B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

マレーシア人この街に来て驚くはず。合羽橋料理道具街・外国人観光客もいる。あの包丁欲しい

2015年10月31日 | 旅行

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      

 

 

・・・日本一時帰国・・珍道中・・が続いてます・・・

今日は、前からもう一度行きたかった「道具街の合羽橋」の街です。

ココも、やっぱり30年前に来ています。知り合いが店のX’mas

の飾りつけを買うのに、一緒に行こうと誘われたことがあります。

 

この商店街は、調理器具だけじゃなく、いろんなプロの方が

道具を揃えるのに必ず足を運ぶという問屋街なのです。

モチ、一般の方も普通に買えます。街の外れになるけど、理容師、

美容師だったら「カットバサミ」を買うとかね。

 

 

この正面のビルが、かの有名な「ニイミ」です。ここから、

合羽橋道具街に入って行きます。入口です。外国人観光客が

何やら上を向いて写真を撮っています。 

 

 

 

そうなのです、合羽橋商店街入り口のこのビルの屋上には、この

ようにコックさんのレプリカが、ど~んと、そびえ立っているんです。

 

 

この両側が、道具街です。かなり歩きました。疲れましたが、

楽しい処です。

 

若い頃、パブレストランのアルバイト時代に、訪れました。

クリスマスの飾りつけなども、時期になると売ってます。

 

 

 

前回、日本に来た時は、築地市場で「出刃」を買いましたが、

雰囲気がここの方が良かったような気になってくるほど、

あまりに種類が多いのと、・・・・庖丁への”こだわり”を

ビンビン感じます!!

 

 

 

日本の「月餅の木製の型」ですね。日本のは、小さくって浅い。

マレーシアや中国の型は、もっと深くて大きいです。

・・だから、ついつい食べ過ぎて、カロリーも高くなるのかな?

 

 

絞り袋・・口金の、何と、種類の、多いことか!!!

 

刺身用の「大根のつま」 用のカッターというかスライサーですね。

 

この会社も、一般的で多層に渡って幅広く、有名です。

 

ケースと牛刀とペティでセットで、42,284円だって。

 

こういう「キラキラ包丁」が欲しいんです。だって、切れそう

じゃないですか。研がなくても、切れそうだから。

・・・・・・いいねぇ、こういう光沢とデザイン。

 

 

これも目的でした。買いました。マレーシアで、はんぺんを使って

「伊達巻き」を作ろうかと、密かに、もくろんでいます。いつに

なるやら?・・・本来は、これは「だて巻き用」じゃないらしい。

 

 

昔懐かし、お菓子の類。子供の頃、貧乏だったから、見るだけ

だったけど。 

 

「メンコ」かな。下町に行けば、もっとあるのでしょうけど。

 

 

自分がマレーシアで、使っている皿が売ってました。

急に”逆・懐かしさ”を感じます。これ、高いんですよ。

 

いつも料理の写真に登場するこの皿や丼は、1つ、2,500円

から3,500円くらいします。クアラルンプール、ミッバリー

イオンで以前ありましたが、今はアリマセン。

中国デザインで似てますが、こっちの方が落ち着いてます。

 

 

 

レプリカというか、模型というか、偽物というか、食品サンプル

ですね。・・・メニューサンプルの展示です。素晴らしいです。

 

 

 

カツ丼の、コレなんて、卵が、あまりに如実な表現になっています。

 

 

味噌汁や、納豆大根おろし丼・・・見事です。目を凝らします。

 

合羽橋道具街をジャランジャランしていて、ふと、通りの奥に

目をやると・・・・・この遠く・・奥の奥には・・

 

 これがありました。

 

 

ビールのサンプルです。

 

食器・菓子類道具・包丁や砥石・制服やマット・釜やフライパン

の数々・サンプルや看板・お持ち帰り用パックや、キッチン用具・・

いろいろでした。

 

店頭を良くしようと思っているマレーシア人料理人が、ここへ来たら

さぞかし・・・・ビックリ、感心、驚き、卒倒するかもです。

驚き桃の木、楽しい道具街のそぞろ街歩きジャランジャランでした。

有難うございます励みになってますお手数でもポチクリを嬉しいです

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      


日本に帰ると、必ず通うラーメン屋。日本を感じるジャラン。懐かしトマトラーメン。

2015年10月30日 | 旅行

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      

 

マレーシアから日本に帰るたびに、いろいろな自分なりの発見が

あり・・・小さいことでも、大きいことでも、この年になって、

感動する。

 

・・・普通のお店の普通のやり方だけど、100円以下を目指して、

店頭、所せまし。何でも、努力だね。

 

 

いつもここを通るたび、ここをジャランジャラン(散歩する)する

たびに日本を感じる。昔、自分の住んでいた所の近くという事も

あるんでしょうけど。

今は、完全”様変わり”してしまって、面影が・・・乏しくなる。

 

 

 

 

その中で、急にこんな看板が、目に飛び込んできた。なんだって?

「トマトラーメン」だって? 「うわッ、ウッソー、いいぞォ~」

いつもの遠い「四ツ谷店」で食べなくって済むからだ。

 

 

・・この場所は、農家の畑だったはずなのに、通りの奥にド~ンと

こんな一角を増やしちゃうんだね。半年で東京は、がらりと変わる。

 

 未だに、この後ろは、田んぼ??いや「畑」!です。

 

これです、「太陽のトマト麺」です。個人的に大好きです。

 

 

 

一番人気のトマトラーメンの「チーズ入り」を食べました。

このチェーン店の素晴らしいことは、以前のブログにいろいろ

書きました。

日本のラーメンが、洋風に同化し、アレンジされ、単純な

言い方だけど「和洋折衷」の典型的な美味しさ・・好きです。

 

 

日本一時帰国・・ジャランジャラン・・続きます。

(注:jalanは=通りで、jalanjalanは=ぶらぶら歩きの意味です)

 

有難うございます励みになってますお手数でもポチクリを嬉しいです

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      


四ツ谷の小さなパブでマレーシア人の熟年女性と知り合いになった。人生不思議、こういうことがあるんだ。

2015年10月29日 | 旅行

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      

 

 

ある理由があり、帰国毎に訪れるのが「四ッ谷」であります。

その理由の一つに大好きな「太陽のトマトラーメン」が近くに

ありますが、今は別の場所にチェーン店が出来て、今はそちら

の方に食べに行きます。

 

・・・今日は、それじゃなく、かなり入り組んでいるお話です。

どうやって簡単に書こうか?悩む!・・・簡単にいかないカモ。

四ッ谷で、マレーシア人の熟年女性と知り合いになった・・・

などと書くと、よからぬことを想像するかも・・・ですが・・

・・・いやいや、そうじゃなくて。

 

たまたまお話して、知り合ったカウンターの女性=店長が、

マレーシア人だったという事です・・が・・そのいきさつ。

 

 

1、四ツ谷に、41年前にオープンした、あるパブがあります。

オープンしたパブのオーナー(英国人男)とは、当時、知り合いで、

ちょっと女くせと、酒くせのある中年のモテる男性。ワタクシ

よりもずっと年上。

 

2、自分との接点は、若い頃、六本木で仕事をしていた時のお客

で、綺麗な女性を、いつも同伴していた。ワタクシは、彼には興味

無く、その優しい綺麗な女性に惹かれていた。たぶん、銀座か

赤坂の女性。

 

自分が接客サービスをミスって、彼がワタクシに喰ってかかって

きた時に・・彼女は、酔っている彼をたしなめ、このワタクシに

気にしないで大丈夫よと、優しいお言葉をかけてくれた女性だった。

 

3、その彼が、その後、四ッ谷に小さな英国パブをオープンした。

オープン後少し経ってから遊びに行った。当時、ダーツがおいて

あり、ほとんど98%はイギリス人。こっちが白い目で見られた。

 

キャッシュオンデリバリーのシステム会計だったような。当時では

六本木と言い、この四ツ谷と言い、珍しいお会計システムだった。

 

 

4、そのパブを今まで探していたが、見つからず、閉店したとばかり

思っていた。マレーシアに来て、帰国の毎に、違う用事で行く四ツ谷

であるけれど、今回、ダーツを置いてあるという違うパブに行こうと

したときに、手前で偶然この店を発見した。看板があまりに小さい。

営業時間の事もあり、今まで、気がつかなかったのかも。

 

5、勇気を出して入ってみた。何故かというと、その昔、優しくして

くれた女性が、たぶん、彼の奥さんになっていたように記憶していた

から。もしかしたら、顔だけでも、また遭えるのでは?と不安と期待。

 

6、お店に入ったが41年前とほとんど変わってない。タイムスリップ

だが、ダーツは取り払っており普通の英国パブになっていた。彼女は

いない。カウンターには流暢な日本語をしゃべる東洋人女性がいた。

 

あまりに日本語が上手なので、日本人だと思ったが、ふとした話で、

彼女がマレーシア人で、ジョホールバルに家を買った・・・という

話まで出来た。ヘイズと、シンガポールとの交通渋滞の話も出た。

 

年に何回かオーナーに休みをもらい、そろそろ、マレーシアに帰ろう

かと考えているらしい。彼女はここで20年間も働いている女性だった。

日本の永住権をもっているんだって。

 

 

7、日本にこういう人もいるんだなぁ~と思った。KLにはほとんど

来ないそうだ。ブキビンタンとモンキアラしか知らず、マレーシア人

なのに、首都の事が、よくわかってない様子。

 

ジョホールバルに遊びにおいでと言われたので、KLの自分の名刺を

渡してきたが、連絡が来るかどうかは・・全くもって・・不明。

 

8、・・・だが、だが、だが、その肝心の彼は15年前にこの店で

亡くなっていたんです。だから、店の3か所に「創業者」として彼を

忍ぶ写真が飾ってあったんですねぇ。その1枚。そういえば金髪っぽく

こういう顔をしていた。

 

 

9、ワタクシの若かりし頃の片思いの彼女(奥様?)が、この店の

2代目のオーナーかどうかは分からないままで、帰ってきました。

(彼女はいなかった)

 

10、というわけで、このお店の「自家製ソーセージ」1本500円

高すぎ!・・・だけど、また、近くに来た時は、寄るかもしれない。

 

 

 

 

 

 

日本一時帰国での、個人的なお話になってしまいました。人生、

いろいろあります。我々高齢者と言われますけど、そうは思って

ない意識がある。

 

 

・・この店のオープンが、今年でちょうど41年目になるのかぁ~。

という事は、41年前は、自分は六本木でバリバリ働いていたと

いう事になる。

 

当時、年上の彼女に、片思いだった事。喧嘩っ早い、のん兵衛で

タバコ大好きの英国人の彼は、・・15年前に亡くなっていた事。

 

41年前の店が、未だに残っていて、息づいている事。41年前、

オープン当時から通っている”後期”高齢者?の英国人が沢山いる

そうで(=常連)、杖をついて、やってくる客もいるらしい。

 

41年前は、自分には当然マレーシア生活の「マ」の字も無かった。

・・まさか、マレーシアに住むなんて人生いろいろありますねぇ~。

そして前向きに生きようとするかぎり、これからもあるんですね。

 

有難うございます励みになってますお手数でもポチクリを嬉しいです

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      


この歳でラーメンのハシゴをやってしまった日本独特のもの?マレーシアで一杯飲み屋はあるの?

2015年10月28日 | メニューの中のラーメン

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      

 

 

マレーシアで、一杯飲み屋って言ったって、レストラン・パブの

類になるのかな?・・通りすがりの飲み屋と言うならば、ホーカー

センターでビールをグイッ。次のホーカーでアルコールをグビグビ

やるみたいなものでしょう・・・・あまりやる人は、いないね。

 

・・ここは、たまたま池袋東口・・ビックカメラの前・・この

建物のデザインは、スッキリしたハイテクを感じさせる雰囲気。

 

 

そのハズレの場末の一角に・・・一杯飲み屋・・・その名も

「一軒・め・酒場」毎日が激安・品質が自慢だと酎ハイ190円~。

懐かしい。今日は質素に、酎ハイ190円一杯と牛モツの煮込1つだけ。

 

 

 

・・・そういえば、こういう「モツ煮専門店」もあったっけ。

大体こういう所は、狭い立ち席カウンターだけの一杯飲み屋を

兼ねている。いわゆる「赤ちょうちん」だ。

 

 

夜の池袋は、こんなに明るい。マレーシアを思い、ここで治安

の事なんて、今の時点で、ちっとも頭に浮かばない。

・・今、日本に帰ってるんだなぁ~という実感。ヘイズが無い。

・・道聞けば・・・・日本語で、正解が、返ってくるシアワセ。

 

 

ウォーキングを兼ねて、夜の池袋を徘徊。「博多風龍」などと、

ラーメン屋が目に入る

 

 

「天下一品」に 入ってみた。同じ店名の違う支店に、過去に

入ったけど、池袋支店は初めて。まだオープンしてほやほや。

 

 

味は普通と言えば、普通だが、「味がさね」ってのが気になる。

期待はしない。

 

 

今回は、「こってり」をやめて「あっさり」で・・・・・ 

 

 

ラーメン好きなので、今回も、年甲斐もなく「らーめんハシゴ」

をやってしまった。

こっちは、こってり系で、その名も「横浜家系、練馬商店」、

「男は黙ってラーメン × ライス」だと。

 

 

 

 

コシのある平麺で、・・・普通と言えば普通・・・・・

 モヤキャベ・・100円。

 

夜の「ラーメンハシゴ2軒 」でしたが、お昼に撮った写真はこれ。

 

 

マレーシアでも、この横浜家系のこってり豚骨ラーメンが

ぼちぼち出店している。・・・・マレーシアの日本人達+

マレーシア華人系に、この味、ウケるかな?などと思い

ながら食べている自分がいた。

 

有難うございます励みになってますお手数でもポチクリを嬉しいです

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      


マレーシアでは寿司は喰わない、貧乏性かも。一時帰国の時の「回転すし」で十分。

2015年10月27日 | 旅行

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ       

      

 

 

寿司の事は、ちょっと後で・・最初は、「たい焼き」の話です。

・・・・・日本一時帰国、珍道中です・・・・・

「プレミアムたい焼き」っていうから気になって、入ってみた。

 

 

プレミアム??って、なによ!

大納言=180円。小倉=160円。

カスタードクリーム=160円。小倉&クリームチーズ=190円。

・・・・・マレーシアよりは、美味いんだろうけど、高いね。

 

たい焼きって、本来は、いろいろ工夫が必要で、簡単ではない。

皆あまり気にしてないだろうけど、シッポから頭までどこ喰っても、

あんこが食べられる手法が繁盛する一つのポイント(経験者語る)。

 

ここは「鯛アイス」とか、お好み焼きたこ焼きもやっているみたいだ。

 

 

・・・・ちょっとだけ、作業行程を写真に写させてもらった。

自分は、日本にいた時、いろんな仕事をやった。たこ焼きと、

今川焼もやった経験があるからね。当時こんな、良い設備じゃ

なかったから、カスが飛び散り、大変だったなぁ~。

 

この下に落ちるカスを、毎日ちゃんと掃除しないと、ネズミが

出てくるんだ。・・・そのネズミの駆除が、また大変なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイお疲れさん。変だったね。リタイヤーにも出来るかな?

 

さて、次はお寿司だ。マレーシアでは、お店の寿司は、食べない。

根っからの貧乏性だから、しょうがない。日系高級店は問題ない

でしょうが、寿司刺身は、ひそかに日本での一時帰国まで、待つ。

 (・・自分でおろすサーモン1匹の刺身は食べてますけど・・)

 

日本では、安くて、簡単で、気軽に食べられるちょっとグレードの

高い「回転寿司」で十分だ・・一時帰国、我慢解禁、マグロ大好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

寿司もいいけど、この2つのデザートも美味しかったなぁ~。 

4.5人で13,000円も奮発してしまった。あ~ぁ、明日から

どうしよう。

普通、子供達が、こういう場合、おごってくれるのに?・・

・・・・・何で、今回も、ジジ様が、カネ出すの????

 

 

 

有難うございます励みになってますお手数でもポチクリを嬉しいです

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ