B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

9、超穴場かも。高級ホテルよりいい安くて感動の自然喫茶店。

2013年10月31日 | 旅行

 

ウブドの街の外のエリアになるけど、散歩、カッポしてきた。徘徊では

ないよ。美味しい空気を食べられて満足!!詩人じゃないから、

うまく言えない。

着きました。ここです。感動の貸切リ喫茶店は。ちょっとの時間の

差で欧米人を出しぬいて、いい席を確保出来たんだぞ。

「KAFE KARSA」と言って、あっという間に、欧米人で満卓になった。

大体、ここまで足を延ばす日本人や中国、韓国人は少ないらしい。

コーヒーならぬ、椰子の実ジュースのお運び。

綺麗な花と美味しい空気、ライステラスが遠くにあり、池の中に鯉がいる。

優しい太陽、さわやかな風が、ガンガン入ってくる。いい場所に喫茶店を

作ったもんだと感心。奥には、「スパ」があって、営業中。

至福の時間というのはこういうのを言うのだろうか?感謝してます。

ボールペンを置いたのは、大きさを測るため。マレーシアと違って

コーヒーの量もおおらか。コーヒー(150円)は美味しいし、量も多い。

ホットジンジャーティー(100円)もこれまた美味しかった。

この左のスペースが、一個一個、貸切り部屋みたいなもんだ。

風通しが良さそうなのが分かるでしょ。

こんな喫茶店は、初めてだった。かなり感動した。こんなの

普通ヨと言われるかも知れないが、いいのです。この年になって

発見・感動することがあるというだけで、前に進めるんですから。

いつもお読み下さり、ありがとうございます。

あなたのクリックがあると、また大いなる励みになります。          

クアラルンプール情報ブログランキング参加用リンク一覧KOKOここ応援ポチくりです②③④別枠オープン

マレーシア情報ブログランキング参加用リンク一覧もう1ツ、体調?いい時、おヒマな時にドア・トントンしてみて下さい。

http://worldlive.jp/blog/?id=2437こちらも恐る恐る登録中なのでス。

http://blog.with2.net/link.php?1434523

 

 

 

 

="http://blog.bookstudio.com/i.php?i=30881&u=http://blog.bookstudio.com/" target="_blank"

<a href="http://blog.rankingnet.com/01/ranklink.cgi?id=moremore"><img src="http://img.rankingnet.com/01/blogranking80.gif" alt="ブログランキング" border="0">

 


こういうのって、日本でも売れるんだろうか?

2013年10月30日 | 日記

 

時々SS2に行く。ここは、いろんなお店が集まったちょっと古い

バラエティエリア。アップタウンとは別に、それなりに楽しいところ。

何度かブログにも登場した。ここの一角は、早朝から昼12時まで

毎日パサールが開かれている。

そこで出会った、こんな商品があった・・・「卵、ボイル器」だ。

その名も「 6Months warranty for Egg Boiler」。

あえて、6か月保証付きと謳っているところが面白い。

・・・もし、これが日本だったら、日本人は買うんだろうか?

アイデア商品と言えども、必要性と、値段、故障の問題だろうな~。

 

やり方は、卵の下の受け皿に、水を入れる。その上に玉子を並べる。

蓋をして、ボイルエッグだったら、何分、半熟だったら何分・・・というように

時間をタイマーセットする。ポイントは、簡単な説明紙をもらったが、カップの

水の量でそれぞれ調理に差が出るようだ。前に書いたように、メリットは

「蓋」による圧力と蒸気での調理だと思う。ご飯、1合も炊けるけど、いくら

1人暮らしでも、これを使って炊くかな~?炊かないよ。

 また、そのほかに、シュウマイや、野菜、飲茶の蒸しや保温などもありそう。

 面白いと思ったが・・・高いな~、1台RM50だって。

 う~ん、普通の固さのボイルエッグで100cc、6分。水の量が

心配・・かな、電気だし。

ならば、この前、自分が書いたここ記事の200ccの水で、鍋及び

フライパンで出来る固ゆで、半熟卵の作り方の方が安全かも

しれない。お金も必要ないしな。これは台湾製らしい。いずれに

せよ、買う買わないは別にしてこれはこれでアイデア商品だね。

考える人は考えるんだな~・・と思った。

いつもお読み下さり、ありがとうございます。

あなたのクリックがあると、また大いなる励みになります。          

クアラルンプール情報ブログランキング参加用リンク一覧KOKOここ応援ポチくりです②③④別枠オープン

マレーシア情報ブログランキング参加用リンク一覧もう1ツ、体調?いい時、おヒマな時にドア・トントンしてみて下さい。

http://worldlive.jp/blog/?id=2437こちらも恐る恐る登録中なのでス。

http://blog.with2.net/link.php?1434523

 

 

 

 

 

 

="http://blog.bookstudio.com/i.php?i=30881&u=http://blog.bookstudio.com/" target="_blank"

 

<a href="http://blog.rankingnet.com/01/ranklink.cgi?id=moremore"><img src="http://img.rankingnet.com/01/blogranking80.gif" alt="ブログランキング" border="0">

 

 

 


コーヒー1杯5,000円やはり無理・・かな2。

2013年10月29日 | 旅行

 

昨日に続いて・・・

使ったコーヒーカップはそんなに大きくない。でも小さくなかった。

下にいっぱい粉が残っている。自分は家でもコーヒーもココアも、

玄米茶などもこういう飲み方をするので、全然気にしないけど、

あの希少価値の、日本では高級ホテルでも1杯5000円もする

コーヒーの原型とも思えない。

一般的にも100人が100人、KopiLuwakのこと、美味しいよと言う

らしいけど、自分にはそういう見方が出来ない。しかし、かなり、

衝撃的な体験をさせていただいた・・これはホントでした。

アリガトウゴザイマス。

 

このコーヒー農園には、なぜか、デカいコウモリもいた。かなり大きい。

おっかなビックリ。バリではたまにこういう光景を見る。真近でこんなに

大きいのを見たのは初めて。ちょっと怖いぜよ。

頭に血が上らないのかね~、バットマン。

 

ジャコウネコと言っても、ジャコウネコ科のジャコウネコだ。ネコらしく

見えない。イタチに見えるし、タヌキにも見える。ハクビシンだって

ジャコウネコ科に属する。

 

 

 このネコさんのおかげで歴史からしても、今までどれほどの人間が

その恩恵に預かってきたことか・・などと、要らん考えが浮かんでくる。

ジャコウネコが体内でコーヒー豆を発酵させる。赤い実を食べ、固い

種は消化されず、排泄される。その中からコーヒー豆を取りだし、

キレイに洗浄して、天日干しにして、乾燥させる。

 

面白い、この動物が自分で勝手に自然にやっていることを、人間様が

発見して今や、世界で希少価値、販売価格100g5000円以上。日本

でも、高級ホテルで、一杯、5000円~8000円で出してるとか・・・・。

自分達には飲めないな~。 

調べていくと面白い話になる。大昔、当時の植民地での白人から

の作付けコーヒー収穫量を満たせず、出せないときに、ジャコウネコ

の「落し物」の中のコーヒー豆を洗って干して上納した時に、偶然

香りが違う、何かが違うということで、世界に広がって希少価値の

美味しいコーヒーとなったというではないか。

フィリピン産・・・「Kopi Luwak」 はフィリピン語で「Kape Alamid」

  カぺ・アラミドと呼ばれ、バリ産と同じ意味だ。Kopi Luwak

  より高い値で取引されてるらしい。

アメリカでは・・・Civet coffeeとかWeasel coffeeと呼ばれ、

  イタチコーヒーと言われてるらしいがイタチではないので、

  誤解がある。いろいろ経緯があって、タヌキコーヒーとも

  言われているところもあるらしい。

アフリカでは・・・猿によるモンキーコーヒーってのも存在するらしい。

台湾では・・・野生のタイワンザルが食べて種だけを吐き出したもの

  をコーヒーにしたものがあるとか。

タイでは・・・ゾウに実を食べさせ、その糞から出たタネでのブラック

  アイボリーという名のコーヒーもあるらしい。Kopi Luwak

  より、高額で取引されるらしい。 

こうやって見ると、コーヒーの実が動物の体内で消化生理代謝

される過程で分泌液とか酵素とかで特別な豆に変身するようだ

ということは確からしいね。いずれも希少価値という言葉が重い。

 

今回の旅行で、このコーヒーとの衝撃的な出会いはあったが、

べらぼうに高いお金を出してまで、日本では飲む気がしない。

考えても見てください、安い種類のLUWAKコーヒーを日本に

お土産で買っていって、これがかの有名な一杯5000円もする

コーヒーと同じ(種類)ですよ…とは言えないような。

「薄いと濃いがあるんですか?と言われそう。そして、

「濃いのを欲しかったな」と言われれば、あの時、「高いのを買って

くれば「良かったかな」と自問自答することに。「だって、お金が

足んなかった」だもん・・と後で悔やむのは・・いただけないしな~。

 

だって、バリの普通のスーパーマーケットや、お土産売り場に

LUWAKコーヒーがピンからキリまで安くも高くも売っているんだ。

どれを買おうか迷った。結局買わなかった。

個人的感想で聞き流してほしいけど、思うのは、香りが特にいい

とか、品質が特別だとか、美味しいから高いのではなく、希少価値

だから。ネームバリュー、ユニークな歴史などが折りなって出来た

・・・歴史に焙煎された・・・高価な夢のコーヒーになったからだと

思っている。自分はホントの純粋な美味しいKopi Luwakに

出会ってないからかもしれない。皆が美味しい美味しいという

中で、一人あまり・・という、これは危険だな。この辺でやめてこ。

 

いつもお読み下さり、ありがとうございます。

あなたのクリックがあると、また大いなる励みになります。          

クアラルンプール情報ブログランキング参加用リンク一覧KOKOここ応援ポチくりです②③④別枠オープン

マレーシア情報ブログランキング参加用リンク一覧もう1ツ、体調?いい時、おヒマな時にドア・トントンしてみて下さい。

http://worldlive.jp/blog/?id=2437こちらも恐る恐る登録中なのでス。

http://blog.with2.net/link.php?1434523

 

 

 

 

="http://blog.bookstudio.com/i.php?i=30881&u=http://blog.bookstudio.com/" target="_blank"

<a href="http://blog.rankingnet.com/01/ranklink.cgi?id=moremore"><img src="http://img.rankingnet.com/01/blogranking80.gif" alt="ブログランキング" border="0">

 

 


KL日本人会、恒例のチャリティーバザール。

2013年10月28日 | 日記

 

毎年この月になると催されるチャリティバザールが、今日10月

27日(日)がブキビンタンのプリンスホテルでありました。クアラ

ルンプール日本人会恒例の大事な行事の一つです。

大きいチャリティバザーは日本人会会館内1階とプリンスホテル

3階での2回あります。ホテルでの開催は2年前まではアンパンの

ニッコーホテルでした。

いつも入場参加させていただいて思うことは、クアラ

ルンプールに住む日本人の結束みたいな、共同作業の成果・発表

歴史の積み重ね、日系会社間の協力と多大な尽力などを感じます。

もちろん、盆踊りや正月新年会、墓参法要なども

そうです。毎回、ボランティアさんのご苦労もありますよね。

何よりも日本人が安心できるバザーであることは

間違いありません。

外人も沢山見えていた。自分もバザーの事を紹介したので、

マレー人夫婦やチャイニーズ友人知人が数人来てくれた。

妙に嬉しかった。だって、ローカルでは知る人ぞ知るで、まだ

一般には浸透してない。ある華人系友人が言うに、行きたいけど、

中々足が運べないらしい。・・・・・又来年もあるから…来て。

自分達は、あるテーブルのお手伝いでボランティアで今回も

参加させていただいた。昨日はその準備、今朝は4時間しか寝て

いない。でも、結果的に成功で良かった良かった。

 

いつもお読み下さり、ありがとうございます。

あなたのクリックがあると、また大いなる励みになります。          

クアラルンプール情報ブログランキング参加用リンク一覧KOKOここ応援ポチくりです②③④別枠オープン

マレーシア情報ブログランキング参加用リンク一覧もう1ツ、体調?いい時、おヒマな時にドア・トントンしてみて下さい。

http://worldlive.jp/blog/?id=2437こちらも恐る恐る登録中なのでス。

http://blog.with2.net/link.php?1434523

 

 

 

 

="http://blog.bookstudio.com/i.php?i=30881&u=http://blog.bookstudio.com/" target="_blank"

<a href="http://blog.rankingnet.com/01/ranklink.cgi?id=moremore"><img src="http://img.rankingnet.com/01/blogranking80.gif" alt="ブログランキング" border="0">

 


世界的有名なKOPI LUWAK、ネコ糞コーヒー。

2013年10月27日 | 旅行

 

「KOPI LUWAK」と書いて「コピ・ルアク」と一般的に書かれて

いるけど、実際の発音はマレー語と同じ「コピ・ルワッ」と言う方が、

自分としては耳にスッと入ってくる。

KLの「BANGSAR」という地名を、多くの日本人は「バングサ」と

発音するけど、実際は「バンサー」と言うことのほうが多い・・これと

同じです。「G」と「K」は呑み込まれるというか、発音が消えるんだ。

Wikipediaの出典によると、コピ・ルアクは、インドネシアではジャコ

ネコの糞から採れる未消化のコーヒー豆の事で、「コピ」はコーヒー

表し「ルアク」は「マレージャコウネコ」の現地での呼び名ということ。

 

観光客が行くというアート街道や、とあるコーヒー農園にも行って

来た。下の絵は・・・いや、絵ではない、実際に観光客用におばちゃんが

LUWAKの豆をじっくり、炒っているところの実演だった。

中国にもこういう「絵」ってあるよね・・・(だから絵じゃないってば)。

(このおばちゃん、仕事とはいえ、ほとんど動かないんだもん。

観光客のため、実演やっているからね、「仕事、仕事」)

 順番にその焙煎過程を見せているんだが・・・

 最後にはこのような粉になる・・・ということだね。

残念ながら、この器の種類の意味を、よく覚えてない。 

ジャコウネコが排泄したという運まみれの乾燥した状態の

コーヒー豆を、ビン詰めにしてあった。

 

この写真を見ると、すごく納得する。こういう、かりんとうみたいな

お菓子ってあるよね・・・(だから、やめて、これ、甘くないんだから、)。

それを、実際手に取って、見れるとは・・・。

ビンから出してもいいと許可もらう。「えっ、ほんと!」・・恐る恐る・・触った。

どうしてこんなにくっついているの?特別な「運の力」なのでしょうか。

 

 これがジャコウネコが餌にしているコーヒーの豆の赤い実だ。

これを喰ってアレが出てくる。

このジャングルのようなコーヒー農園で何匹くらいジャコウネコ

がいるの?と聞いてみた・・100匹位いるらしい・・が・・ホントか

どうか全く定かじゃない。一匹捕まえてきて、金の卵など・・無理かな。

この雰囲気あるテラスで”ネコちゃんウン子コーヒー”を飲むことに。

手前のテラスでは欧米人がやはり試飲していた。

インドネシアのこういうところのコーヒーは粉を漉さない。

ある意味、自然だ。・・・が、このKOPI LUWAKは、自分には、

あまり、感動的じゃなかった。観光客用だから香りも保存方法も

あまり良くないとは思ったが・・・ このことは明日に・・・・続く。

いつもお読み下さり、ありがとうございます。

あなたのクリックがあると、また大いなる励みになります。          

クアラルンプール情報ブログランキング参加用リンク一覧KOKOここ応援ポチくりです②③④別枠オープン

マレーシア情報ブログランキング参加用リンク一覧もう1ツ、体調?いい時、おヒマな時にドア・トントンしてみて下さい。

http://worldlive.jp/blog/?id=2437こちらも恐る恐る登録中なのでス。

http://blog.with2.net/link.php?1434523

 

 

 

 

 

="http://blog.bookstudio.com/i.php?i=30881&u=http://blog.bookstudio.com/" target="_blank"

<a href="http://blog.rankingnet.com/01/ranklink.cgi?id=moremore"><img src="http://img.rankingnet.com/01/blogranking80.gif" alt="ブログランキング" border="0">