B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

第1弾:ヘイズの実際の森林火災の映像。空から見て素人ながら何とか対策が浮かぶ。

2019年10月09日 | 驚き日記2

   にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

        

 

  

 

第1弾:ヘイズの実際の森林火災の映像。空から見て素人ながら何とか対策が浮かぶ。

相変わらずの「HAZE/ヘイズ」です。いつものように、時間が経てば

また、大雨が降れば、多少は緩和されますが、油断は出来ません。毎年

の事と思った方がいいので、先手が必要だと、素人ながら思いました。

口で言うほど簡単ではありませんが・・・・。

 

インドネシアのヘイズの元・・火災の様子の生々しい映像です。

・・見る限り、人為的な原因だけじゃないような気もします。

こういう形で、燃えているんですねぇ~。

・・・手をこまねいているわけじゃないと思うけど?????

・・・自然の財産が、無駄に、燃えているようにも思えます。

 

提案・・・この映像を空から見て、素人考えだけど、毎年燃える

場所を特定して、日本の田んぼのように、巨大なあぜ道を作る。

 

その片側でいいから、最低20ⅿ以上の幅の人口の田んぼの川を

作るんだ。それ以上、周りに火が行かないように切断する。

 

山の部分は、切り崩し段差を作り、燃え移らないように工事する。

 

川を作って、水を流すのは、消火のためと、土地への潤いのためと、

人間の潤いのためと、自然を守るためと、何よりも、インドネシア

政府がこれほどしっかりした土地開墾政策をやったという証を世界

に示すことになると思うから。

 

毎年、ヘイズの季節が訪れるのをただ待つんじゃなく、こっちから

はっきりした形で、やっつけてやるという意志と工夫が必要だと思う。

 

マレーシアの森林火災と同じように、自然発火もあるわけで、火は

必ず燃え上がるので、火が起きた場合を想定して、事前の防災対策

を打つ必要あり。防御であり攻撃であり、それが何かしらの土地活用

に結び付けば、それは自国と近隣国への配慮になるはずだし、

・・・・・・・・・・3つどもえのメリットが生まれるかも。

 

火災

 

TV放送60秒

 

 

 

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ    

*************************************