの定番の

「うま煮ソースかけ」もいいけど・・具材不足なので、と、理由付け。

・・今回のブラックペッパー&五香粉のムニエル

・・・・「焼き」の方が、個人的には美味しかった。

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

       

*************************************