B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

「Papasan Canteen 食堂」という和洋折衷、和馬折衷、日本のお店:クチャイ・ラマ:かなり気に入った。

2020年07月18日 | グルメ

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

「Papasan Canteen 食堂」という和洋折衷、和馬折衷、日本の

お店:クチャイ・ラマ
:かなり気に入った。

タマンデサに久しぶりに行くと、当たり前の風情の中で、色々

変化があり発見再発見がある。タマンデサに住んでいらっしゃる

方には当たり前でしょうけどタマンデサでの私達のに日本人友人

は日本に本帰国だったり、この街も遠のいてしまう。ただ昔の

知り合いから連絡があると、また行くことになる。不思議な街。

 

今日のお店は、タマンデサというより、クチャイラマのビジネス

セントレの一角。この場所は奥に学校があり、登校下校時間には

3重4重の駐停車で、もう大変混雑するところ。

今回、平日の午前12時前に行ったけど、やはり、駐車場確保が

99%無理。1%で何とか止められた。パーキング探しここは地獄。

 

去年の6月にオープンしたと聞いたけど、かなりオーナーの思い

入れのあるレストランで、和洋折衷というか、ビーガン的料理、

完全な創作料理もあり、ふとかなり共感するメニューもあった。

 

これはオムカレー・・唐揚げ付き・・ボリューム付き・・・・

 

日本のカレーライスだが、真ん中の玉子焼きに覆われた中身はご飯

周りのカレーソース・・その周りにカリカリサクサクの鶏の唐揚げ

が4~5個あり、ボリュームが半端ないっす。

 

ちなみに下の写真は、ワタクシのビーガン料理風カレーライス風

フュ―ジャン料理。すぐ下の2枚と3枚目は、ドミソースの変形で

真ん中に十穀米おにぎり。

玉子焼きを乗せようかと思ったりしてしていた。素人のワタクシが

家で作ったものだけど、似ているので、嬉しくなった。

 

(注:これはPapasanのメニューじゃありません)

(注:これはPapasanのメニューじゃありません)

(注:これはPapasanのメニューじゃありません)

 

店内は、日本風に仕上げられ、マレーシア人には好みのはず・・・

 

 

 

店内は広くびっくりしたのは12時お昼、スタッフが最低12人いた。

奥の厨房にもいるみたいだった。日本のサービス精神が行き届いて

おり、勿論新コロ対策も十分だし、お客のマスクはそれぞれ個別の

小さな袋が用意されており客が帰った後はその都度テーブルも消毒。

取り皿は温かいし、帰りには外の手洗いもどうですかと勧められる。

オーナーの気遣いが感じられる。

 

これ、各人お客用のマスク入れ袋。テーブルに直接置かせないため

「月光牛肉飯」・・ネーミングが、いいじゃないですか・・・

 

これが「オムカレーライス」です・・かなりのボリュームあり。

これは奥さん注文の「タレ付き丼」

これも結構美味しかった・・・・・・・・・

 

最初はコレを注文「ドリアン・カルボナーラ」品切れで食べられず

シーフードスパイシーラーメン・・もある。うどん・・もある。

 

 

しばらくの間、営業時間は下記のように変更。

駐車場確保が大変だけど、リピートありのお店としてメモしておこ

 

「Papasan Canteen 食堂」
18-G, Jalan 2/114, Off, Jalan Kuchai Lama, Kuchai Business
Centre,58200 Kuala Lumpur
 
営業は水曜定休で他の日は12:00~15:00  17:30~21:00
 
ボリュームありの、面白いメニューあり、ありあり食堂でした。

  

 

 

有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

        

*************************************

この記事についてブログを書く
« 綺麗な女性、アーティスト・... | トップ | まるで、黒覆面の「キャット... »
最新の画像もっと見る