B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

ベトナムの旅:火を噴くドラゴンブリッジの5分前までの記録。KL出発から。

2019年12月27日 | 旅行

  にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

        

 

(この記事が抜けてしまっていたので、追加で載せることにします)  

ベトナムの旅、:火を噴くドラゴンブリッジの5分前までの記録。KL出発から。

ベトナムは今まで、ホーチミン2回、フエとホイアン、そしてダナン

に行った。日本人とは2回あとはマレーシア人70人のバス旅行だった。

今回はそのローカルとの団体旅行で行けなかったダナンの細かい場所

に夫婦2人で行って来た記録です。

 

エアアジア航空利用で、2人で25㎏バッグ1個と各自7kg以内の

リュックサックの旅。13時35分KL発で、ダナン着は15時15分。

空港でタクシーを拾うが最初から失敗した。グラブが普及していて、

ウーバーは無いのに、ウーバーあると思ってウーバーと名乗る

若い兄ちゃんの車に乗ったはいいが、多くのお金を払ってしまった。

それを彼は知っていながらそのまま受け取ったのだ。だから騙され

たのか、こっちがいけなかったのか、ベトナムのお金の単位は

ゼロがいっぱい、何十万ドンなので、リンギと円の換算で頭がクル

クル、多めに払ってしまった。・・・彼は急発進で逃げ去った。

 

ホテルは「Agoda」で取得。泊まるだけなので安宿で充分。主要な

場所に歩いていけるホテルを選んだ、これは正解。でも、部屋には

お湯のポットは無いし、シャワーお湯はぬるいし、もちろん朝食は

つかない。近くでモーニングを食べることで問題なしと考えたが。

 

1時間休憩し、最初のお目当ての「ドラゴン・ブリッジ」に期待が。

敢えてダナン到着を土曜日の昼過ぎにした、ドラゴンが火を噴く時間

は毎週(土)と(日)の夜の9時からと決まっているからだ。

 

 では、時系列に写真で行きまっせ・・・・・

LCCのKLの空港ターミナルで、ランチを食べた。

相変わらず、凄まじい「広東麺」だ。

・・マレー、カンポン、とことん、カントン麺、見納めだぁ~

・・アンポンタンにはなりたくない。

 

これが「ダナン空港」。これからイミグレになるので、この先、

完全撮影禁止かな。 ダナン国際空港は2017年に大幅な改装完成

とにかく新しさが目立つ。

 

空港を出ると、すぐに両替所が数軒ある。マレーシアでは8000円

くらいの両替だったがここでは2万円分両替。他の国もそうだけど、

いつもはマレーシアで少しだけ両替して、あとは街場でと思うけど

凄い大金を両替するわけじゃないので、ちょっとレートが悪くても

問題なし、空港で安心して両替をしている。

 

両替の後、うそのウーバー配車を名乗るお兄ちゃんにかなりの余分の

お金を渡してしまった失敗が起きる。

・・で、ホテルでチェックインして、歩いてすぐ4分にある有名な

「ハン市場」に見学に行く。買い物は明日にでも。ホテルすぐだから

いつでもOK。

ベトナム在住の人には分るでしょうけど、ドリアンの産地銘柄を

聞くのを忘れた。美味しいのかな・・

これが「ハン市場」。ちょっと離れたところに「コン市場」がある。

「フォー・ボー」と「ミー・クアン」を食べた。

あっさりして健康っぽく感じる。

 

時間があったので有名な「ダナン大聖堂」に行く。だってハン市場、

この大聖堂、大きな両替所など、、徒歩10分圏内のホテルだから。

 

そういえば、橋に向かう途中何やら男が集まっている。花より男子

こうやって、ヒマな男たちが、ゲームというか、バクチというか、

 

・・下のこれは列記とした、ちゃんとした集会ですね。木の下に

これほどの人が集まれるなんてこの木の大きさが凄い。

(珍しい写真です・・この写真は、ローカルからwhatsAppで)

 

さて、夜9時ドラゴンが火を噴くという「ドラゴン・ブリッジ」に

向かって。  心の準備は  ・・アーユーレディ。

 

ベトナムの旅・・2回目に続く、 

 

 

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ    

*************************************

この記事についてブログを書く
« 日の出、日の入り、特に夜空... | トップ | NO4:ベトナム・ダナン:夜店... »
最新の画像もっと見る