B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

あの炭のような真っ黒な卵を経験。「TELUR MASIN」は辞書で調べたらマレー語でTelurは卵、Masinは塩けの事。

2018年07月07日 | グルメ

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

        

 

 

 あの炭のような真っ黒な卵を経験。

「TELUR  MASIN」は辞書で調べたらマレー語でTelurは卵、Masinは塩けの事。

 「TELUR  MASIN」は辞書で調べたらマレー語でTelurは卵、Masinは

塩味の事。あの真っ黒な卵。ススっぽい、炭っぽい色。日本人で好きな人が

いるかどうか分かりませんが、最初見たとき凄い衝撃でした。

主に「アヒルの卵」ですが、鶏の卵でも作ります。卵の塩漬けですが、

、、、、、、、いや~しょっぴ㋑あ、なこと・・・・しょっぱいです!

 

よく中国料理関係などのオードブルで出てきます。下のように、ポリッジ

にも塩味のピータンとして2種類。

 

 

 

これが、真っ黒なアヒルの卵の塩漬けです。

 

今回は、市場じゃなくスーパーで買ってみた。今までで2度目かな。

・・・・・・・1度目が7年前、、、、記憶薄いので今回に至る。 

 

SM購入で、市場じゃないから、上品に1個1個ビニールのフィルムに

包まれている。

 

水で洗うと卵の殻が出現する。こうなるとまるでゴマのおはぎみたいだ。

へたくそな、海苔巻きおにぎりみたいだし、、、、、。

 

割ると白身はだらしないけど黄身がスゴイ。まるで輝く「ほうずき」のようだ。

 

外側の黒い部分を洗い流すとこうなる、、通常は、これをボイルする。 

 

黄身がスゴイのは、殻付きの卵と一緒に黄身のままボイルしたのに、

崩れることなく最後まで黄身のまま。卵焼きにしても黄身だけは丈夫。

 

鶏肉の生姜焼きに添えてみた。卵は試しにボイルしただけだが、殻を

はがすのに苦労した。普通のゆで卵より、殻を剥くのがかなり難しい。


でしょ、一見「へたくそなゆで卵」と思うでしょ・・そうなんです下手くそ。 

皮と白身がどうしても、くっ付く。

 

それでも「君」は頑張っている。。。。。「黄身」は頑張っている。

 

どうしてもこの黒い正体を知りたかった。

多分、「塩と、炭と、砂のミックス」で??卵を包むんだと思うが。

かなりしょっぱいのでチャーハンに入れたり野菜炒めに使ったりかな。

 

 

 

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ    

*************************************

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« KLでも「SUNWAY GEO AVENUE... | トップ | 3回万歳、美味しい骨付きスペ... »
最近の画像もっと見る