B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

揚げないで作る簡単「大学いも」。フライパンで万歳。懐かしいひと味違うを作ってみた。

2015年05月31日 | その他グルメ

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

     

 

懐かしい大学芋・・子供のころ、田舎でやっと食べられるおやつだった。

地方によっていろんな作り方があるようだが、おふくろが買ってきてくれるもの、

そして、家で作ってくれる当時の「大学いも」は、白砂糖をまぶしたものだった。

 

現代で知る限りは、「白砂糖まぶしスタイル」は無いような気がする。当時は

ハチミツや、黒砂糖や、水あめとか、高くて手に入りにくかったからだろうか。

 

今回は、日本で買ってきた「大学芋のタレ」と「自家製の黒砂糖タレ」の両方で

やってみた。市販の大学芋のタレは、しっかりそれなりの成分なので、さすが

失敗はない。美味しかった。

でも、それだけじゃつまらないので一味違う深みのある「味」に挑戦したかった。

 

これが、出来上がり・・・まぁまぁの出来栄えだった。そのリポートです。

(クックパッド投稿済み)

 

 

韓国食材店で買った「韓国の芋」・・でも、これじゃなく、今回、大学芋に

使ったのは、「ジャパニーズ・スィートポテト」ってラベルの貼ってるやつ。

 

これがそうです。通常はもっと細くて小さいんだが、シーズンで違うんだね。

水につけ込む・・・色が出るので、水を代える・・・

自家製・・タレを全部合わせて作っておく・・・・

バットに乱切りしたサツマイモを均等に並べ、ラップをしてチン。

1本200g位で、500Wなら6分位。600Wなら、4~分位でやってみた。

 竹串で、スッと通ればOK。

油を軽く敷いて、なるべく面の部分を焼く。

焼き過ぎない程度に・・この作業、省いても、全く平気。

・・・でも、これをやると、表面が揚げたようになる、美味しい。

あらかじめ、別のフライパンに準備しておいたタレを入れ・・火をつけ

ジュワっとさせ、溶けさせ・・・・

そこへ、軽く焼いたサツマイモを投入。軽く煮詰め、からめて出来上がり。

砂糖が入っているから・・からまる。

白ごまを振って、出来上がり・・おしまい。

色が黒っぽいのは、黒砂糖を使っているから。深みのある甘みが

出せるから好きです。

 

感想・・・・・・・・・・・・・・

1、普通とは違う、深みのある味に仕上がった。少量の酢とごま油と黒糖が

微妙な深みのある味を作り出してくれた。定番である面倒な油で揚げる

やり方よりも、簡単にフライパンで出来るやり方です。

 

2、ザラメだけでも、簡単に出来るらしいが・・・。マレーシアでは

ザラメや水あめとか簡単に手に入らないからなぁ~。黒糖がない場合、白でOK。

三温糖を使うと、コクが出るらしいが、マレーシアの黒糖でも十二分OK。

 

3、材料は・・・・・・・・・・・・

サツマイモ1本約200g+黒糖+醤油+酢+ハチミツ+

水+ごま油・・・分量外は、炒め油・白ごま。

 

4、一度作ったら、次食べるときは、レンチンはしないほうがいい。せっかくの

からんだタレが、はがれて流れてしまうから。

 

5、そのうち、甘みの無いマレーシアのサツマイモでも、やってみたい。

中国にも同じような料理があるらしい。細切りで「芋ケンピ」に、似ていて、

山芋とか、リンゴとか、バナナでも作るやり方のようです。

 

6、先日ブログに書いた「フレーバーストーン」の赤いフライパンは、ここでも

力を発揮。甘味砂糖、煮詰めているのにフライパンの表面、全く無傷・無事・OK。

 

最後に・・・・どうして「大学いも」という名前がついたの?について。

大正の初期、東京大学の赤門前(現文京区)に『三河屋』という氷屋がありました。
この三河屋が、冬の寒いころ、さつま芋を揚げ、蜜にからめて売り出したところ、教授、学生の間で評判になり、自然に『大学いも』と呼ばれるようになりました。その後、下町を代表する菓子として、親しまれています。
元祖大学いも味の良三郎より

 ・・・・そうなんだって。”東京大学”の前ってのが、なんか「ミソ」だなぁ。

 ・・・・「大学芋」喰って、脳みそ鍛えたとか?!

 普通は、油で揚げて作るんだけど、フライパンでオッケーの大学芋でした。

 

励みになってます元気の素、ポチクリをお願いします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

海外ロングステイブログランキング参加用リンク一覧     

 


マレーシアン夫婦とペナンへの旅。塩チキン・イポー・第1ブリッジ・ドシャ降りは半端じゃない。

2015年05月30日 | 旅行

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

     

 

 

・・・さて、昨日の続きです。「ソルトチキン」からいきます・・・・

有名な「塩チキン」のお店の前。全部予約注文品だって。

丸鶏のお腹に中国ハーブを詰めて、特別な紙で包み、岩塩で焼くだけ

なんだけど・・・いつも絶妙な塩加減に感嘆する。

  

イポーは、あの「イポーコーヒー」でも有名。

暑いのに、温かいトーフー(豆腐、タ―フー)をフーフー言いながら。

ドゥリアンホワイトコーヒーだって。スティックで何度か飲んでるけど、

砂糖なしが中々ない。イポーにはあると思うんだが。買わず。

さて、腹ごしらえを済ませ、ペナンに向かって出発。写真の様子で、

強い日差し・・外の暑さを想像出来ますよね。カンカン照りってやつ。

左のおやじは関係ありません。たまたま、知らない人が立っていた。

この白い2500㏄の三菱車が、ペナン行きの、華人系の旦那の愛車です。

ジョージタウンの文字が幾度も見えてきた。彼、なんか安心している様子。

ペナン入りは、最初は、第2ブリッジから行きます。この写真は、

横に橋があるんじゃなく、真っ直ぐ行くと、橋を模造した料金所になっている。

ペナン第2ブリッジです。午方5時30分になっちまった。雲の様子も違ってきます。

ジョージタウンに入って、旦那の金さん(仮名)が、ここを写せと言う。

理由は、「ペナンの伝統的お寺」と「マレーシア国旗」と「コムタ」が同時に

見えるからだと言う。・・・・・なるほど、そういうことか。

有名な「Cititel」ホテルだ。「レストラン霧島」があるところだね。今まで

2回ほど泊まった。ウェルカムドリンクが、カウンター横にある。

味は薄かったけど「自由にお飲みください」と。では、無料だし、いただきます。

ここを拠点とします。

 

さて、ペナンでの滞在中の旅日記(今回はジョージタウン)は、次回から書きます。

++++++++++++++++++++++++++

さてさて、南京玉すだれ・・ブログ上、来たばかりなのにもう帰る物語が始まります。

クアラルンプールに帰ります。ジョージタウンからなので、地理上、今度は、

第1ペナンブリッジから本土に入ります。

この調子だと、帰りは、渋滞もないでしょう・・と思った・・けれど。

(これが、メチャメチャ甘かった。大変だった)

さあ、帰りも、いい感じで「雲」が流れてますよね。

でしょ。ここの料金所から、また、延々と渋滞が続く。

途中、彼らが数回来たという「Tambun」に寄って早い夕飯を喰うことになった。

あまりの渋滞に疲れて休憩をしたかったのでしょう。・・というか、実を言うと

このワタクシがここから帰りの運転を、クアラルンプールまで頼まれた。

 

超田舎の料理、普通過ぎる普通のメニュー。マズくも美味しくもない。

 

雨が降り始めた。暗くなり始めた。・・・運転出来るけど、イヤだなぁ~。

やっぱり、激しい雨に変わった。途中、数件の事故現場に遭遇した。

 

上のナビが、ワタクシのガーミンで、下がこの車に標準搭載のGPSだ。

ワタクシの取り外しナビは、走行中はセット出来ないけど、車のナビって

いつでも平気でセット出来るんだね。

かなりの雨と雷で、前が見えなかった。あまりに激しい土砂降りなので、

運転交替も出来ない。そのまま、自宅まで何とか、たどり着いたが、ワイパーを

最高の「強」にしてさえも、前が見えない雨の量。危険ッたらありゃしない。

 

雨の高速100km時速、前後、白い車線が見えない。見えないのは当然。白線が

消えている。補足塗装してないから、これは危険。案の定、他の車が高速走行で

こっちに寄ってくる。・・・・人の車での運転は、やっぱりしたくなかった。

昔、日本で250CCバイクを乗っていたけど、雨の日のヘルメットの中のメガネは

最高に危険、蒸れるし濡れるから前が見えない。下の様に色が一色になり、

前の様子が分からない。

バイクの場合、自分の顔の温度と雨で尚メガネが曇る・・それと同じ事が今の

フロントガラス。普通の雨じゃない。今回、かなり危険だったことを思い出す。

 

マレーシアは、この雨の高速でも、バイクはガンガン走っている。アブねえな。

今度、車でペナンに行くときは、平日に行こう。土砂降りの雨の悪天候では、

運転ナシ、ドッカで休憩をとろう。

 

ここは、最終モンキアラの料金所。夜遅くクアラルンプールにやっと着いた。

良かった良かった。それでも、この時点でも前が見えない程の土砂降りだった。

ローカル夫婦とペナンへの車での旅。今日ブログ上では、車で行ってきて、

すぐ帰ってきたストーリー展開でした。今回の旅先は「ジョージタウン」のみ

ですが、明日からは、その滞在中での旅日記です。   <<続く>>

 

励みになってます元気の素、ポチクリをお願いします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

海外ロングステイブログランキング参加用リンク一覧     

 


ペナンに車で行ってきた。連休には行くもんじゃないな高速道路、真っ青の空、ひょうきんな雲さん達。

2015年05月29日 | 旅行

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

     

 

 

先日、ペナンへ車で行ってきた。行ったと言っても、今回は、ローカルの

友人夫婦が、「連休で2泊3日なんだけど、ペナンに行かネェか?」という

お誘いの言葉で、連れて行ってくれたようなもの。自分達は、車では行った事が

なかったので、「是非、行きたいです、連れて行ってください」という事に。

ローカルの人と行くと、いつも何か、違う発見があるから、楽しい。

 

KLからいろんな形で、ペナンに行く日本人たちがいらっしゃいます。

私達は、ペナンへは最初8年前に、初めて下調べ下見ツアーで1回目。その後、

クアラルンプールに住み始めて以降・・5年前に最初のローカルの人達と

バスの旅、その後2回、今回、車で5回目の旅になる。

  

今日のペナンへの旅は、高速道路などの途中の車窓を楽しみ華人系マレーシア人

友人旦那の運転で行く。帰りは、もし彼が疲れた場合は、この自分が運転を

頼まれている。「運転、OK」の返事をしたはいいが、あまり他人の車は

運転したくない。・・・でもまぁ「その時はその時で」という事で出発!!

ローカル夫婦と計4人の旅。

 

ローカル奥様は、さすがです。どこからか英語と中国語のペナンの

案内パンフを手に入れていた。日本人だって負けてねえぞ。フリーペーパーの

CoCoNut」さんの「しおり」だって、それ以上の情報が詰まっているよ。

日本人が考え、編集するしおりは、いつも凄い充実性がある。

「CoCoNut」さんには、いつも頭が下がる。アリガト。

 

この下は、ローカル奥様のもの。

 

今日のブログは、長いです。ペナンに行って、帰ってくるまでの車の様子を

一気に書きました。もしかしたら2回に分けるかも。

その次は、ジョージタウン滞在での出来事になります。

最初から渋滞に、はまり、ちょっと長時間旅になりそう・・ワタクシは助手席に。

おかげで行き先々のペナンまでの空の「雲」の様子を写真に撮ることが出来た。

祭日をはさんだ連休というのは、日本と同じで、帰省と観光客とが重なり

大変な渋滞になる。予想してたとは言え、いやもう、モンキアラ超えたら・・

ずっと、ノロノロ延々とこの調子。連休には車で行くもんじゃない!

渋滞が収まらない・・こっちは同乗の彼らとの英語のレッスンと気晴らしを

兼ねていい気分だったけど。・・・金さん(仮名)は運転が大変だったはず。

ちょっと渋滞が抜けては、すぐ詰まる。このトイレのように。途中では

トイレが少なく、いつも混んでいる。こんなに並んで、大きい方だったら

我慢できるだろうか・・タマンねぇ。

 

こういう崖っぷちに、それなりの建物を建てちゃうんだから・・・地震が

無い国だからこそ・・出来るのでしょう。助手席にいるから、車が走って

いてもこんな写真が撮れるんだ。

「イポー」の声(看板表示)が、まだ聞こえてこない・・この渋滞では

途中のイポーが、遠く遠く感じる。

だから、しばらく、ペナン行きの「雲」とのお付き合いを・・・・・

ランチタイムになったので、4人でランチという事で、イポーに立ち寄る

事になった。しかし、イポーって暑いなぁ~。でも、綺麗な街。

エキゾチックな街ですね。好きです。イポーにも住もうと思ったことあります。

静かで落ち着いて、飯は美味しく、女性はきれい・・だけど「飽きちゃう」ことが

ブレーキをかけた。ゆっくりのんびり過ごすにはいいとこだよね。車も少ないし。

有名な「ソルトチキン」のお店だね。

マラッカ・ペナン・イポー・・こういう建物っていいね。しいて言えば、

キャメロンハイランドも、また違った洋風のエキゾチックが加わる。

イポーにも、ペナンと同じようなアート壁が増えてきている。

さすが、田舎町のお店メニュー・・・・漢字だらけ。マレー語だらけ。

我々には、チンプンカンプン・・注文は、当然、ローカル彼らに全面お任せ。

言っちゃうけど・・・美味い、ウマい、うまい!!

普通のありきたりのお店でこんなに美味しいから、他では

もっとうまいのでしょう・・という事になる。

イポーの有名な「タウゲ」は、もう少し長さが短かったような気がしたけど。

シャキシャキおいしさは変わらない。もやしが何でこんなに美味しんだろ。

有名な「塩チキン」のお店の前。店頭のは、全部予約注文品だって。

本店と支店があって、両方とも「売れ切れごめん」で、全部売ったら

その日は閉店。

でも、以前は夕方遅くても買えたが・・・今日はまだお昼だよ。一応

営業時間は午後6時までと、なっている・・・・・。

 

 

長くなるので、一旦、ここで切ります。明日の記事はブログの上では、 

ペナンに着いてすぐクアラルンプーㇽに帰る内容ですが、これまた、

どしゃ降りの雨で大変でした。  <<続く>>

励みになってます元気の素、ポチクリをお願いします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

海外ロングステイブログランキング参加用リンク一覧     

 


YouTubeを見れてホントに良かったと思う時。アメイジングな美しさ。

2015年05月28日 | 動画・・Youtubeなど

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

     

 

 

YouTubeにもいろいろあって、いや、ありすぎ。簡単に言えば、投稿サイト

からなわけで、駄作もいっぱいありすぎ。同じ映像でも、微妙な相違あり。

 

・・・いろいろ考えさせられるし楽しめるので、しばらく、このままで勘弁。

ほとんどが、ローカル友人からの共有のもの。たまに日本のも逆輸入でいただく。

   

今日のは、驚き、自然の花、花、花花花花が、こんなに華々しく華やかに

神秘の美を放つなんて・・・YouTubeを見れて、鼻っから幸せの時です。

 

モスラ?・鳩・踊る人間そのもの・官能くちびる・ダンス女・蜂・

ゆりかごの子供・鳥、鳥・飛ぶアヒル・Alien・天使・平和の鳩・

Egret・ダースベーダ―・バレリーナ・虎、タイガー・・画像群。

励みになってます元気の素、ポチクリをお願いします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

海外ロングステイブログランキング参加用リンク一覧     

 


あのソラリスのパブリカのトイレで突然水をかけられた。ビチャビチャのトイレ事情・・・・

2015年05月27日 | 驚き日記2

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

     

 

 

先日、ソラリスデュタマスのパブリカに行った時の事。おかげでトイレで、

ビシャビシャ水に濡れるところだった・・・というか、水をかけられた!。

サンダルとズボンの下が濡れたぞい。場所は、パブリカ「まめとん」の

階の、ちょうど奥のトイレだ。

 

そのいきさつ・・・・・・・・

ちょっとトイレの話で恐縮ですが、大きい方の男子トイレ、用事を済ませ、

流すか流さないうちに、突然、隣の床から、水がバシャバシャ

と勢いよくワタクシの"個室"の床に流れてきたのだ。ビックった。

壁に水をたたきつける音がする。明らかにあのホースを使っている。

 

一瞬、水道管が破裂したんじゃないかと思ったものだ。違うんです。

隣りの男が自分が終わった後に、隣のトイレにワタクシが、いようがいまいが

関係なく水をバシャバシャと床と下の壁に流す行為をやっている。

 

このワタクシに恨みがあるんじゃなく、用が済んだので、人の事なんて

気にせず自分「お部屋」に水をかけたかったのでしょう、たぶん。

庭の植木にホースで、水をかける気分でね。・・迷惑だっチューの!!

 

その水が、普通じゃない。勢いよくワタクシの方の床まで流れてきたわけです。

下が開いているから当然。しかし、何故?激しく隣りにまで水をまくの?

 

マレーシア在住の日本人には、分かっても、日本にいる人には、何を言って

いるのか分からないでしょう。マレーシアのトイレは、床下が開いているんです。

 

マレーシアのトイレは、相変わらずマナーがなってない。綺麗なモールが

街に出来たとしても、トイレが一番早く壊れ、そして汚れる。

”シモ”の施設管理が一番大事なのに・・・トイレを作る方も使う方も下手?。

 

マレーシア人、老後になってシモの世話、どうするの?モシモシ。

シモジモの話じゃない、みんなの話。モシ、後で「シモった(しまった)」と

思っても、もうオシマイ。シマラナイ話になる。

 

話、戻すけど、マレーシアの大きい方のトイレは、天井が開いており、下の床も、

隣りと隔てて、床下が3cm~10cmで開いている所が多い。どこでも画一性がない。

 

トイレで水をジャージャー流すお国なのに排水工事がかなり下手。

床に水が溜まってるところ多し。だから、かがむ時など、鏡のように水面に

映り、隣りの動作が見える時がある。はっきり言って・・・・

そんなの、見たくないって!!自分も見られているって事だもの。

 

また、こういうこともあった。大きい方に入った時の事。周りの壁はもちろん

正面のドアまで水が飛び散っている。トイレットペーパーまで濡れている。

あの備え付けのホースでジャバジャバやったのだろうけど、シャワー室じゃ

あるまいし・・・シャーナイなぁ。だから、床もビッチャビチャ。

 

トイレでシーハーシーハータバコを吸って、プンプン匂ってくることもあるし、

ウンウン唸ってる場合もある。しかし、今日のように、隣りから、自分の床に

水がバシャバシャ流れてくるなんて初めての経験というか仕打ちを受けた。

 

サンダルとズボンの下が濡れるなんてビックリもんだよ。表に出て「この野郎!」

とドアを叩こうと思ったら、その時、何かの異変に気付いたマレー人の

警備員(トイレ)(女性)らしき人が来て、この男のトイレのドアをドンドン叩いた。

出てこないし、反応がない。

 

おばさんが大きい声でマレ―語で何か言ってるんだが、相手はかまわず床から

水を流してる。アイツに聞こえてねぇ~・・。水は止まったが、男は出てこない。

男の顔を見たかったけど、「トイレお化け」か、「う*こーエイリアン」

だったらイヤなので、後はおばさんに任せ、自分は立ち去った。

 

こんなこともあるんだなぁ~と思いつつ、恐い「う*こーエイリアン」の顔を

想像し、恐る恐る脳裏から消し去ろうと、駐車場に向かう、帰るワタクシでした。

 

励みになってます元気の素、ポチクリをお願いします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

海外ロングステイブログランキング参加用リンク一覧