B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

ペナンでニョニャ体験。アリババ45人と「時事馬場35人」、造語ですが。

2018年09月14日 | マレー料理

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

        

 

  

ペナンでニョニャ体験。アリババ45人と「時事馬場35人」、造語です。

ジジババ35人とはKLマレーシア人たちとの混合バス旅行の人数が35人。

もっとも日本人は私たち2人だけ。きょうはニョニャ料理について考察。

ニョニャは、奥様という意味で、中国語では「娘惹」。同じ発音らしい。


アリババ45人の盗賊じゃなくってジジババ35人の善人マレーシアンと

一緒のバス巡り記の思い出し記録です。

 

前にも書いたように、KLに住んでいるマレーシア人でペナンの事をよく

知っている方達がいる。どうして?と聞くと、親、兄弟がペナンに住んで

いたり、自分の妻、又は夫がペナン出身だったり、自分自身がペナンで

子供のころ育ったり・・・とにかく現地の人なんだから、そりゃ詳しい。

 

同じマレーシアの国なので、日本でいえば東京と大阪を行き来する感じで

幾度かミニ旅をしているとか当然ですよね、マレーシア人もいろいろです。

 

そういう中で、彼らが企画した時事馬場バスツアーに我々日本人2人の

便乗旅行だ。襲わことはない?皆優しい多民族マレーシア人だもの。

自分達も”多民族”の一部と割り切って行くのです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちなみに、なんで造語の「時事」「馬場」を言いたくなったか?「時事」は

「男」だ。歳取っても、男の目は世界に向けられていたり、今の社会情勢

時事が気になるよね。男っていくつになっても夢を見たり先を見ようとする。

 

「馬場」「女」だ。歳取っても、男をさておいて馬のように走り去ってゆく

人がいたり縁の下の力持ちがいたりする。「場」というのは、キッチンだったり、

場所だ。女は、目に見える現実事柄に目がゆく。女性は現実主義だからね。

そんなニュアンスで思いついた・・・自分では、初めての造語です。

(・・・・・・つまらないですよね、、、忘れてください)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここは、たぶん、とっておきのお店だったのではないかと思った。ニョニャ

料理の店に連れて行ってくれた。35人が一度に入れてしまう。予約して

あったみたい。 普通の民家のような作りの店舗だ。店頭に車が3重駐車、

入り口が見えない。

 

 

ここでディナーだ。はっきり言ってすべてが美味い。

 

ニョニャ料理はKLでも、もちろん食べられるけど、プラナカンの歴史

からしてもシンガポール、マラッカとこのペナンのニョニャ料理・・

・・・素朴な中に重みあり。

 

 

 

 

 

 

 

ニョニャ料理は、マレー人の文化と中国人の血縁関係の融合と共に文化も

融合して、その中で、マラッカやペナンで生まれた中国系の主婦が作る

両国の混合した料理だ。

 

例えば、特徴は、普通、マレー人はサテーというと、チキン(&マトン)

しか使わないが、ニョニャ料理となると、混合ゆえ、サテーに豚肉

(マレー語で豚をバビという)を使った「サテーバビ」などは一番はっきり

融合料理したものだと思う。

 (店内はキレイ。壁にはプラナカン、ニョニャ文化の歴史が感じられる)

 

 

ペナン料理が美味しいといわれる由縁だね。思うにこの名刺、デザイン・

文字・配置・色・すべて最高だ。こういうの好きですここ美味しかった。

 


 ・・・・・思い出し記事だから、今現在、あるのかな。

「MAMA'S  NYONYA CUISINE」

月曜日定休。31-D,Abu Siti Lane, 10400 Penang.

 

 

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ    

*************************************

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 世界の救急車が道路をどのよ... | トップ | 「NONA」と「スペインハニー... »
最近の画像もっと見る