B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

11、(前編)ラーメンのブッフェ・岩砂絵画への衝撃感動の巻

2019年04月14日 | 旅行

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

        

 

  

11、(前編)ラーメンのブッフェ・岩砂絵画への衝撃感動の巻

 

ここは「張家界軍聲書院」で砂石絵画の創始者の美術館らしい。はじめは

興味は無かったが、最初の絵を見て更に2階の作品を見たら、もう引き

下がれなくなって感動。絵画の不思議な世界にスッと引き込まれた感じ。

古ブルしい、ツタの生えた風情のある建物が美術館。古い感じで重々しい

雰囲気あり。「李 軍 聲」という画家だ。「砂と石と木の枝と油絵」で

絵を描く。その魅惑的、牧歌的な画法に、はまってしまった。

 

1階にある大きなこの有名な額の絵と、もう1枚の窓の遠くに見える吸い

こまれるような牧歌的な神秘的な画、この2枚しか撮影許可されてない。

大きな川から流れ落ちる様は力強く、壮大で、岩をも砕く、いや岩石も

流れてくるかのような描写だから凄い。


2階の展示室にはもっと素晴らしい画があった。画家の画の紹介本を欲し

かったが、ショーケースカギを持っている担当者がランチで出かけてい

買えない。せっかくなのに買えないぞ。やっぱりここは中国なんだ

この荒々しい力強いタッチは尋常ではない。岩と砂と枝と油絵で描く。 

窓の向こうまで、観る人の心を引き込ませる凄い迫力を秘めてあり「木枠

の窓も傘も画の一部」に。この思考と志向には驚いた。

 

ここは「張家界軍聲書院」の砂石絵画の創始者の美術館らしい。

 

 

 古い感じで、重々しい雰囲気あり。

 

「李 軍 聲」という画家だ。「砂と石と木の枝と油絵」で絵を描く。

 

この荒々しい力強いタッチは尋常ではない。

 

これはその絵の一部をアップしたもの。岩と砂と枝と油絵で描く・・・

 

窓の向こう牧歌的で神秘的な世界に引き込まれる凄い迫力があり。

 

さて、ランチです。

ランチはラーメンブッフェだと聞いたが、果たしてどんなものか興味津々。

土鍋でぐつぐつ。かなりコシがあるらしく8分以上煮ている。これがお替り

自由と言うが、簡単に追加も出来ない。煮えるまで時間がかかりすぎだし。

 

従業員が程よい時を見計らって、盛ってくれる。他の料理はマレーシアの

中国レストランと似ているから、あまり感動は無い。大きなキノコを裂いて

揚げたもの。あぶってあり、食感は良かった。松茸ならいいのに。中国でも

チキンライス、味付けはやっぱりマレーシアの方がずっと上だと思っちゃう。

 

私達9人グループで1テーブル鍋。ラーメンスープがもう少し美味しければ

いいのに、私達だけじゃなく、ローカルマレーシア人的感覚も同じだった。

 

ラーメンブッフェと言われたが、煮えるまでかなりの時間。麺の追加無し。

というより、誰も追加麺を食べようとしないからだ・・・さもありなん。

 

従業員が見計らって、盛ってくれる。

 

私達9人グループで、1テーブル鍋を囲む


街のバイクの様子など、記事は、次回、後編へと続きます。

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ    

*************************************

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« レストランのお持ち帰りスー... | トップ | Ampang地区アンパンにて発見... »
最近の画像もっと見る