B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

セブ島で思い出すフィリピンレストラン。KL食べ歩き探索、の巻

2018年07月17日 | 多国籍

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

        

 

  

<セブ島で思い出すフィリピンレストラン。KL食べ歩き探索、の巻>

 

フィリピンはマニラ、セブ、アンヘルス、スービックと行った。いずれも

塩分多めの味付けに閉口したものだった。しょっぱいか否かのギリギリの

線なのでその評価は分かれるし難しい。中国系マレーシア人80人とマニラ

へ現地バス2台で行った時は、彼等と中国系レストランだけに行くコース

だった。それでもやはり味付は塩分と酸味をちょっと強めに感じたかな。

 

そういう国民性の味付けの裏付けは、暑い気候のせい、当然と言えば当然。

不思議ではない。フィリピン料理名は面白い。例えば「ジャッキーチェン」

おっと違った「ジンジャーチキン」、「マミ」「ロミ」「シニガン」

「レチョン・マノック」「カレカレ」「シジリン・シシグ」「ハロハロ」

「ガマンシ」など。・・「いい加減我慢し」など料理の名前が面白いっす!

 

クアラルンプールで、フィピン料理専門レストランを探しても、なかなか

見つからない。そういう中でタマンジャヤに「Norra」があった。店の前の

道路は何度も通ったが店の存在に全く気が付かなかった。分かりにくい場所。

 

 

英語のメニューだ。メニューはバラエティーで綺麗。

 

夜は、ライブをやるみたいだ。小さなステージがあった。

 

ロンステおじさん、ほとんど夫婦2人での探索&散策の食べ歩きなので、

何回も通わない限り提供するメニュー写真が増えない。でも、1を見て5を

探る方式で頑張っている。

 

フィリピン料理の代表に「レチョン」あり 。内蔵を取り、香料を詰めた

豚の丸焼き。これは、一般的なロースト、ロールポークにしたもの。

「philippines cuisine Narra taman jaya」の画像検索結果

 

フィリピンにもあるだろうけど、マレーシアにだってポピュラーな「豚の

スネ肉ロースト」あり。「ローストポーク・シャンク」かな・・ドイツの

有名な「シュバイネハクセ」かな・・煮込んでからカリカリに焼くので

中まで柔かくておいひい。表面の皮のクリスピーさが腕の決めて

 

 

 

 

 

「エッグプラントオムレツ」ってやつ。ナスを大きく卵で包み焼きにする。

 

これは多分「カラマイ」の一種だと思う。味が「カラマッテ」美味しい?

ライスプディングだから普通のプリンじゃない。ビックリするほど重い。

ズッシリ、そしてネットリ、サッと口に溶けるんじゃなく、しっかり

ゆっくり味わえて、かなり美味しいライスプディング。ショーケース

には常時50個位保管されている。ケイタリングもやっているようだし、

お持ち帰りのお客も多い。これは食べる価値ありかも。

 

 

 

壁には、フィリピンの観光案内。

 

 

The Narra Filipino Restaurant

Ground Floor, Dataran Millennium, Jalan 14/1, Petaling Jaya, Selangor.

Tues-Sun, 1130am-10pm.月曜休み

 

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ    

*************************************

この記事についてブログを書く
« 「Streat Thai」というタイレ... | トップ | やっぱりスピード違反で捕ま... »
最近の画像もっと見る