B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

突然ですが、中国でのマレーシア産ドリアンは、べら棒に高価らしい。

2016年05月31日 | 驚き日記2

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      

 

 

今年も6月になろうとしています・・ドリアンの季節開始です・・

もう巷では、屋台などで、始まってますよね。

・・・・今まで、いろいろドリアンの事、ブログに書いたけど、

また、あの美味しい風味を、今年も満喫出来るかと思うと・・・

嬉しくなる。・・・・・・・(嫌いな方も大勢でしょうけれど)

 

好きな人には、たまらない、、、、、「果物のキング」だ。

    

 

以前に・・出した・・「キングドリアン」・・・ホントかいな?

(ローカル友人からの提供)

 

 

これは、ローカル友人の、自分の身内での誕生日ケーキ。

「ドリアン誕生日ケーキ」当然、コテコテの「ドリアン味」でしょう。

むむッ・・やはり、食べてみたい。

 

      

 

そして、今回、送られてきたこれは、英文でこう書いてありました。

This mausunwang is sold in Hongkong for 710 HK💲or

310 HK💲a kg. About 190 RM a kg.

 

この写真のドリアンは、香港のスーパーで、1個「718香港ドル」。

為替レート表で計算したらマレーシアリンギで「RM 381.14」で

日本円では、「10,193円」。

・・・・とにかく旬なので、「たけェ~高い!」・・・・・・・・

 

ドリアン商品名は「Malaysia Musang  King  Durian」。

れっきとしたマレーシア産ドリアンでした。

 

・・今年も、美味しい、ドゥリアンを食べたい。

・・・・ドゥリアン・ブッフェも待っている・・し。

・・・・・・しかし、香港、季節前の輸入ドゥリアン、高け~な。

   

有難うございます励みになってますお手数でもポチクリをお願い致します

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      


マレーシア人の紹介で、「タイフットマッサージ」やったけど、安いところは、安いなりに。

2016年05月30日 | 旅行

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      

 

 

タイランドの南地方の「ハジャイ」の旅日記、・・続きです。

街を走るテンソー風「トゥクトゥク」はこのように、定員なんてない。

・・お金さえ払ってくれれば、何人でもいいぞってな・・感じで。

 

 

私達は、主にこの専用貸し切り12人乗りバンで移動した。割り勘で、

1人1000バーツ(2人で2000バーツ)だった。・・1日全行程

アレンジ含み、約1人2700円になるかな。

 

 

街の中を、こんな長いお猿の電車みたいな乗り合いバスもゆっくり

走っている。

 

途中トイレに寄った帰りのお寺の縁の下・・何やら動いている。

よ~く見るとこの下で、食べて飲んで寝て、生活しているようだ。

タイランドらしい建物です。 

 

しかし、街の中・・前回の「Betong」といい、電信柱のゴチャ

ゴチャ配線には驚くばかり。 ・・・・・配線工事になった場合、

こりゃ大変なはず。左手で直していたら、右手で感電したりして。

 

何で感電”??で思い出したけど、日本に「”なんでんかんでん”」

いう有名なラーメン屋さんがあった・・・、今でもあるのかな?

 

・・・インドネシアの「メダン」も、こんな感じだったかな。

 

旅行記が前後するけど、ソンクラーの街に行くため海岸線に出るのに、

バンの車ごとフェリーに乗る。中にいて、降りないで、冷房効かせて

楽ちん移動出来た。・・帰りは、フェリーを使わず、陸路で、廻って

ハジャイまで帰って来た。

 

 

 

・・・ウ~、Songkhlaの、ここの場所の名前が思い出せない。

確か「サミラビーチ」だったかな?人魚像もあるけどマレーシア人

は撮っていたが。記念写真撮るほどでもない。

・・・・・シンガポールの「マーライオン」らしき・・・・・・

・・Singola・・・「ソンクラーのライオン?」「龍!」かな。

 

 

 

 

広い、白い、砂浜、のどかな風景、だが誰も泳いでいる人はいない。

ずっとずっと向こうは、大国の勝手、問題のあり過ぎる、南沙諸島だ。

 

マレーシア人との旅なので、お任せなので、こういうのって楽。

途中立ち寄って食事したレストラン。ここかなり美味しかった。

 

 

デカいんだ、コレが。「飲む点滴」とも言われ、身体にいい。

ココナッツウォーター。最初は物足りない変な甘さを感じたけど、

今では美味しいと感じる。

 

 

・・これは「シーココナッツ」と言われるもの。マレーシア人に

どうして「海のココナツ」と言うの?名前があるの?と聞いたが、

英語内容が聞き取れない。自分には理解できる語彙が少なすぎる。

 

・・・後で調べると、この木は、水辺に生えており、根元に付いて

いる実を取るそうです。色が茶色、焦げているような感じの色だ。

シーココナッツとも言うし、正式に「パルミラ椰子」とも言うらしい。

 

 

この浜辺のレストランでは、海からの心地良い潮風と共に、空気が

美味しい。魚も新鮮。一尾を半分づつ蒸しと揚げに分けて出てきた。

揚げの方が美味しかった。・・マレーシア料理とあまり変わらない。

 

 

 

 

 

 

日頃飲んでないキンキンに冷えた「ビール」を飲む。タイの

心地良い風でますます、気分がなごむ。ただ、酔ってるだけかも。

 

 

上は、屋根の下の端の部分だが、編むことで、このような、

しっかりした「屋根」になっている

 

 

再度登場。この貸し切りバン2台でハジャイとソンクラーを行き来

しました。12人乗りですが、希望者だけのツアーなので乗ったのは

1台に付き7~9人。車内もゆったり、気持ちもゆったりとした旅。

 

 

 

・・小さなココナッツをかち割り、ジュースを出し、実の中に、

アイスクリームを入れて売ってます。皆が食べれば、こっちも

つられて、つい「食べるゥ~」を言います、買います食べます。

 

 

巨大な「金の仏像」が横たわっています。修復中らしい。冊を作られ

昼寝こくには、外は暑すぎるぞ・・「ガリバーの旅行記」みたいだ。

 

 

 これが、12人乗りのバンですが9人です。楽ちんでした。

 

ホテルの近くの「仕立て屋さん」ですが・・・・・・・ 

 

ハジャイの街に戻り、ホテルから歩いてほど近く、この看板の

お店にマレーシア友人が入ってゆく。ノコノコ付いてきたんだが、

ここは、注文から24時間で、スーツを作ってくれるらしい。

 

生地選びから体の寸法計り、裁断、仕上げまですべて、24時間で

出来るなんて。さすが「タイ」と言うべきか。

 

 

 

・・ベトナムにもあったけど、いろんな顔のお坊さん。ここのは、

何故か茶色の毛糸の帽子を被っている。・・・クソ暑いのに。 

 

 

・・ホテルの「フットマッサージ」は高いと聞いたので、街場の

足のマッサージに6人で入ってみた。従業員が2人しかおらず、

「待っててすぐスタッフが来るから」と言うので、待てど待てど、

来やしない。

 

 

誘ってくれた友人が責任を感じたのか、二言三言、文句を放って、

「帰る!!」と言って店を出て行ってしまった。・・他の仲間も

もう終わるころ。

 

「おいおい、俺たちだけが残されたよ」もうマッサージは始まって

いる。仕方なくやってもらって、そのうち、ウチの奥さんの足の角質

が硬いという話になって、奥さんが「運」いやいや「うん=Yes」と

言ったものだから”足の皮削り”が始まってしまった。

 

・・丁寧だったとはいえ、足裏の皮削りが追加されただけで1時間

マッサージと同じ金額を、追加で取られた。「高いんじゃねえの!」

 

先にタイ語の出来るマレーシア友人が怒って出て行ったので、人数が

減った分、我々に上乗せ?・・「トバッチリ」が来たって感じかな。

でもまぁ追加200バーツだから540円位。いいでしょう問題にしない。

 

 

・・・上の「フットマッサージ」はここじゃないけれど、ここの方が

大きくて明るくて、こっちを選べば良かったかな。ヒマそうにしてる。

 

 

ハジャイの夜は・・にわかに活気づく・・煌々と灯りが絶えない。

・・・・・・・ 早くホテルに帰って、キンキンビールを、のもォ。

 

有難うございます励みになってますお手数でもポチクリをお願い致します

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      


「ハジャイ」で、こんな斬新なSCがあったとは。タイの国で、ジャランジャランでお買い物。

2016年05月29日 | 旅行

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      

 

 

ここは、「Central festival」=セントラル・フェスチバルという

大きな大きな綺麗なショッピングセンターです。

 

 

その中に入っている「Tops market」は、中々キレイだった。 

どういう物があるのかな?日本食材を探索する時間が無かったけど。

 

 

4階だったか、にある「フードパーク」という名の「フードコート」

KLのブルジャヤヒルズホテル地下と同じで、プリペイドのカードを

購入し、後で残金を清算する方式で、これって安心明朗会計だ。

 

 

 

ムスリムの方がいるのに、豚肉が平然と売られていた。仕切りが

あったかどうかは記憶にない。べトンは特にそうだが、マレーシアに

近い国境の街なので、ムスリムの方達も、結構、街で見かける。

 

 

ハジャイの田舎街で、こんな新しい斬新なショッピングセンターを

想像してなかったので、ただただ、ビックリした。

 

ここから下の写真は、バンコクから離れたハジャイでも親日国だと

思わせるほど、日本=日系料理店が多いと感ずるお店の紹介です。

 

「こりゃ、たまらない!!・・肉盛り・・・」いいですねェ~~。

 

 

やはり、このSCで、ムスリムの方が働いているのを よく見かける。

マレーシアと違和感がない。タイなのにマレーシアみたいな感覚。

 

 

 

 

タイ語、ちっともわからないからタイ変・・大タイ、片言英語も

通じない。だから、値段と写真で注文した・・・が、

 

 

スープはぬるいし、麺のコシは無いし、薄味で、あまりおいしく

なかった。マレーシアとメニュー的には、供し方は同じ・・・・

ぬるくて・・薄味・か・・・・健康にはいいのかもしれないが。

 

 

海外で、どこでも、モロに日本語に出会うと、嬉しくなっちゃう。

「クロワッサン たい焼き」だって。

 

 

作ってる様子を見た。ハネを広げて焼いて、パリッとさせるんだが、

シナッとなっていたようにも思う。

 

このように、クアラルンプールとあまり変わらない立派なものです。

平日なのに、むしろクアラルンプールの新しいショッピングセンター

より活気があって人が多いような気がした。

 

 

 

ちゃぶ屋とんこつらぁ麺・・CHABUTON

 HAKATA  ラーメン

Yayoi  やよい軒

 Sukishi 

 OISHI    (おいしい)       Japanese Buffet

 

 

Takoshi  Food  (ん?・・タコシ フード)

得体のしれないものが?・・でも、美味しそうに並んでいる。

 

 

思ったより、飲食でお金が出ていく。今回、大きな買い物は無し。

・・・それでも、

「ウインドウshopping」ならぬ、「ジャランジャランShopping」

タイでの「安物探し」=別名「お得探し」のジャランジャランが続く。

 

有難うございます励みになってますお手数でもポチクリをお願い致します

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      


タイの国の「ソンクラ―ン」と「ソンクラ」。「ハジャイ」と「ハニャイ」について

2016年05月28日 | 旅行

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      

 

 

さてハジャイの旅日記、続いてます。「ハジャイ」とも「ハニャイ」

とも発音します。少数?「ハット・ヤイ」は多分日本語読みかもです。

 

マレーシア人は、人によって、両方言う。タイ人だって同じ。タイの

南部は、マレー系との混合地区だから、呼び方にミックスあっても、

これ、不思議ではない。言葉って難しい。Songkhlaとも書くし・・

Songklaとも書く。「h」が入ったり、入らなかったり、両方正し?

 

タイバンコクの「ソンクラーン」とは、有名なタイの祭日に行われる

「水かけ祭り」なのであります。「ソンクラ」は、今日の街の名前

です。・・このように、ベトンやべントン、ソンクラやソンクラーン

いろいろ言い方、発音があります。迷うこと多し、それが、外国です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちなみに、バンコクの「ソンクラーン」は、仏像や仏塔そして年寄り

の手に水をかけ、清めるという伝統的しきたりから発展し、今では、

毎年、4月13・14・15日と、街では、知らない人同士でも、水かけ

お祭りとして・・観光としても知られるようになりました。

 

写真を見ると、象まで人に、鼻から牛乳・・いえ、水をかけているし、

赤い消防車も同じく、人に向かってかけている。制服組、はライフルの

代わりに、水鉄砲を持っているし、ホントに「水かけ祭り」の様相。

 

・・通行人だって、観光客だって、それが目当てで、来る人もいるはず。

掛けられても怒っちゃいけないのがルールらしい。

・・特に、警察官と、お坊さんには、かけちゃいけないらしい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・さて、貸し切りバンで、一路、Songkhla(ソンクラー)まで足を

延ばす。ここはソンクラー県庁のあるところで、人口の23%はムスリム

らしいです。過去の旅行記、「ベトン」もムスリムの方達多かったです。

 

マレーシアの新聞にも載ったのですが、ソンクラー県のある地域で、

ミャンマー人の人身売買目的の遺体がキャンプで見つかり、5月6日には

新たに5遺体が墓場で見つかったそうで、一時、危険地域になったので

しょうか。

 

・・今回の旅、マレーシア人26人と一緒だったけど、彼等は全然気に

しない性格。実際街も静かで、全く平日と変わらず、警察も警備も

いなければ・・平穏そのものでした。

 

さて、今回のハイライトだというウォーターマーケットを目指す事に。

 

 

 

途中、ここの「トムヤンクン」は美味しいぞ、というので、数人で

屋台に入りタイ産のビールと、その噂の「トムヤンクン」をいただく。

これが、確かに他と違う。辛くても食べられる。後を引く味・・深み

があって心に残る味だった。久しぶりのビールもうまい。酔ったかな?

 

 

 

ウォーターマーケットに行くぞ・・と言われていたので、数年前に

バンコクに行った時の、いわゆる「水上マーケット」かなと思って

いたら違った。バンコク郊外の「水上マーケット」は、ボートを

走らせ、川の途中で店があり、又は、店になっているボートから

モノを買うというやり方だった・・・・ここは違う。風情がある。

  

 

 

炉端焼きみたいに、ヘラの先のカゴに品物を入れて渡し、代わりに

お金もそこに入れてもらう方式だ。

 

 

 

 

 

 

 ・・ボートの上で、「揚げ物」をやっているから、スゴイ。

・・・・・・・ボートが揺れる事は、まずないようだ。

 

ここ「ウォーターマーケット」は、ボートを一堂に介したって感じ。

・・整然と並んで、老いも若きも、お化粧バッチリの売り子さんが、

慎まやかに売っている。・・・田舎町の静かな、時が、流れてゆく。

素朴なタイ南部の・・・こういうのって、楽しいね・・癒される。

 

<<・・・明日も続きます・・・>>

有難うございます励みになってますお手数でもポチクリをお願い致します

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      


タイのビールを買い込み、キンキンに冷えたやつをホテルで呑む幸せ。

2016年05月27日 | 旅行

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      

 

さてさて、ハジャイの旅日記、続いてます。心地良く読んでくれて

るかどうかわかりません・・いつも夫婦日記を、1人で書いている

ようなものです。・・ウチの奥さんは、とにかく何でも関心薄し。

・・・・・せめて、パソコンにでも、興味を持ってほしいんだが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

思ったより、飲食でお金が出ていく。今回、大きな買い物は無し。

ウチの奥さんは、安い服を見かけると、足が止まる。・・本人は

”安くていいものを” 探しているのだそうだ。

マレーシアでも、自慢げに、全身上下の服で、合計10リンギと

言っておられる。・・確かに、安くて丈夫を探すのが上手かも。

 

 

コンビニにて、タイでのビールを買い込み、 ホテルの部屋で呑んだ。

日頃ほとんど飲まない。・・・こういう時は羽目を外すことにして

いるんだ。・・ここのホテルの冷蔵庫は、運よく、かなり効いている。

・・キンキンに出来るかも。・・タイガーもあるし。

 

 

ここ「ASEAN  NIGHT  BAZAAR」は、楽しいところ。前出の朝市

・夜店・屋台などを、総合的に組み合わせたショッピングバザールだ。

夕方近くなったので、だんだん日が暮れてくる。こういう処は、日本人

だけだと、多分来れないと思う。第一、新しく出来たなんて知らない。

情報のあるローカルと一緒だから、来れる場所だ。

 

 

 

 

大きな体育館みたいだね。2階のフードストリートから眺めると、

下のひしめき合っているお店が、このように見える。

・・区画割り・・キレイに、整然と、一堂に介したって感じかな。

・・バンコクに行かなくっても、こういう処で安く買えるのかも。

 

 

 

  

さて、2階のフードコーナーですが、このように、ワイワイ、

にぎわっている。・・・見るだけで歩くだけで楽しい。

 

 

 

 

前にも書いたけど、、マレーシア国境近くと言えば、Betongと、

Hat Yai、小さい町では、Pattani、Yala、などがあるみたいだ。

 

この国境エリア・・ムスリムの方達をよく見かける。ある意味、

タイランドとマレーシアの混合地帯ですからね。住み着いて、

結婚もするし、生活の為、働く事になる。

・・・・ただ気になるのは、ハラル&ノンハラルの区分け関係は

どうなっているのでしょう?

 

 

 

 

いずれにせよ、飛行機でしか、あまり縁にない「タイランド」への旅

陸路の旅は、時間かかるけどそれなりに楽しい。でも、マレーシア人

ローカルと一緒だから、安心で、探索・散策・出来るのかもしれないな。

 

もう・・感謝の気持ちだけデス。<Terima Kasjh 照れまかせ!>

・・・乾杯!!

中国系マレーシア人は、「カンパイ」を「カンペー」と叫ぶんだ。

・・タイとマレーシアの「狭間」で「カンペー」(間 寛平)・・か。

・・酔っているな・・また、下手なダジャレ・・もう直らない・・・

 

有難うございます励みになってますお手数でもポチクリをお願い致します

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ