B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

③ひえェ~ごめんなさい。「犬の肉を食った」「ウミガメの卵を食った」第3弾。サンダカンの旅の思い出:

2020年10月02日 | 驚き日記2

   にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

 

③ひえェ~ごめんなさい。「犬の肉を食った」「ウミガメの卵を

食った」第3弾。サンダカンの旅の思い出:

 

ウミガメの卵のニュース記事から発して第3弾になってしまった。

ボルネオ島のキナバル登山を書いたのに続いて、「ウミガメの卵」

そして今日は「犬の煮込み料理」を食べた時の思い出です。

( 注:サバ州の友人宅に呼ばれた時の旅の記録です・・・・)

 

中国では?、韓国では?、香港でも、食べられているようですが

そしてインドネシアでも、自宅の飼い犬さえ盗み売られ食される

と聞いている。

そしてここ、ボルネオ、サンダカンで確かに「犬」を喰いました。

(動物愛護関係様・・・この際、今だけ、無しにして下さい。)

 

マレーシア人友人が、他の華人系の友人とどこか待ち合わせて飯

を食いに行こうと話をしてたような・・・車で、ここまで来た。

Trig Hill というところ・・・。

2台の車で連なり走ること20分、少し山道越え高台に止まった。

周りには何もない。道路に立っているそこのお店の看板です。

・・・「犬」を喰わせるお店なのです。「えっ」「いぬ? 」

「イヌって、あのスヌーピーのこと?」とは聞きませんでしたが、

今日は、このお店、お休みでした。

見てください、向こうはフィリピン? この美しい風景、いぬ日和 !

食べるのは一生に1度だろうから、「お店が休み」と聞くと俄然、

喰いたくなってきた。友人のせっかくのセッティングみたいだし、

人間とは勝手なものです。目の前のボタ餅を隠されると、無性に

探して食べたくなる。道理に反して探す「棚からボタ餅」幸運か?

しかし、落ちてきた柔らかいぼた餅で「頭を怪我する」かも?

 

「2軒目」に行こうということになり、車で10分、そして営業中。

禁断?のお店がありました。サンダカンでは2軒しかないみたい。

「2犬め」です。

 

これです「犬の煮込み」。味つけは以前食べたイノシシと同食感。

よくホーカーセンターにもある”ラムの煮込み的味付け”似ている。

骨の周りの肉があまりついてません。細かい骨が気になります。

・・・・鶏の首回りのあまり肉のついてないところと似ている。

 

「犬さんだ」と言われなければ分からないかも。羊かな~なんて。

店の華人系さん曰く、喰うと体があったまるからビールを飲んで

冷ませ。いや、いや違うでしょ。逆に冷ますどころか、カッカ、

カッカ、燃えてくるんでしょ。

 

これが「犬の肉」・・言われなければ分からない。

・・・・・ただ、牛・豚・ラム・・・らしくないのは確かだ。

 

次出てきたのは「イノシシ」。これの味付けはイヌと同じみたい

だが、こっちの方が肉がついている。「イノシシ」と「リス」

煮込みは以前にも食べたことがあります。猪突猛進のイノシシだ。

どうしてかというと、マレーシア(中国も)では「豚」の事を「猪」

いう漢字で書くから。豚肉と猪肉とは違うんです。

     私は、よく、ゲテモノ食いに遭遇します。

Zwijntje lowpx.jpg

出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』

補足。イノシシのことを英語で「Wild boar」というらしい。

彼らは「Wild Pig」または「ジャングル ピッグ」と呼んでいる。

 

華人系さん達は、バクバク、モグモグ。ライス追加注文しちゃう。

 

周りに女性の客が誰1人いません。我々の奥方、2人だけです。

マレーシア人友人奥さんと、ウチの奥さん。客はチャイニーズ系

「モサ」(猛者) ばかり、ちょっとこわっ。

 

道理でさっきから、なんか見られてるような気配が。友人曰く、

女性はほとんど来ないそうだ。でもウチの「奥方さま」は、

つまようじでスーハースーハーしてました。やはりただものでは

ないのか、この人、恐るべし。

 

華人系が言うには、犬肉は下の写真のタレみたいなものにつけて

食べるらしい。少し、辛味・酸味があります。これで体を冷やす

らしい。中国古来からの、そういう理由があるんでしょうかね~

 

 

中国語のわかる人は理解OKでしょうが、下の写真「三 六 」

の意味は? 3+6=9ですね。中国語で9はつまり、キューの

言葉は「狗」で「犬」のことらしい。私は友人に聞いたまま

書いてますから、発音が正しいかどうか、うまく表現出来てるか

どうか?わかりません。   しかし~、面白いと、思いました。

 

「三六」(大皿)・・と「山猪肉」(小皿)・・の区別だね。

やはり、言葉的に「犬を喰う」「犬肉を売ってます」とは言いたく

ないのでしょうか?地方、国によって禁止してる所もあったような。

 

 

店名は、料理と全く不似合い、かわいい名前だな~。猛者(もさ)

が来るような店の名前じゃないな。

 

ボルネオ島のサンダカンの旅にて、生まれて初めての色々な体験

が出来ました。今までのを3回に分けて書きましたが、こういう

経験が出来たのも、すべてはマレーシアにて素晴らしいローカル

の友人に出会えたからです。

・・・言葉が出来なくとも心が通じるので、そこが大変嬉しい。

 

 

有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

        

*************************************

この記事についてブログを書く
« 人間は犬に何を学ぶべきか?... | トップ |  密着ダンスはこういうのか・... »
最新の画像もっと見る