B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

やっと10日間で「塩ジャケ」が完成した。風乾も終わり、最初はサーモン ステーキにしてみた。

2019年02月24日 | その他グルメ

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

        

 

 

やっと10日間で「塩ジャケ」が完成した。風乾も終わり、最初はサーモン

ステーキにしてみた。トラウトサーモンというけど、サーモンには変わらず、

日本の鮭とはまた違う意味合いになるけど、こうやって自宅で仕込んで

普通に食べられることは、幸せと思わなくてはなりますまい。

・・レストランで「サーモンステーキ」というと、かしこまっている割には、

サーモンに味が無く、ぱさぱさ感を喰う事になる。洋食は魚もソースが決め手

だが、日本的の場合、特に本体への味付けが重要になる。

 

塩サケを作るのにワタクシの場合塩漬けから始まり風乾を得て10日を要す。

その10日が過ぎたのでカットして早速サーモンステーキと相成る。今回は

4.76㎏全長74.3㎝と大きい。


 

 

頭としっぽを取り、刺身にもする。頭類は冷凍するので後で料理考えよう。

 
 
いつものように「岩塩」使用。
 
 
 
 
 
今までは古着のTシャツを使用したが「布のさらし」が棚の奥から出てきた。
 
 
 
塩漬けにしないところは刺身で食べた。・・・ジントニックがお供。
 
 
 
 
 
プロには笑われるかもです。脂が乗っていて中々美味しいサーモンの刺身

でした。このサイコロ切り、スタッフドオリーブが憎いね。

・・老い光った(美味しかった)ですよ~~~。
 

さて、風乾を終えたサーモンです。 まだ旨味が熟成中です。

 

 

どの包丁で切ろうかと・・牛刀よりやっぱり出刃になった。牛刀は切り

やすいとはいえ、筒切りでは中骨はやっぱり固いもんな。

しゃり、、出刃の出番。

 

 

 

上と☟下の写真は同じ下がフラッシュを焚いたもの、赤身が濃厚に写る。

 

冷凍前のサーモン群達。・・・・この後、ジップロックで「冬眠」です。

 

サーモン端っこは風乾ですから固く形も悪い。今晩はそこから食べましょう。

 

あり合わせのもので、盛ったけど。・・当家は食材の種類があまりない。

  

 

 

 

という事で、サーモンの刺身、自家製の塩シャケステーキのお話でした。

薄い塩漬け味のサーモンステーキは、パサパサ味には、なりません。

しっとり熟成を感じます。・・・美味しかった・‥ありがとう。

 

 

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ    

*************************************

この記事についてブログを書く
« パブリカで「Meat The Porker... | トップ | クアラルンプールで生きる、3... »
最近の画像もっと見る