B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

35秒の幸せを。年末と2017年正月に。何と美しい「ホワイト孔雀」。実際も、やはり、かなり迫力があります。

2016年12月31日 | 驚き日記2

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

  

クジャクの羽は、何故綺麗なのか?・・何故、羽を広げるのか?

綺麗に羽を広げるには、オスで・・メスは、相手を選ぶ際に、目立つ

アピール度の高い目立つオスの方を選ぶのだそうですが・・・

 

・・・・選ばれないオスはどうなるのでしょうか?

2番手3番手の女性と結婚するんですよね。こっちのカップルの方が

幸せになる可能性が大きかったりして。

 

いろんな説があり、オスがメスを呼び寄せるのは、綺麗な羽じゃなく、

「声」だという人も。・・声を、大きく長く、出せるクジャクがメスを

呼ぶんだ・・・また、威嚇する・・という人もいる。

 

「男は顔(=外見)じゃないよ」・・と言ッた人もいたね。

綺麗すぎる「孔雀クジャク」・シャックリ・コックリ・・アマノジャク・・

クジャク談義にて、コニャックを飲んでいる刑事コジャックは、外見は、

ダメでしたが??

 

綺麗です不思議な鳥.

何故綺麗?なのかは・・ここを参照

 動物園の世話係りのブログも見るのも面白いですね。

 

クリスマス&正月前に、何とも美しい「35秒のホワイト孔雀」を見て

年末年始を迎えましょう・・・(これ関係ないかも)。

実際も、やはり、かなり迫力があります。

なぜこんなに美しい鳥が存在するんでしょう?・・不思議です。

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの上下から。動画紹介専門ブログも。

       

*************************************


「サンウェイピラミッド」の「Little Hot WAK」というボリュームのお店。いろいろあるけど、結局ここに行ってしまう。

2016年12月30日 | 全般マレーシア料理(後日追加)

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

  

ゴチャゴチャした「サンウェイ・ピラミッド」の印象がぬぐえない。

Bandar Sunwayという地名で有名ですがあの、ラグーンとライオン?

の顔で知られてます。

 

車で建物に入ると、駐車場空きを探せなく、グルグル・・グルグル・・

グルグル・・・るるルル  ”老人に優しく”・・目が廻る設計。

 

降りたら降りたで、各階、出入り口にこの絵が貼ってある。だから、

2回ほど、帰る時、何階の駐車場だったか分からなくなり、間違った

ことがある。それに出入り口の階段の作りが似ているので、よっぽど

出た時の近くのお店を覚えておかないと、最後に泣きを見る。

・・・・・・・・・・・どうして、こんな設計をするんだろ。

 

・・と、ブツブツ言いながら・・・・

 

携帯をここで買ったけど、調子悪くて最近行くのですが、ランチに困る。

あまりに、多くの店で選ぶのに右往左往。どこへ行っていいのやら迷う。

 

「サンウェイピラミッド」の「Little Hot WAK」という、メニューに

ボリュームのあるお店が気に入っている。ほんとにお店いろいろあるけど、

・・・結局、今日は、ここになった。・・探すのに疲れるんだよね。

 

こういう雰囲気が好き。屋台のような夜店のような、庶民的な飲食街です。

高そうなレストランが軒を並べる中で、ふと安心するエリアなのです。

お昼時は、若者たちで、いつも満席。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココのフードコートみたいな飲食店街から、外を見ると・・・・・

 

 

 

 

サンウェイラグーンという一大リゾート遊園地の全貌をガラス越しの

見ることが出来ます。マレーシアは、いつでも夏!!いつでもプール!

 

港の見えるレストラン・・・かっこいい

・・海の見えるレストラン・・かっこいいな

・・・・プールの見えるレストラン・・・ちょっとニュアンスが違うな。

・・・・・・でも、ボリュームのあるメニューと、安い値段・・・・・

・・・・・・・・・外の広大なパノラマ景色で、ますます満足感でした。

 << Digital Centerの近く、1階、Sunway Pyramid >>

 

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの上下から。動画紹介専門ブログも。

       

*************************************


「グローマック・ダマンサラ」=「GLO Damansara Mall」へ行って来た。かなり便利で嬉しいショッピングモールが新開店。

2016年12月29日 | 驚き日記2

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

  

「グローマック・ダマンサラ」直結の「GLO Damansara Mall」は、

かなり便利で嬉しいショッピングモール。・・・開店ホヤホヤだ。

「GLOMAC DAMANSARA 」は最初、建設後、事務所やレジデンス

から入居が始まりとうとう、近日、ショッピングモールとしてオープン

したのです。・・・恒例で、しばらく駐車場代は無料が続く。

 

まだテナントも超ガラガラですが、ショッピングセンターだけはちゃんと

オープン。思うに、多分、個々は、将来、かなり多くの客でにぎわう事

なるかもしれない。

 

「ジャヤ・ワン」とか「ジャヤ・ショッピングセンター」なども最初は

ガラガラだったっけ。今はガンガン。コタダマンサラの「Nexis」が

今回の「GLO Damansara Mall」と似ている。

 

MRT駅直結で、いかにお客を見込めるか、期待が高まる・・利用する側

からすると、今後が楽しみです。

 

余談だけど、ここのコンドミニアムは、新しく綺麗だけど、新築なのに、

水漏れとか結露とかあるらしい。もちろん一部だけです。マレーシアでは

どこでもよくある話。MRTの駅直結だし、病院近いし、いいところだなぁ

~と前から思っている。

 

 

・・又、ウェットマーケット近いし、「KPJ Damansara Specialist

 Hospital」通称「ダマンサラ病院」にも歩いて行ける距離。こういう

場所を見るにつけ、MRT駅開設の、その周りの活性化や発展を垣間見る

ようで、先が期待出来そうだ・と、感じる。・・・あくまで予想ですが。

 

さて、中を覗いてみると・・・・

エレベーター内鏡張り、親切な表示。でもそのうち子供に悪戯される宿命。

 

 

オープン、テナントは、まだ、+++軒以上?・・・・・・・・・

 

その「GLO Damansara Mall」の中にある「BIG」が今日の目的。

・・・「BIG 」って?「BIGイオン」じゃなく

・・・・・・・・「Ben's Independent Groser」の略です。

 

最初ローカルから、この店の名前の場所を聞いたとき「ベンの店」とか

「ビッグ」とか「グロ」とか言われて、どれがホントか分からなかった。

違うのが3つあるとも思ったし・・・{ BIG }この略だったんだね。

 

モントキアラ「Solaris Dutamas」のパブリカ内の「BIG」の方が、

規模が大きく広く、もっと種類も多く、大好きですが、その縮小版支店。

 

 

・・ある食材を求めて、行ってきました。BIGって種類が多いよね。

これは買わないけど、「ジャパニーズ麺」の真空パックとか、他に

いろんなジャンルでも、専門店みたいな様相です。

 

 

 

 ・・行かないけど、ビーフの「LAS VACAS」レストランバーがあり、

ローカルと以前に宴会に2回利用した「文華軒」も出店してます。

他よりテナント確保、先駆け、早いです。

・・・この近辺に、支店&本店2軒あるので、地元の意地なのでしょう。

 

 

 

Ben's Independent Grocer at Glo Damansara

 

 「BIG」とは、BIGイオンじゃなく、ビッグカメラじゃなく、

・・BIG とは、普通の「ベンさんの食料品店」でした。

・・・・「Ben's Independent Groser」の略でした。

種類大きさで、パブリカのBIGには負けますが好き。 ただし、好きな

フードコートが狭く改良が必要かも。また、魚類、肉類をもっと増やして

ほしいな。・・・・今後、GLO同様、”ビッグ”な頑張りを期待!!

地図関係はここを

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの上下から。動画紹介専門ブログも。

       

*************************************


9回目:キナバル山。人類皆兄弟。ドイツ人、長いトイレから、出てきてすぐ握手されたが。

2016年12月28日 | 驚き日記2

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

アジア最高峰と言われる「キナバル山」の”登山記録”です。南国新聞、

掲載後に、このブログでも少し付け足したり直したりで書いてます。

・・新聞の紙面の都合で、写真も含め書けないこともあったからです。

 

========= [第9回]=====

 ~~~~~~~~~~~~~タイトルーーーーーーーーーー

~身体のきしみと心の高揚に包まれ体験しました~

あの有名なキナバル山に老体にむち打ち挑戦! !  

 

≪山小屋の食事は、まずかった。食欲、全然なし、困った>>

 

周辺に数個の山小屋あり、食事はラバンラタ・レストハウスで一緒に合同

ブッフェ。ここを起点にして登頂を目指す、第2ベースキャンプみたいな

施設で。山小屋宿泊所の中で一番大きく設備がいい、トイレシャワーあり。

 

熱いシャワーと聞いていたが、あとで冗談だと分かった。あまりに冷たく、

風邪ひくので2日間入らず。

しっかし、あの冷たい水シャワーを朝起きてすぐ浴びる人もいる。人種の

違いか?肌の皮膚の強さの違いか?心の臓~おっかねぇ~。女子シャワー室

&トイレは広いし綺麗だが・・男子用はちょっとネ・・狭く窮屈だった。

 

(女子用のトイレ&シャワー室は、ガンガン綺麗。男子用は狭く、

かなり差があった。・・・シャワー室とトイレが交互にある)

 

<<就寝後、深夜の2時に起きて、いざ、登ると言うけれど>>

 

 

(ガイドのリーダーから、就寝前に、頂上までの登山の注意事項を聞く)

 

夜の8時までには寝るようにして、約6時間後の深夜2時前に起きた。軽い

食事の後、準備をして、いざ、山頂に向かって出発。ヘッドライトのホタル

のような灯りが連なる。

 

 

・・・真っ暗闇・・この位の急坂が延々と続く。とにかく延々とエンエンと。

光の列が遠くじゃなく縦に伸びている。という事は急高度差があるという事だ。

そして光の列は、真っ暗闇で、ジグザグに尾を引く。この時点で、登りの階段

がかなりきつい。というのは、キナバル結構階段があるのだが、普通の階段

の高さじゃない。2~3段が1回で踏みしめる高さ。・・すでにウチの奥さん

登れない。ドンドン追い越される。ワタクシは、奥さんに付き合うしかない。

 

 

追い越してゆく彼らの声かけてくれる言葉は「スローリィ・スローリィ」だ。

全員がそれを言う。・・ほんとにスローリィで歩いていたら、これが失敗の

元だった。「スローリィ」を信じちゃいけない。辛くてもマイペースが大事。

 

 

(深夜2時半登山開始。ここは「サヤッサヤッ・チェックポイント小屋」

3668ⅿ。登山IDカード必要。朝の5時までに着いてないと、頂上には

ここからストップ。登れない。そういう規則)

 

キナバル山でのすれ違う時の、単なる挨拶の言葉なのだ。ゆっくりと、でも

確実に前に進まないと、トロフィー無し、カロリーも無し、トリ留めもなく、

トリ残されることになる。

 

15、Pendant Hut      ・・・3289ⅿ

16、Gunting Lagadan Hut  ・・・3323ⅿ

17、<頂上に行く前の重要地点>Sayat-Sayat Hut、3668ⅿ

               (5:15到着で15分遅刻だった)

・・朝5時までにここに着く必要がある。実はこのチェックポイントまで

スローリィで、安心しちゃって、登ってきたため、間に合わなかったのだ。

 

<< 感動のご来光は見れず。でも素敵な山肌に触れて感激ではあった>>

 

時間切れ、遅れたという事は、ここから頂上まで登る能力がないと判断され

るわけだ。悔しいけど、理に適っている。だってこの上は、ザイルで順番に

登る場面もあるし、皆に迷惑がかかるし、登る+降りるの時間差もある。

 

(15分の遅刻。頂上には行けず。ここでも神聖な静寂。

壮大な夜明けの幕開き早朝5時50分。3668ⅿのSatat-Sayat Hut。

・・・・・・・・・・しびれる感動。無の心になれた)

 

・・ルールとして当然だと思う。自分だけだったら頑張って登れたんだが、

奥さんが筋肉痛で足が上がらない。既に岸壁ロープコースは始まっていたし、

常に危険はつきまとうので、当然ながら自分は彼女に付き合うしかない。

 

 (朝6時15分の山肌。本当は頂上で日の出とともに明暗相反する三角形の

「100kmブロッケン」を仰ぎたかったのだ。

残念ながら・・「心はブロークン」・・この冗句、分かるかなぁ~)

 

この小屋の近くで、”頂上のつもりで”記念写真撮影。周りには誰もいない。

逆に開き直った。この広大な山肌に誰もいない。すごく気持ちがいい。

 

今日の、太陽が登る“誕生”前の静寂そのもの。朝5時50分が日の出だという。

出てきた、地球の光が出てきた。3668mで日の出を確認。

一呼吸毎に、新鮮な別世界を感じる。下界の事は一切頭に無し。悔しさも、

辛さも恨みもない。

 

(・・・残念ながら、ここで頂上を断念した2人。また次回があるさ。

ガイドが「ネバーマインド」と気を使って何度も写真を撮ってくれた)

 

あるのは、体力不足でもここまで登れたという「感謝」だけ。酸素不足で

息が苦しいのも、日頃、呼吸が出来る事への「感謝」。

 一緒にいたガイドが、近寄ってきて、気を使ってくれて、背景の良い撮影

スポットを指示する。

いろいろ事情があったけど体力と運が無かったという事だね。次回への登頂

へのチャンスが新たに生まれたという事に「感謝」だ。素晴らしいことだ。

 

  <<仲間は頂上へ、そして降りる。行きはヨイヨイ、帰りはコワイ?>>

 

18、South Peak           3922m

19、Alexandora Peak 左に見える  4003ⅿ

20、St.John's Peak   左に見える   4091ⅿ

21、LOW'S PEAK・・・・4095.2m=頂上満喫

22、<頂上から下山する>寒い頂上での渋滞を避け、写真を撮ったら

早々と下山するのがいいらしい。・・私達も、下山開始。

(私達は頂上に行けなかったから、一応、見知らぬ世界として)

 

  

(コタ・キナバルとは「キナバル」の「砦」という意味。太古の昔から

神聖な場所。・・「砦には厳かな精霊が凄む山」・・の畏敬を感じた)

 

23、チェックポイント小屋を通過し、ラバンラタレストハウス着。

24、休憩、朝食済ませ、荷物の整理。ガイドと打ち合わせをして

25、Tinpohon Gateに到着。預けておいた登頂に不要な荷物を受け取り、

26、専用バスで約1時間かけて、3日前に泊まったKKの安ホテルに到着。

 

・変な事を思い出した、「旅は道ずれ、世は情け」。

・・・登山道中、途中ちょっと話をして、顔を覚えていたドイツ人が、

・・・・・トイレから出てきた。ここは、水の出ないトイレなりき・・・

・・・・・・・ニコニコすぐ握手され、手を払いのける訳にもいかない。

・・・・・・・・・人類、皆、兄弟・・汚い? 手の輪で結びついている。

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです

   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ    

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの上下から。動画紹介専門ブログも。

          

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの上下から。動画紹介専門ブログも。

       

*************************************


1ヵ月、数回の「ホームレス」たちへの「炊き出し=スープキッチン」ボランティア。もう6年になるのかぁ。

2016年12月27日 | 驚き日記2

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

  

1ヵ月、数回の「ホームレス」達への「スープキッチン」ボランティア。

地域ローカル住民とのお付き合いで、自然にお手伝いをしていたら、

今では自分の車で仕入れに行って、調理して、配膳するまでになって

しまいました。・・通常はローカル・リーダーの車で仕入れに行きます。

 

 

ここは都心の、あるホームレスのための施設。ランチの食事や洗濯や、

散髪も時に行う。ここで彼らに散髪をしてあげようと、ハサミも本なども

買って、知り合いのプロに技術者に素人ながら学ぼうと、その気は十分

あったのだが、やはり道はかなり険しかった。

 

こちらは、例えば一軒家の老人ホームなど、正式じゃないところでは、

散髪は、普通の女性が、紙を切るハサミで髪を切ったりします。なので、

そのボランティアの需要があり、労力、時間は、もちろん無償提供です。

 

日本では、免許がないとヒト様の髪は切れないので、ここはかなりゆるい

です。でも危険性もあるので、簡単ではありません。うわべの髪切りは

出来ますが、相手に「こんな髪イヤだ」・・「虎狩り、3発(散髪)」だ

と、言われてしまったら、立ち直れない?・・気の弱さ。

・・素人と言えど、基礎が出来てないと、やっちゃいけないと思い始め、

やめたのです。

 

最近では、プロによる散髪も行われていないようだ。時々、無料診療で、

病院のドクターがボランティアで訪れることもある。私達は、もっぱら、

食事作りのお手伝い。

 

 

 

時々マンゴーも出る。この時は、これッ甘くなく美味しくなかった。

文句はダメよ。こういう物を大量に提供してくれる方がいるんですから。

 

 

 

 

これ等は、このワタクシの調理したもの。ほんとはこういうボランティア

の事は載せないつもりでいたけど、ある人の強い勧めで、まッ、いいかで

書いてます。MM2Hの恩恵、マレーシアに住まわせていただいている事

への、何かお礼でも出来ないかという、単純な思いで、始まったのですが、

今まで、いや~、いろいろありました。

 

ローカルリーダーは、色が悪くなるから、早く調理仕上げなさい、と言う。

ワタクシは、どうしても火加減が長くなりがち。色が悪くなる。

 

と、いうのも、まずガスボンベの火力が弱い。フライパンは質が弱いので、

ガチャガチャと、素早く、ゆすれない。穴が開くからだ。

 

野菜の種類にもよるけど、柔らかくしてあげないと、彼等は、ほとんどが

「歯」が何本か無いか、痛いか弱いからだ。・・彼等の噛み噛みを助ける

には、色なんて二の次・・と思っているんだが。(=強火で、手早く仕上

げれば、野菜の色はよくなる)

 

ローカルのリーダー夫婦がお休みの時は、チキン煮と野菜炒めを私達が

約150人分作る。チキン煮込みは、ブラックソースとオイスターソース、

砂糖、塩、香辛料等で、中華風のシンプルな味付けです。・中々うまく

いかない時があり、食事時間が迫ってきて、焦った時も時々アリマス。

 

またガスボンベの在庫がなく火が細々と、今日150人分出せるのかな?

・・・と、心配で、責任上、不安で、たまらなかった時もありました。

そういう時・・・ローカルの他のメンバーが言うのは「ネバ~マインド」。

・・・かなり・・苦笑い・・・コレ安心するから、不思議です!

 

 

 こうやって、毎月、地域のお手伝いに協力して、6年になります。

 

 

 

 

 

たまに変わったメニュー。150人位、いろんなところからやってきます。

チキンと野菜しかないのですが、(・・たまにフルーツも無償提供がある)

 

 ・・1ヵ月、数回の「ホームレス」たちへの「炊き出し=スープキッチン」

ボランティア。続けてもう6年になるのかぁ。色んな人種、色んな人達が

やってきます。

 

彼等が食べ終わって帰る時に、黙って帰る人と、お礼を言って帰る人に

分かれます。「テレマカセ=照れ任せ?=有難う」を言う人は、”分かって

いる”ホームレスだなぁ~と、いつも思います。

 

お礼を望むのではなくそれで普通・・彼らを決して責めてはいません。

逆に、こういう事をさせていただいていることに、感謝しています。

       注:(Terima kasih)=(トゥリマ カシ)…とも発音。

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの上下から。動画紹介専門ブログも。

       

*************************************