B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

ある歩道での奇跡。ムスリムさん達もヒンドゥー教の方達もキリスト教の方達も、皆で共通の国の祝日を享受する。

2019年01月04日 | 動画・・Youtubeなど

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

        

 

  

ある歩道での奇跡。ムスリムさん達もヒンドゥー教の方達も、 

キリスト教の方達も、皆で共通の国の祝日を享受する。 


マレーシアは多民族国家ゆえ、宗教もそれぞれあるんですねぇ。

マレーシアの国教がイスラム教とはいえ、1宗教一辺倒と違って

独裁的じゃなく、民主主義国家ゆえに、我々もこの国に安心して

住んでいられるのだと思うと、感謝です。

 

そういう中で、やはり貧富の差があり、民族間でも差別が存在

するのは否めない。アメリカだって社会主義国家だって同じこと。

現実的な平等なんて無い。

 

今日のYoutubeは、「OCK TV」での制作が元みたいだ。

仕掛け人、数名のホームレスへのAttemptで構成されている。

TVだから、最初の仕掛けはあるんだろうけど、結果は誰にも

分からないことがあるはず。そこから真実が見えてくることも

ある。今日のがソレかもしれない。

 

最後のホームレスの涙は、感じ入るものがあった。クリスマス

商業ベースのまっただの中だからこそ、本来のお祝いの趣旨は

忘れ去られている気がする。

人間平等、偏見無し、助け合い、<”お互いへの感謝”>だろうなぁ。

 

私的なことで恐縮・・・クアラルンプールで、ホームレスの人達に、

ボランティアで、ご飯などを作るお手伝いをしていた事もあり、

感じ入るものがあった。クリスマスイブだから・・感傷的さ・そりゃ。

 

ただそれだけですが、自分達がマレーシア人と協力して毎回

作った150人以上のホームレスの人達の中で、涙を流す人は

一人もいない。

 

お昼の11時に門が開き、ぞろぞろ入ってくる。皆自分の名前を

書き、食事出来るまで待っている。ソヤビーンやお茶などの

ドリンク出て、腹をすかして待っている者がほとんどだが、

洗濯する者もいる。・・・が、

 

毎回やってくる人たちがいるが、施しを受けることに慣れ一時的

にもこの環境を与えれたのが、当然のように思っているかも

しれない。  ・・・感謝も・・何も感じてないかもしれない。

それでも私達は見返りは求めないし、それでも良しと思っている。

 

だから、今日のYoutubeように、通りすがりで、ピザを

食べれる事は、中々あり得ない事。(TV局の番組の策略は今回無視)

 

私達の施設で、黙って涙を流すホームレスが150人中に

1人でもいるとしたら、自分はその人に逆に涙するでしょう。

「アリガトウ」ってね。

 

今日の彼が他のホームレスと違って、感謝の気持ちが失われていない事、

自分がされたことを無意識の中で、同じ事を人にもやってあげた事

がポイントなんですねぇ・・・(お金はその後に付いてくるもの)

 

 

 

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ    

*************************************

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 突然ですが、もう正月ですが... | トップ | 十条でエスニック料理「肉骨... »
最近の画像もっと見る