B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

街場フードコートの店を制すればベトナム料理を制す、、なことはない。「ベトナム5つの代表料理」の復習。

2018年04月13日 | 旅行

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

  

ベトナム、ホーチミンの旅。先日の市場の帰りに目についたここで一休み。

冷たいビールでも飲んで涼もう。・・旅のいいところは、日頃のクアラ・

ルンプールでの運転がここでは無いため、ゆっくりじっくり飲めること。

酔ってもホテルへ帰るだけ///。酒、控えてるのに、しょうがないなぁ。

 

 

ここへは、日本人友人の「ベトナム攻略大先輩ご夫婦」に紹介されて。

ハッピーアワーのビール、1缶注文でもう1缶無料ってやつ。美味しかった。

 

 

典型的な一般的な「ベトナム料理メニュー」・・全部食べれば「通かな」

 

 

 

 

ちなみに「ベトナム料理」復習だ。

ワタクシのブログは、忘れっぽい自分への「備忘録」の意味合いが強いの

です。後まで記事を残したいと思う故、ブログを書くのに頑張っちゃうの

が、いけない、悪い癖。

 

さて、「5大ベトナム料理」(ホーチミン的)と言われるものは

1、フォー:ベトナム北部発祥料理で、米から作った生の平麺に主に

牛肉が入る。牛骨でとっただし汁は、ある意味クセがあるけど、あっさり

味だから雰囲気で食べちゃう。ただ、生のもやしや、香味野菜、ミントや

パクチーみたいな野菜を嫌う人も多い。ミートボールや海鮮の具材、鶏肉

も入るし、春雨で麺の代わりにする店も多いな。

 

2、ブン:ベトナム国民食と言われてるらしい。水で溶いた米粉の塊を

から湯がいて形は大小、様々。カニ、ソーセージ、魚、かまぼこ、すり身

など具材は多彩、味も多彩。麺が柔らかく白くてトロトロってのが美味しい。

 

 

3、生春巻き:・・・ベトナムっと言えば、このライスペーパーで包まれた

「生春巻き」しか思い浮かばないほどだ。マレーシアでもいろんなところで

食べられるし韓国食材店にもライスペーパーは常時売っているから、作ろう

と思えば作れちゃうよね。ライスペーパーのモチモチ感と野菜シャキシャキ

感が魅力。いつも思うけど、あっさりした辛い定番のタレじゃなく、トロっ

とした感じのソースの方がライスペーパーに馴染んでいいのでは‥・と素人

ながら思っちゃう。とにかく代表的ベトナム前菜だ。

 

4、バイン・ミー:長いフランスパンより固くなく、大きくなく、柔らかい。

中にハムやパテなどを差し込み、調理した豚肉、牛肉、シャキシャキ野菜の

サンドで食べる。ちょっと食いにくい。世界のフードストリートを見る限り、

似たようなサンドはあるよね。空港でもどこでもあるし、ベトナムコーヒー

とセットなら、最高。

 

5、バイン・セオ:最初見た時、なんて大きなオムレツかなと思ったものだ。

でも注文すると、単なるパリパリに焼いた粉入り薄焼き卵にもやしなど野菜

など挟んで食べるもの。見た目より満足感の無い料理だなと思ったものです。

実際に口に入れる時バリバリになって分解してしまう。欲求不満気味の料理。

タレも薄く、本体と合体することはほとんどない。食いにくい。

 

マレーシアのクアラルンプールで、ベトナム料理は大体は食べているが、

まだまだ奥が深いんだろうか?

 

 これが「バイン・セオ」・・か。

 

 

ホテルへの帰り道、「Street Food Market」の調査。滞在中に必ず

ここへ来る。毎日、早めの時間で満席になる。席取りは暗くなる前がいい。

 

次のブログは外国人観光客で満席になるこのフード・ストリート街です。

続く。

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

       

*************************************

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« マレーシアのムクドリは絶対... | トップ | 日本から買ってきた「マーボ... »
最近の画像もっと見る