B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

「𠮷野家牛丼」の創業初代店、第1号店に行ってきた。築地市場にある。

2015年04月30日 | 日本料理&風

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

     

 

市場が好きなので、過去に行ったけど、今まで素通りが多かった。

築地市場はとにかくデカい。セリが行われ、プロが魚などを仕入れる

場面は一般人は見れないし、見たことはないけど、セリの終わった

後の仲卸の店は、戦争が終わった跡みたいな様相を呈している。

 

野菜売り市場の事は、「やっちゃ場」(ヤッチャバ)と言うけど、

魚の方は、なんて言ったっけかな。単なる「うおいち場」(魚市場)だっけ。

ここは場外のすぐ近くの神社。

 

場外市場。 

 

ココです。場外に出るちょっと手前の1号館にある。𠮷野家牛丼の

発祥のお店、創業1号店だ。15席位しかないけど活気あふれ、

おばさんがテキパキと常連さんをこなしてゆく。常連が多い。

あの綺麗な画一された制服もないし、キレイなメニューもない。

 

 

 

写真を撮るのに、撮れない雰囲気。だって、3mで向かい合う

カウンター席だもの。もし、お客の顔が写ったなら、ぼかす

つもりで撮った店内の1枚だ。写真は許可が必要。

 

 

味が、いい、うまい、変わらない。マレーシアでも、今オープンして

間もないけど、ここがその発祥のお店。創業1号店だったとは知らなかった。

 マレーシア人がいたら、教えてあげるのに。

 

”連れ”が 甘いものを食べたいというので、3軒隣の団子屋さんに

入った、お汁粉だ。 素朴で、甘みが絶妙・・うまかった。

 

 

 

 

 

築地市場の場内は、市場の醍醐味。その中の周りにある魚がし横丁の中でも

端っこにある1号館は、牛丼の「𠮷野家」や、だんごの「茂助」、洋食や

コーヒー店、寿司、インドカレー、ラーメン店などで構成。市場の

端ゆえに落ち着いている雰囲気だった。𠮷野家牛丼発祥のお店・・1号店。

ココだったんだねぇ~。

 

頑張れますので、励みの元、ポチクリックをお願いします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

海外ロングステイブログランキング参加用リンク一覧     


外国人も行く・食べる、築地市場での「海鮮丼」は美味しい?

2015年04月29日 | 驚き日記2

  にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

     

 

 場内市場は、朝の3時ころから始まり、9時までプロたちの世界。

一般人はそのあと買える・・・が、午前11時などに行こうものなら、

お店はほとんど閉まっているか、店じまいの掃除をやっている。

 

ここは場外市場・・晴海通りに面しており、まるで、様相はアメ横みたい。

でも、皆、年輪を感じさせるお店ばかりだった。

 

 

 

お昼は思い切り、海鮮丼にした。場内の有名な「魚(うお)がし横丁」の

海鮮丼でもいいんだが、あんなにしてまで、行列で並びたくない。

場外でも、十分に探せる。 

 

 

 

 

 

 

 

場外の海鮮丼・・まず、さすが、ランチでは自分達にとってお高い!

わずかな日本での楽しみ方なので、MM2Hの思い切りの奮発という事で。

メニュー写真と、実際が同じく出てきたのには、「感激」した。

さすが日本!、、信用 日本!、、

頑張れますので、励みの元、ポチクリックをお願いします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

海外ロングステイブログランキング参加用リンク一覧     


マレーシア人と会いたかったのに。築地市場の場外のお店も、活気あふれてスゴクねえか。

2015年04月28日 | 驚き日記2

  にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

     

 

 

地下鉄大江戸線の「築地市場」で降りると、連絡通路には、こんな

壁画が描かれている。観光地である市場を目指して、毎日、ここには、

外国人も多く降りてくる。土曜日に行った時は、この通路、あまりに

外国人が多いため、「ここは、どこ?」になった。

 

 

 

今日は、築地の場内でなく「築地場外」のいろんなお店を見て回った。

場外市場は、場内市場と違って、ゆっくり歩いてじっくり見て回れる。

 

 

 

 

 

 

こういうのも、場外だから、出来ること!! 

ホタテ焼きや、カニ焼き、厚焼き玉子焼きなど、いつもにぎわっている。

玉子焼きは店売りの他、串に刺して、大根おろしで食べる・・100円。

 

 

アメ横みたいだ。カツオぶしやサバ節のたたき売り。

 

「おにぎり」の専門店もあった。手作りというか、”手にぎり”だね。

ラップやフィルムをかけてないところが・・なんか、スゴクねえ~か。

 

 

山形のサクランボだが、粒ぞろい・・かなりお高い。 

 

消しゴムや、ダルマ、日本古来のおもちゃなど・・英語付き。

 

 

場外だって、場内に負けてない。本マグロの大トロ刺身2000円だって。 

 

 

 

小腹すいたので、「築地場外市場」の天ぷらそばを喰らった。 

晴海通りに面している。ふ~ッと、一息。

 ・・・・・場内、場外の市場リポートが続きます・・・・・

 <東京都中央卸売市場・・築地市場>

場内と場内があり、グルメで有名なのが場内の「うおがし横丁」だ。

寿司や海鮮丼など、洋食や喫茶もある。別記事で書いてます。

*大江戸線築地市場下車・・徒歩2分

*東京メトロ築地駅・東銀座駅下車・・徒歩15分

*JR新橋駅下車・・徒歩20分

 

頑張れますので、励みの元、ポチクリックをお願いします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

海外ロングステイブログランキング参加用リンク一覧     


”つけ麺の元祖・神様”と言われた・超有名、東池袋の「大勝軒」に行ってきた

2015年04月27日 | 日本料理&風

  にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

     

 

 

池袋・・東池袋も西池袋も、自分にとっては、思い出の深いところ。

あの地下連絡通路・・駅構内を行ったり来たり・・東と西では

それぞれの特別な顔がある。しかし、それも今では昔の面影は少なく、

新しいビルと新しいお店でキラキラ輝くばかり。

 

当時、サンシャインシティ建設関係もあり、東池袋の大々的な都市再開発計画

の中で、2007年にあの「大勝軒」が移転を余儀なくされた。一時はやめる

ことも考えたらしいけど根強いファンの声援で翌年に新店舗でオープン。

 

今でも行列が出来る。並ぶのが嫌いな自分が今回は並んで食べてきた。だって、

つけ麺の元祖、山岸一雄さんの弔いもあったから。

 

ここから、サンシャインシティ方面に向かっても行けるけど、迷ってしまう。

 

 

 

有楽町線の東池袋駅で降りて、この道をまっすぐ道なりに5分位歩くと

「大勝軒」が見えてくる。新店舗は、この大きな道路沿いにある。

しかし、・・・・周りは昔の面影は、無し、無し。

 

 

 

「大勝軒」は「中華そば」と「特製もりそば」が基本で、自家製の麺。

多加水の卵麺で、表面じゃなく中身にコシをひめ、ソフトで、かん水控えめの

優しい中太麺だ。ビックリ、供し方と味がホントその頃の20年前と変わってない。

 

西池袋に住んでいた頃行ったけど、山岸さんと一言だけしゃべったことを

覚えている。「お客さん、どうですかぁ、楽しんでってください」。

灯りの少ない、狭い店だったなぁ。

 

あの、頑丈な顔で、優しい目で・・厨房で、忙しく立ち回っていたっけ。

あのトレードマークの白いタオルは、汗を拭くわけでもなく、

アタマが熱くなるんだろうなと・・いつも思っていた事も思い出した。

 

 

 

並ぶのはキライなんだが、今日は特別だ。”弔い喰い”だから。

こんな言葉あるわけないけど。・・・彼は逝ってしまったから。 

 

店内は、スーツのサラリーマンが80%だった。雨の日、寒い日で、

店内の写真など撮れる雰囲気にない。皆、黙々と食べてゆく。誰も残さない。

食べ終わったら、ごちそうさんを言って、自分で自分の丼をカウンターに置く。

これは、昔からやっている大勝軒のお客の当然のしぐさ、マナーだ。

 

 

徒然なるままに・・・・・・

「美味しい・・いつも変わらず、ありがとう。 今はマレーシアより」

・・・・と、備え付けの筆で、ノートに書いてきた。

頑張れますので、励みの元、ポチクリックをお願いします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

海外ロングステイブログランキング参加用リンク一覧     


マレーシアであまり経験出来ないことを、また日本で経験させていただいた。築地市場の魚たち

2015年04月26日 | 驚き日記2

  にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

     

 

日本一時帰国・・・・・

マレーシアのクアラルンプール中央卸市場に行ったけど、その時の

魚も赤かったけど、日本のは、もっともっと赤が鮮明なような気がする。

これは、優しい赤・・・メラッと・・・美味しそう。

 

主に、プロたちに売る・・本マグロの数々・・・・ 

 

一般にも売る本マグロ・・・・

 

圧巻だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

マレー語で・・・イカンメラ・・か・・

 

 

キンキの赤は、いろいろあるけど、これ、赤すぎ、メラメラ燃えそう。

 

市場内の仲卸の業者のための・・・構内地図。 

 

築地市場に限らず、都内の市場では、一般客は制限されている。

築地市場は外国人の観光スポットにもなっている。マナーやルールも

大事でしょう。撮影の難しい所あり、許可が必要な時もある。

 

とにかく市場の仕事人たちの邪魔にならないようにすることが大事。

貨物車両に気を付ける。ひかれないように。これホント。サーッと

走るから。また、ターレが右往左往と走り回っている。これは、ドッドッ

とエンジンの音が大きいから分かりやすい、彼らの運転は半端じゃない、

小回りが利くし、結構スピードがある。危ない。これにもひかれないように。

(ターレ=ターレット=仲卸が立って運転。運ぶ電動リヤカーです。)

 

マレーシアではあまり経験出来ないことを、日本での一時帰国時に

自分なりの体験をさせていただいている。日本在住の方には普通でも、

自分には、ホントに久しぶりの訪問・・・感謝。

しばらく、日本一時帰国の記事になります。そして最初は「市場」が続く。

 

頑張れますので、励みの元、ポチクリックをお願いします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ      

海外ロングステイブログランキング参加用リンク一覧