B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

マレーシアで「生きる」「生かされる」。ただじゃぁ~転ばない写真集。

2018年06月06日 | 驚き日記2

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

        

 

  マレーシアで「生きる」「生かされる」。ただじゃぁ~転ばない写真集。

以下は、以前に撮った写真も登場すると思います・・ので、ご了承を。

タイトルに”死んでも生きる”と書くと「死」を嫌うので、出さなかった

けど 「今があるから=生が生かされる」と言う意味だ。モノも人間も、

歳とか、男女とか、人種とか、経験とか、関係なく生かされている。

 

生きるは=生かされる=生かされているは=今がある=生きている=

喜びがある。

 

 

 

ローカルが作った 長~い葉っぱでのクラフトですが、買った時は青々。

時間が経つとこれぞ死んでも生きる「ドライフラワー」も同じ生かされ方。

原地の葉っぱは、屋根になり、食事の皿になり、船になり帆になる。

 

・・・・・・・以前に、マレーシア人から教わって、作ってみた。

 

 

”オランアスリ”は、こういうクラフトも上手に造る。ブンブン部落

訪ねて行った時に、この素晴らしい「しおり」、つい買ってしまった。

 

トンカツ、「まめとん」にて・・・、特大エビが豪快に生きている。

 

・・でも、・・これは、「やめて!」・・生き返ってほしくない。

 

ペナンに行った時。いつ行っても、この店の、軒先は変わらない。

死んでも生きている・・生かされている。

 

 

・・・・仔豚さんは・・人に食べてもらうために、生かされる。

 

 

普通のチラシだけど・・・捨てないで、・・・生かされる。

 

 

これは自宅だけど。日本びいきのローカルのお店では、この「折り紙の箱」

を常時置いてある。フィッシュヘッドミーを食べて出る骨を客のテーブル

での「骨入れ」にしている。お客も店側も、ひと手間省けてちょうどいい。

普通のチラシだけど・・・捨てないで、・・・生かされる。

 

 

通常余ったら捨てられるいろんなチラシを使って、「鍋敷き」を作った

こともある。ローカルのバザーで出したけど・・あまり売れなかった。

 

「ダイソーの湯のみ茶わん」やいろんなものが、100均にこだわらず

‥・ローカルの普通のレストランでも使われている=生かされている。

 

大きいイチゴが売れなくって残っていた。下が少し傷んでいる。気に

ならない程度。買ってきて3分の一カットして「いちご大福」を作った。

 

この時は、わざと上方にイチゴを置き、最初の一口で、イチゴとの酸味、

甘みの存在感を出したつもり・・・捨てられそうだったイチゴを生かす。

(赤い点々があるのは、残りの一部のイチゴを刻んで混ぜたから)

 

 

・・・・・・・・牛乳の箱が・・帽子に変わった時。

 

「ドクターフィッシュ」は、人を助け、自分も食にありつける。

・・人は、それで癒される。・・汚い人ほど癒されるってか。

 

でも、このお馴染みの「蚊取りラケット」は、

・・・・「バドミントン・ラケット」の代用は出来なかった。

・・・・・・・・それぞれに生き方、生かされ方があるという事か。

・・・・・・・・・・・・だな。

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ   

*************************************

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« KLの「すき屋」より上かもし... | トップ |  超有名、JACKIE CHAN (ジャ... »
最近の画像もっと見る