B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

この女性の「マレーシアでの演奏、公演」があったら行くよ。才能発掘TV番組。

2014年09月30日 | 驚き日記2

 

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ   

カラフル楽しく作ってみましたフルカラーです古い殻」を捨てて振り

」ゆっくりじっくり玉手箱。励みのポチクリいつも有難うございます。

 

マレーシアの現地の友人をそんなに知っているわけじゃないけど、

呼び方(書き方)が面倒なので、マレー人も、チャイニーズ系も、

インド系もまとめて「ローカルの人」と呼んでいる。こっちの人に

言わせれば、本来の意味合いが違うらしい。でも、自分としたら、

まとまったほうが楽なので例えば「ローカルの友人とか知人とか」

表現してますのでご了承下さい。

 

 

こんな日本人でも、気を使ってくれるローカルの方達がいて、

精神面ホントに助かっている。代わりに日本人の友人・知り合い

は少ないなぁ~残念。・・・・長い目で。

 

ローカルの彼らから、一応?厳選されたYoutubeや写真を

送ってきてくれる。特に画像については”絶句もん”の素晴らしい

のが多い。出したいけど著作権などでよくわからない部分がある。

素晴らしい感動モノ写真が沢山あるのにホント残念だ。

 

一方で、残酷なものも今まで数件送ってきた。日本と違って、

TVや新聞の報道は、かなり検閲が緩い傾向にあるようだ。

悲惨なものでは、先日の「中東での虐殺写真」「生きた人間

十字架への磔」「男性の裸に数十本の包丁刺し」・・・

 

「インドの動物園象の暴走で人間がグチャグチャになるまで

踏みつけられている映像」「虎が人間を噛み殺すシーン」・・・

 

「インドで急激な川の氾濫で、増水から2分の間に目の前で

親子家族が5メーター先の滝つぼに落ちていく実写の様子」

 

「マレーシアで、学校帰りの中学生が大蛇に呑み込まれて、

ヘビの腹が膨れ上がり、捕まえて腹を裂いたら頭が半分

溶けた状態の中学生」・・「その他・・」これらは自分としては

・・当然ながら残酷すぎてブログにも出せない。

 

そういう中で、今日の曲YouTubeは、救われる。どこかで聞いた

桃源郷の響きだ。心の奥底に染み渡る優しさ・愛情・感情

・理性・自然の広大な美しさを同時に思わせる曲なのだ。

 

皆がどこかで聞いた曲、知っている曲です。嫌なことから救わ

れる曲。心が洗われる曲・・・・・

 

ただ、残念だったのは、演奏が短かったことと、尻切れトンボ

のような気がしたこと、観客が総立ちの割にはもっと主張が

あっても良かったのでは?Youtubeだからしょうがないかも。

(曲の事ばかり気になって・・・感想を入れるのを忘れてた・・・・・)

・・・・・・Petruta Cecilia Kupper さんの演奏デス。


 こんなブログでも、いつもお読み下さり、有り難うございます。 とりあえずは

これッポチクリ。ランキングに参加中。あなたのクリック大いなる励みです 

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ   

 Fc2の「南国マレーシア驚き桃の木どうする気ブログ

Fc2の「マレーシア発見再発見快傑ハリマオブログに」


3、日本では禁止で違反の「危険ドラッグ」がある。平和な街なのに不思議だ。

2014年09月29日 | 旅行

 

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ   

カラフル楽しく作ってみましたフルカラーです古い殻」を捨てて振り

」ゆっくりじっくり玉手箱。励みのポチクリいつも有難うございます。

 

 

「違法の危険ドラッグ」に手を出しちゃいけません。アムスでは

ソフトドラッグは合法ですが・・・。でも海外だからと言って手を

出しちゃいけません。悪い事は全部自分に跳ねかえってきますから。

このように”犬”に噛みつかれます。(パブレストランの壁の絵ですが)

(途中、3か月前に書いた「脱法ドラッグ」の抜粋記事も入ってます)

 

 

日本では違法です。違法ドラッグ・脱法ハーブ・大麻アヘンなどと

呼ばれています。・・・後に「”危険ドラッグ”」と命名されました。

 

それは現、薬物に対して違法であるが、作る側&販売する側は、

その先を行くので法整備が追い付かないらしい。取り締まりから

漏れてしまうらしいのだ。難しいよなァ。振り込め詐欺みたいに

進化するから面倒なのだね。その後、取り締まり方法が強化改正された。

 

危険ハーブには、麻薬や覚せい剤よりも不穏な成分が多く

含まれているらしい。たぶん、作る側がどんどんいろいろ

混合生成するからだと思う。

 

なんでそんなものに手を出すのか?ドラッグ類は、一時的に

いい気分になれるというけど、切れた時の脱力感・焦燥感・

絶望感が強く、また繰り返すという悪循環。仲間連帯意識も。

 

耐性が出来るため、量も増え、欲しいがための犯罪にも移行

すると思う。また、覚せい剤と同じで、治療には長い期間と周りを

不幸に巻き込むマイナス要因があまりに大きい

 

ソフトドラッグとも言うけど、決してソフトじゃないと思う。だって

化学構造の組成図を見ても一か所だけのH3CとO2Nの違い

だけだもの。体への悪影響は、麻薬や覚せい剤と変わらない

そうだ。むしろ、それよりも、危険な成分が含まれているらしい。

 

さて、知っての通り、オランダでは、「コーヒーショップ」という店名

タイトル付きのお店で「ソフトドラッグ」がいとも簡単に販売、吸引

されている。オランダでは合法なのです。ハードドラッグは禁止

です。ソフトドラッグは、オランダの普通の街で、普通に売られて

いるが、それでもやはり、ちゃんと政府の許可が必要。

 

(これは、オランダで、許可を得て売られているソフトハーブのお店)

 

 

オランダには、どうしようも避けようにない歴史的な背景が

あるし、それによりオランダ・アヘン法が制定されたが、規制

出来る部分と出来な部分の2つが両立している。ハード

ドラッグは全面禁止でソフトドラッグはゆるく、むしろ後者は

「公衆衛生の分野」だと政府割り切って言っているらしい。

 

このソフトドラッグが”コーヒーショップ”といういわゆる”喫茶店”

吸引されている。許可された普通のショップの店頭にも展示

されていた。普通のコーヒーを飲むところは「カフェ」と言います。

 

店の前は何かとカラー色がちりばめ、タネや苗木やドラッグ

種類を所狭しと並べているのには・・・やはり、ドッキリコンコン。

 

公然と商売している事にビックリコンコン。店側は、国の規制で

1人につき1日5g販売が限度らしい。そんなの守れるのかな?

それに日本みたいに犯罪が起きないのかな~?と素朴な疑問。

絶対に試しちゃだめだ。海外でも自己責任が付いて回るからねぇ。

 

 

繰り返しだけどオランダに行っても面白半分に絶対に入らない

ほういいと思うし、買わないほうが賢明だ。危険な成分が

入っていることが多く、興味はあっても、試すのはやめた方が

いい、心身、両方の”身(み)”のためだと強く思う。

 

一連の日本の事件を見てホントにそう思う。世界の現実事情

知るために、今回もこうやって写真を出しています。

アムスのドラッグは、皆さん知っている事でありましょうが。

 

 (オランダでの店頭にある大麻の写真)

 

第一、日本でも他の禁止国でも、持って帰ったりしたら、

重大な犯罪だし、他の日本人に”悪の火種の菌”をばらまく

にもなると思う。

 

 ソフトドラッグという用語は、それ自体に「無害である」または「害があっても取るに足らない」という意味を持つため、議論において批判される。本当に無害・微害であるかが明確ではないのに、言葉自体がそのような意味を持つために、ソフトドラッグに分類されるドラッグが全て安全であるというイメージに受け止められかねず、そのことが危惧されている。

<上記はWikipediaを参照>

 

以前の「合法ドラッグ」とか「脱法ハーブ」という呼び名は、

違法な販売者が勝手につけた名前らしいですね。本当は危険

薬物デス・・・と。脱法ドラッグではなく「違法ドラッグ」が正しい

言い方ですね。後に「”危険ドラッグ"」と呼ぶようになりました。

内容は、東京都の福祉保健局のホームページ薬物相談

参考にしました(当時)。

 

このソフトドラッグの問題は世界中にあり。ベルギーでも、

ネットで手軽に安価に入手可能だとか。イギリスにおいては、

若者の間で、タバコより安いので、手に入れる機会が多いとか。

 「Gateway ドラッグ」と呼ばれる所以だね。そこが奈落の底への

「入り口ドラッグ」になると言われる。

 

せめて、わが祖国日本とマレーシアは、しっかり規制をして

危険の蔓延と事故を防いでほしいと願います。

 

 

 

 

 

法律を犯して・・・このような針のイスには座りたくない。

これは、「拷問イス」ですけど。

 

パトカーだって、待機している。

 

ちょっと足らず・・・これは違うけど・・・・

 

オランダ、優しい素敵なアムステルダム・・安全に旅を楽しもう。

 続く・・クリックをお願いします。

 こんなブログでも、いつもお読み下さり、有り難うございます。 とりあえずは

これッポチクリ。ランキングに参加中。あなたのクリック大いなる励みです 

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ   

 Fc2の「南国マレーシア驚き桃の木どうする気ブログ

Fc2の「マレーシア発見再発見快傑ハリマオブログに」


あなたは浄水器はどうしてますか?マレーシアの水は飲めない。あのデカい浄水器を買った。これで一応安心。

2014年09月28日 | 日記

 

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ   

カラフル楽しく作ってみましたフルカラーです古い殻」を捨てて振り

」ゆっくりじっくり玉手箱。励みのポチクリいつも有難うございます。

 

 

マレーシアの水は飲めない・・かといって近隣諸国だって

同じだ。水道の水は飲めない。ヨーロッパだって同じこと。

ミネラルボトルより、ワインのほうが安いというお国まである。

日本は、なんてすごい国なんだろう。いろいろあるとはいえ、

一応、水道の水は飲めるんだから。こんな国は世界でも

あまりないはず。日本に来る外国人がビックリする。

 

ここは、現実マレーシアだった。この地で物事を考えなくては。

・・・・・浄水器について・・頭・記憶を整理、まとめると。

 

1、当家は、5年前に買った大型浄水器の中の砂の洗浄交換

時期がやってきた。10年持つという代物だが、5年に1回は

中身の砂を出して交換しなくてはならない。

 

2、その費用は、買った業者に当時、RM300かかると言われた。

その会社の担当者はいない。会社はあるけど、売り場は消滅。

 

3、それで、あるモール内に入っている同じ業種の浄水器屋

さんに、浄水器の中の石の交換の話を持っていった。

 

4、違う会社のものとはいえ、洗浄交換にRM350かかると

言われた。

 

5、新しいもっと太いしっかりした浄水器を買わないかと勧め

られたRM688する。交渉した結果、特別にRM650にするという。

 

6、さて、どうしたもんかと・・考えた。あと5年後にはパーになる

今までの浄水器をRM350も払って洗浄して、また5年後に

新たに買うよりも、今、新しくRM650-RM350=RM300

で新しい浄水器を買える?という考え方の判断をした。今、

洗浄交換はどうしてもやらねばならない必須事項必要経費だから。

ならば、あと300出して新しいのを買っちゃえという考えだ。

 

7、販売店に何度も足を運んでいくと、顔見知りになり、言葉が

よく通じなくても、お互いを信用出来、心が通じるようになった

・・・・・という事実を・・・という事を信じて、買うことにした。

 

8、今日のブログはその経過報告です。以下は写真でさらさらと行きます。

 

以前のを取り外したもの。

 

 

これが、今まで使っていた浄水器だ。コンドの屋上のタンク

から最初の水がここに入ってくるわけだ。実を言うと、これは、

当時、カタログと違って細いものが納品されていたのだ。

業者の故意かどうかはわからない・・・・が。当時、我々精神的

余裕がなかったので、後で気付いたが、遅かった。

 

 

それが今回は、こんなに太い・・・新品を新規設置後の写真。

 

中はこういう仕組みで、大小違う5種類の石とカーボンを

通して水が濾過される。これは定期的掃除のやり方の図。

 

 

 

 

よく商店街の歩道の前か横にこういう浄水器がありますよね。 

あれと同じです。ステンレスは高いらしい。

 

選んだのは、右側のRM688。約束の時間に2回も、業者が

来なかったので文句を言った。日程も1度変更になった。

安くしてくれ、中々うんと言わない。でも結果RM688がRM650に。

 

 

 

ゆくゆくは、これなども検討している。今あるのはレンタル

だが、これは買取だ。ボトル1本19LでRM10だ。水の中身は

保障済みと自信を持って言い張る。そりゃ信じるしかない。

 

直接のコンドの住民サービス会社などから、1本RM8で入れて

いるご家庭も多い。マレーシア人は大体RM8らしい。

水の質も問われているので、ちゃんとしたものを入れたい。

 

 

水道から直接の、こういうものも勧められた。が、断水の時は、

困るしなぁ。

 

さて、新品の浄水器に特殊な石を入れる作業だが・・・・

 

5種類を順番に入れてゆく。途中、黒い色のカーボンも入れる。

手際が早い。次から次へと。時間は約1時間で終わった。

 

 

 

塩ビ管を簡単に切る道具があった。面白いな。

 

石を入れていた特殊な袋をもらっておいた。何かの時に何かを

捨てるときに使えそうだから。マレーシア、土嚢は必要ないけど。 

 

 

てなわけで、水の勢いが強くなったことと、やはり新品浄水器

ということで一安心。10年間使えるのは前と同じだが・・・・

前のは1か月に1回の洗浄が必要だった。今回のは1か月2回必要。

前のは5年に1回中身を交換だったが、今回のは3年に1回必要と

言われた。きめ細かい点と正直さでは、今回のほうが安心かも。

 

 

普通の賃貸の人は、家主さんの考えで浄水器の設置が決まる。

水道の蛇口に小さいのを取り付けてあったり、こういう大きい

浄水器は、無い場合が多い。無い場合でも、洗濯物が黒くなる

とか、ごわごわなるとか、臭うとか、で心配する方は、このような

大型の浄水器を個人で取り付ける方もいるようです。

 こんなブログでも、いつもお読み下さり、有り難うございます。 とりあえずは

これッポチクリ。ランキングに参加中。あなたのクリック大いなる励みです 

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ   

 Fc2の「南国マレーシア驚き桃の木どうする気ブログ

Fc2の「マレーシア発見再発見快傑ハリマオブログに」


2、心が癒されるアムステルダムの街並み。これがいいんだなぁ。来たかいがある。

2014年09月27日 | 旅行

 

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ   

カラフル楽しく作ってみましたフルカラーです古い殻」を捨てて振り

」ゆっくりじっくり玉手箱。励みのポチクリいつも有難うございます。

 

この水路の街、歴史の街、花の街アムステルダムに着く

所要時間は、ブリュッセルからは、タリスで2時間45分。

フランス、パリ駅からは超特急タリスで4時間10分。

ベルリンからは、9時間。ケルンからは2時間40分で

着くそうです。やはり、ヨーロッパの貨幣「ユーロ」での

統一方法は、至極当然の成り行きだったのです。

 

おっと、忘れてた、クアラルンプールからだったら飛行機で

12時間05分。つらいです、きついです。エコノミー席ですもん。

ほんと、エコノミー症候群には気をつけねば。

 

空港でチーズバーガーが€2.50ユーロ。旅行時レートの

350円・・・、やはり高い。

 

アムステルダムは、13世紀に「ザウダーゼー」と呼ばれる

入り江にアムステル川が流れ込んでいてその後、水路を作り、

運河を作り、橋を作り、港を作り・・・畑を作り、商売を作って

いわゆるダムをガンガン作って流通の街になった。だから、

アムステル”ダム”呼ばれるようになったんだね。

 

ビーバーじゃないけど、ダムでせき止め、経済、政治、交通、

物流、文化の交流、市民のコミュニケーションの上でも、工夫

と開発を繰り返し発展・・・独特の街になっていったんだね。

昔は、かなり深刻な水害とも戦ってきた経緯もあるそうだ。 

 

 

だから運河の街と言われる。17世紀の降盛を極めた世界初の

株式会社である「東インド株式会社」の設立本拠地になったと

言われてますよね。

 

街の中を散策して思ったことは、オランダ人の親切な暖かさ、

歴史に裏付けされた民族の自信、自然とうまく調和する

ことの大切さをよく知っている国民だなぁ~という事だった。

 

 

オランダは、日本の九州地方位の大きさしかない。その中に

12の州がある。ちなみに宗教は、カトリックが38%・オランダ

改革派が22%・無所属が27%・その他が13%だって。

ここは有名な「聖ニコラス教会」。

 

 

見ていて楽しくなるお店だね。見ただけで絵になる。全てが

マッチングするってのは、ヨーロッパの特徴・特性のような

気がするなぁ。風景と色と空気がなじむんだ。

 

 

ある道路では、歩行者より自転車が優先するらしい。

こういう風景が、アムステルダムでは、全てがマッチング。

 

でしょ、金髪女性マッチング。・・・・娘さん、ちょいマッチ。

 

使い方知らないけど、この電話機?。なんか、すごく機能的に

作られているような気になってきた。オランダ人頭いい、万歳!

マレーシアにだっているよ。頭いい「オラン・ウータン」が。

オランは「人」って意味で、ウータンは「森・・・」、う~ん

都会とジャングルじゃ・・・全く関係ないか。ゴメン。

 

 

アムステルダム中央駅・・・・小雨もあった。

 

 

 

街での”飲食店看板”の散策・・・

しっかりと、マレーシアンレストランがあり・・・

日本の鉄板焼き・寿司バーがあり・・・

ブラジリアン料理・・グリルがあり・・・

ロンドンブリッジ・・レストラン・・イギリスか・・・

日本のカラオケ・・居酒屋があり・・・・

日本の招き招かれネコちゃんがあり・・・・日本製品雑貨屋。

中華料理店があり・・・

 

元禄・日本料理・・・・・ここは寿司が主な商品だね。

インディアンレストラン・・・もある・・・シ。

やっぱり、ラーメン屋さんもあった。

また、寿司屋さん・・寿司はどこでも人気人気・・気になる木。

オランダケーキ屋さん。盛り付けが単純だけど、ダイナミック。

 

「アンネの家」です。これは、後日書きます。

 

 

作者は誰だろうかな・・・・よく出来ている、素晴らしいなぁ。

日本から、かなり遠い地球の裏側の海外で、こういうのを

見ると・・・感激してしまう。

”お茶を濁さない”「日本茶道」だ。こういう人形、嬉しくなっちゃう。

 

 

運河の街の旅、アスムテルダム・明日運があればいいんだが・・。

「アムステルダム」の散策・・明日も続きます。応援クリックお願いします。

 

 こんなブログでも、いつもお読み下さり、有り難うございます。 とりあえずは

これッポチクリ。ランキングに参加中。あなたのクリック大いなる励みです 

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ   

 Fc2の「南国マレーシア驚き桃の木どうする気ブログ

Fc2の「マレーシア発見再発見快傑ハリマオブログに」


1、ブ~ンとオランダの「アムステルダム」に行ってきた。まずは有名な「スキポール国際空港」の巻。

2014年09月26日 | 旅行

 

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ   

カラフル楽しく作ってみましたフルカラーです古い殻」を捨てて振り

」ゆっくりじっくり玉手箱。励みのポチクリいつも有難うございます。

 

オランダのアムステルダムに行ってきた。というか、イタリア

中途経由、乗り継ぎ中継地です。今回の旅行、いろいろ事情が

あり、今回2回目のイタリアはいい思い出は全く無し。KLに着く

最後の最後まで気分は”ゼロ以下”だったので、アムステルダム

だけの2泊3日だけの旅日記になります。

 

アムス滞在は短いけど、1週間もいたような気分で・・・

徒然に書いてみたいと思います。

 

 

大金払ってのチケット。ディスカウント商品なので

キャンセルが出来ない。キャンセルすれば、お金は戻らない。

期日を延期しようと旅行会社に問い合わせをしたが、期日延期の

キャンセル費用が1人RM1,000だそうで、2人でRM2,000

約62,000円となれば、ふ~ィモッタイナイ・・・・。

 

 

いやはや、今回の旅行中、自分達の大きなミスもあったが、

・・・勉強になった・・・・・。

・・・・・・それでも、地球は相変わらず、ちっぽけな人間を

壮大な優しさ包み込む。この地球の美しさ。

 

 

マレーシア航空機、撃墜事件は、記憶に新しい。同じ様な

スキポール空港地ルートで飛びました、そして帰ってきました。

あの事件、日本人の犠牲者はいませんでしたが、もしかしたら

他の航空会社各社は、危険地域上空を知っていて飛んでいた

・・知らないで飛んでいた・・知らないというより、知っていて、

危険ではないと上が判断していたので飛んでいた・・ということ

でしょうか。自分達に限らず、日本人がその事件に巻き込ま

れる可能性があったかもしれません。

 

マレーシアとアムステルダムで日本人が行き来することは

珍しくありませんからね。アムステルダムのSchiphol Airport

(スキポール国際空港)は、ヨーロッパに行くのに乗り継ぎ空港

経由基地として、利用されるのはご存知。ホントに多くの人が

利用している。それ故、やはり、誰でも、危険はいつも紙一重で

生きているという事でしょう。

 

(機内食事です。美味しかったぞ。ここだけの内緒?、プラスチックの

安全フォークスプーンなど、捨てるのがモッタイナイ。しっかり紙に

包んで頂いてきました。自宅で使うわけじゃありません。東南アジア

諸国の安ホテルでは、食べる道具・・何もない時があるからです。

・・・・その時のために・・旅行用です2人分・・💦汗

 

 

 

 

世界が高得点と評価するアムステルダム・スキポール空港は

わかりやすい大きな掲示板や、動きやすい通路や、途中途中

に設置してある大きなソファー付き休憩所も随所に・・助かる。

 

フライトの発着便の案内や、空港見取り図も完璧に近い。

時間を過ごすための油絵の美術館や、カジノまである。

勿論、パブバーやレストラン、ファストフードまでそろっている。

物価が高いから自分達は控えめ。何ヶ所かWi-Fi所もあるけど、

かなり弱すぎかな。

 

 

 

助かったことは、マクドナルドでユーロ紙幣を細かいコインに

両替をしてくれたことだった。普通はやらないと思うんだが、

あの時の兄ちゃん、あんがと。

 

 

 

 20年前に来た時は、当然、これは無かった。面白い

アイデアだよね。

 

 

あらかじめ「オランダパス」なるものをネットで予約購入して

おいた。出発前だったけど。ここでバウチャーとの交換だ。

モノの本にはスキポール空港3番口の前・・とあったが、

 

目的の「GWK Travelex 」はArrival3~4番の間にあった。

ここ探すの・・時間がかかった。最初は表(外)にあると言われ、

イタリアに行く前だったから、一度出てしまったら大変なことに。

何度も聞き直した。お店の店員はやはり”あやふや”が多い。

 

 

 オランダパス・・の詳細情報については、

 

これを前もってネットで購入しておくといい。何かと便利が

いい割引チケット。効率よく回るには、用意周到な時間との

戦いが絡むのでこれまた大変。観光案内ポイント掲載の

立派な綺麗な冊子とカードをくれる。オランダは質がいい。

印刷とか紙質とかでその国の経済状況がわかるような気がする。

 

尚、このオランダパスは、ギリギリで何とかやっと取得。

余裕のない旅行出発前だった。

 

 

 24時間有効の「公共交通機関フリーパス」をまずここでゲット。

 

オランダは、水の豊富な国。4分の1は海抜0m以下だって。

国名の「ネーデルランド」は「低い土地」という意味らしい。

この国の歴史をちょっと読むと、いろんな変貌変遷が面白い。

 

 

 

自然と地名の理を逆利用して、今日のオランダ、アムステル

ダム築いたんだ。ユニークなアイデア、凄い力強さ・粘り強さ

を感じた。

 

 

世界は、神が作ったが、オランダは、オランダ人が作った」と

言うオランダ人。今回はホントに短い滞在だったけど、確かに

随所それを感じる。観光名所がありすぎ!!歴史が名所だ

 

 

事件後、ここの前は、「慰霊の花束」で 一杯になりました。

残念な残虐な航空事件が起きてしまいました。

 

 

お土産も買わないし、無駄使いはしないつもり。コイン

欲しかったのは、電車に乗るのに必要だから。紙幣使用

出来るカウンターは、渋滞すると聞いていたから。

さあて・・・電車でアムステルダム中央駅まで行く・・つもり。

 

 

この黄色のマシーンで、コインを使って、切符を購入。事前に

調べてわかっていたつもりだったが、買い方が分からなくて

やはり駅員に聞いた。この券売機は、紙幣は使えない。

さすが、いろんな国のいろんな人種が切符を買っていた。

分からないのは自分達だけのような心細い気になってくる。

 

 

 

 

今日の最大の失敗”は、空港から中央駅に向かっている

つもりの電車・・・確かめたはずなのに、全く反対方向の電車

乗ってしまったのだ。ダブルパンチだな。

女房は全くあてにならない。全部自分の責任だ。特急でしかも

気が付くのが遅かった。ホテルに着くのにずいぶん遅れてシモタ。

 

 

 

やっとアムステルダム中央駅に着いたが、外は雨でザーザー。

更にホテル着が遅れてしまった。 

オランダ・・・どこでもチューリップ。季節によるけど、普通は、

ほとんど種か球根だけを売っている。

 

 

確か、これは切符のバリデーション用だと思ったけど??

 

 

改札機が無くって、皆がここをスイスイ通ってゆく。

「信用乗車方式」を採用しています。今の日本じゃ出来ないね。

 

オランダ、アムステルダムのスキポール空港は20年前に、

フランスパリに住んでいる弟を訪ねて行く時に寄ったことが

あるけど、あまり覚えてない。待ち時間滞在だけだったから。

今回は2泊3日のみ。はたしていろいろ忘れて楽しめるか?

・・・・・・・続く。応援のクリックをお願いします。

  

 こんなブログでも、いつもお読み下さり、有り難うございます。 とりあえずは

これッポチクリ。ランキングに参加中。あなたのクリック大いなる励みです 

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ   

 Fc2の「南国マレーシア驚き桃の木どうする気ブログ

Fc2の「マレーシア発見再発見快傑ハリマオブログに」