B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

「六古走地鸡」田舎の掘っ立て小屋のお店のカンポンチキン。お持ち帰りで男の素人料理。

2020年02月01日 | 全般マレーシア料理(後日追加)

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

        

 

田舎の掘っ立て小屋のお店のカンポンチキン。お持ち帰りで男の素人料理。

昨日は、チェラス奥にある「カンポンチキンの六古走地鸡」という

池のあるレストランにローカルと行ってきて雰囲気には感動したが、

チキンにはいまいちの思いがあったので、それを払拭する意味も

あって、

 

お持ち帰りのチキンを、家でどう処理、料理しようかと案を練った

けど、アイデアは浮かばなかった。だって、いっぱしに有名なお店の

「カンポンチキン」ですから無下にはアレンジしたくありません。

 

ここではゆったりとした時間と空間が、心を落ち着かせてくれます。

令和元日です・・(今日のブログ投稿、日にち遅れてますが)

天井の穴が埋まってません・・・ここから多分、雨が漏るはず。

詳細は、昨日書いたので、、、、

これは予約注文しておいたここの有名チキンです。同行のローカル

達も、その半数は、生又はこの調理済みのチキンを予約してます。

 

(・・割りばしの長さで、パックの大きさを想像・・)

 

どのように家でアレンジ調整しようかな。だって普通に食べたら

同じものを2回食うだけで、つまらないからね。レンジで温めたら

更に固くなるしね・・・

 

はは~ん、分かりました。シンプル is  ザ・ベスト・・ですね。

素人ながら簡単です。身を綺麗にほぐすには、日頃からやっている

ことをすればいい。つまり圧力鍋に入れて、もう一度煮るんです。

既に火が入ってますから、圧は少なめですが、結果的に口の中で

綺麗に身をほぐせて美味しいものが出来上がりました。

 

マレーシアのチキンの多くは、通常、中華包丁でガッツンガッツン、

骨のぶつ切りですから細かい粉砕骨が気になります。それさえ気を

付けてチュバチュバすればいいわけで、今回も、これほど簡単で、

時短で、無駄のない方法は、ない、だろう、、という結論。

 

付録で付いていた「おろししょうが」と「チキンオイル」を投入。

トウガラシ1本と、ゴジベリー数個。追加の味付けは一切、無しで。

これは盛り付けした後の残りですが、かなりスープにコクがあって

ビックリした。・・・・チキンオイルは、お好みで取り除く。

これで、雑煮と、年明けソバを食いましたぞ。

身が綺麗に剥がれ、骨も綺麗に取れて満足。一番驚いたのは、

カンポンチキンだが、あまり気に留めてなかったこのチキンを、

圧力鍋で再度煮ることで旨味が濃縮旨いよ~く分かったのです。

あの山奥のレストランでもこの方法を取り入れば

・・もっと凄い口コミが生まれるのでは・・と思った次第です。

 

「六古走地鸡」

 Kg Desa Sg Makau Jalan Sg Makau 43100, 43100, Selangor
営業11~16:00 月曜休

 

 

有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ          

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ    

*********************************

この記事についてブログを書く
« アンパン、チェラスで有名な... | トップ | 古いシワシワの札を「ピン札... »
最新の画像もっと見る