B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

2,心高鳴る中国の旅。ドア無しトイレ体験あり。「桂林地方」もいいけど 「Zhangjiajie渓谷」が最高の巻

2019年02月03日 | 動画・・Youtubeなど

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

        

 

  

2、心高鳴る中国の旅。ドア無しトイレ体験あり。「桂林地方」もいいけど

「Zhangjiajie渓谷」が最高の巻


ローカルと一緒に中国の旅へ行く話が来た時すぐ想像したのが「中国は田舎

に行くとトイレのドアが無いんだって」だった。それも経験した。しっかり

人に見られたぞ。だが楽しい経験になったことは確かだ。「日本のパスポート

は強い」とマレーシア人に言われた。日本人は中国行きのビザ必要ないって

を知らなかった。中国がビザなしを認めている国は世界でも3か国らしいぞ。

その中の1つが日本だ。日本人は観光15日間以内ならビザなし(=ビザ免除)で

中国滞在できる。マレーシアから行った場合もそれが適用される。それって

日本人喜んでいいのか?気軽に来て外貨を落として行って欲しいのは分かるが、

主に経済的な理由か日中関係が良好な時に決めた政策らしい。でも規定が設け

られ15日未満の滞在であっても、その規定の該当では、取得が必要。


中国人気観光地の「桂林地方」もいいらしいね。ここも誘われたら、コロッ

と行くことを決定したかも。今回は「 中国Zhangjiajieの旅」だ。発音

しにくいな「ツァンヅィァジィエ」。いかにも中国らしい。

マレーシア人友人夫婦とビザを取りに行くので一緒にアンパン近くの旅行

会社まで行こうと言われ同行。彼らはパスポートを預けられたり、後日ビザ

スタンプの押されたマレーシアン・パスポートを取りに行くという2重手間

だった。マレーシア在住の日本人としてちょっとだけ優越感を感じた。と

いうより、ビザ代金は必要無かったし、またわざわざ取りに行かなくても

いいから助かったというわけです。

 

この旅行会社には、日本行きの観光パンフレットが置いてあった。こういう

ところでコテコテの英語版・中国語版・マレー語版を見ると、日本の紹介が

妙に嬉しく感じるから不思議だ。

 

一方で悔しい思いも。そのマレーシア人から最初「ビザが必要なので中国用

サイズ、背景白で、眼鏡無し写真とパスポートコピーとビザ代金を用意して

おいて」と言われていたからだ。写真屋で金払って作ったけど必要なかった。

2人分無駄だった。あわてんぼうな外国人の私達の心配をしてくれた親切な

マレーシア友人ご夫婦、責めるわけにはいかない。有難いと思わねばなぁ。

 

また中国行きビザ申請のため、ネットで書式を引っ張り記入。旅行会社

まで行き4枚書類を書いて準備。日本の家族の緊急リスト詳細情報までの

欄もある。結果、これ等書類は1枚も要らなかったのだ。日本万歳、偉い!

と思ったものだ。ちなみに中国入国ビザ申請のための顔写真は「眼鏡を

取った顔」が必至らしい。だから眼鏡かけた写真を日頃余分に持っていても

新たに撮らねばならない。

 

マレーシア人友人の中国入国「ビザスタンプ」が押されて戻ってきた

パスポートを見た。MM2Hみたいに1枚ページの大きいスタンプだ。

確かインドネシア入国も半ページ1枚使うよね。私たちは期限が切れて、

新しいパスポート更新、去年マレーシアビザMM2Hも更新したので、

同じような大きさのスタンプあり。これって何かと安心。中国入国での

ビザ申請、緩和多しのその中の日本、「こりゃ有難いなぁ」と思った。

 

後に書くけどこの旅の最中に大失敗が3つもあり「穴があったら入りたい」

という経験もした。中国の「ドア無し丸見えトイレの穴へは入りたくない」

のに「紙吹き?運賃具スタイル」をモロに見られたという経験もした。

まァ人間、皆、一緒、人類兄弟、家族と思えばいい・・かな(無理がある)。

 

言い忘れた。気に入ったホテルがある。ウェルカム・ドリンクやフルーツ

はいらない。部屋に入り、ベッドでさりげなく素朴に挨拶してくれたウサギ

さんがいた。白いタオルで作った「Welcomeウサギ」さんだ。手書きの

メモ書きがあり、「Welcome to our hotel the new couple! 

Wish you havea pleasant time here!」だってさ。アリガトゴザイマス。

そんなわけで「中国Zhangjiajie」の旅日記2回目が今日も始まってます。

 

以下は、上記の旅の写真集です。

人気の「桂林地方」もいいらしいね。ここも誘われたら、コロッ決定したかも。

ケイリン(桂林)イメージ

(画像出典元:地球の歩き方)

 

ローカル旅行会社の日本行きの観光パンフレット妙に嬉しく感じるから不思議だ。

 

例えば京都奈良


合掌造りの里

 

秋色、北海道の中部の旅は人気らしい

 

大阪、かに道楽だって・・

 

お世話になったKLのローカルの旅行会社。

 

パスポートサイズもビザも1人RM26から

 

中国入国ビザ申請のための顔写真は「眼鏡を取った顔」が必至

 

日本人はこのビザ申請書4枚必要なし。観光15日以内なら。有難たやぁ~。

 

マレーシア人の中国入国ビザスタンプ。MM2Hみたいに大きいビザスタンプ

(個人情報は、ぼかしてます)

 

 

ビザMM2H更新したので何かと安心。日本のパスポート強い。有難いなぁ。

 


エアアジアで中国へ。機内食。



まるでシーズーかヨークシャーテリアみたいだ。白髪頭の女性マレーシア人仲間。


中国紙幣ウソみたいに、ここ数年でかなりの貨幣価値の変動あり。


中国空港に着いたぞ。黒に白と黄色の表示、、中国、ちゃんとしてるじゃん。


やっぱり、初めての中国にビンビン感じる

 

ホテル内の国旗、これじゃ分からん知らない国ばかり。

 

ここのホテルは気に入った。さりげなく素朴に挨拶してくれるウサギさんがいたから。

 なにやら、お手紙をくわえてる・・・・

とにかく、可愛い。白うさぎ。 

 

白いタオルで作った「Welcomeウサギ」さんだ。アリガトございます。

 

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ    

*************************************

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« バーチャル体験って、どんど... | トップ | 素人男の料理:「黒ニンニク... »
最近の画像もっと見る