B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

「イーサン=魚生」で盛り上がりました。2か月前に誘われ予約。 ローカルと21人、

2020年02月11日 | 驚き日記2

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

        

 

「イーサン=魚生」で盛り上がりました。2か月前に誘われ予約。

ローカルと21人、チャイニーズ・ニュー・イヤーでの出来事でした。

ここは有名なユニーク奇怪海鮮レストラン系列のある店・・・

こうやって、新鮮魚を水槽から取り出しては、厨房へ”移送”です。

ちなみに約20~30人の個室はこんな感じで。このほか数部屋あった

けど、お客がすでにいたので写せない。

私達21人部屋はここになった。

矢張りこの時期ですから「魚生」イーサンですよね。長い箸ヨイショ

高く盛り上がり、ぐちゃぐちゃ、健康幸せお金ふれふれ・ワイワイ、

頑張れ成功、、お願いデ~ス・・でした。

さあ、、、良し・いくぞう・・・吉幾三

 

 

あとはみんなで小皿に取り合い、こんな感じでぐっちゃぐちゃです。

さて、30分は何も出てこず歓談です。英語の勉強??で必死です。

時系列ですが、最初のふかひれスープから始まり、鶏の漢方煮。

結構骨までOKなのはなかなかいい、上手だ。味もまあまあ。

この料理好き。一匹素揚げ、甘辛いソースで絡める。小骨までOK。

自分も素人ながら、自宅でやったことがある。油の火の強さが違う。

 

 

ここではスタッフが一旦魚を改造? 食べやすいように捌いてから

ターンテーブルに出す。改変?したのに見た目はそう感じないね。

普通は、お客が自分たち勝手に、適当に小分けするんだが。

・・・蝦は新鮮だった。ぷりぷりだし、身がしっかりしている。

マレーシアに来て最初にローカルに連れていってもらったレストラン

では「酔っ払いエビ」を思い出す。客の見ている前で、生きてる

エビを紹興酒に浸しフタをする。するとバタバタ暴れるんだ。

エビちゃんを酔っぱらわせて、その間に料理しちゃおうって寸法。

 

新鮮なエビはこうなるのか? 普通よりちょっと赤色が強いけど?

定番キノコ料理。大きなシイタケがあまりに肉厚であまりに柔らかい。

モチ米と、2種のソーセージ、ダッグとチキン入りのこの料理は

葉っぱで蒸し焼きもあるけど、これ味が濃かったけど美味しかった。

最後は甘いスープとデザートお菓子。

最後に「アンパオ」いただいた・・中身無し だよ、袋だけ!

去年は何かと忙しく、この中国古代体操クラブ(ジジババの集まり)

のローカルとの交流にも中々参加できなかった。

今年2020年は日本への帰国?問題?もあり、他色々あり、身体の

不調もあり、先が見えないまま不安ではあるけれど、マレーシア

好きなので、何とかしがみつこうかなと・・・・・

 

別のローカルグループ全部で約80人との、べトナムハノイ旅行は

そろそろです。クリスマスから、日本の正月、すぐCNYの

中国旧正月って、今回は大変あわただしかったですね。

今年もよろしくでッす。

 

水上人家「PANTAI  SEAFOOD」

Lot13575,Jalan Cempaka PJU 6A,Kg.Sg.Ara, 47400 PJ 

 

  

 

 

 

有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ          

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ    

*********************************

この記事についてブログを書く
« 経済飯=ミックスライス万歳... | トップ | 人気の店:デサ・スリに、遅... »
最新の画像もっと見る