B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

電気のスイッチが壊れた。自分で直せるものあり。でも今回は直せなかった。マレーシアもまだまだ。

2018年02月13日 | 驚き日記2

  にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

  

電気のスイッチが壊れた。自分で直せるものあるけど今回は直せなかった。

以前に直せたものはコレ・・業者をちょっと呼ぶのにRM50~150かかる

からね。・・でも、知っての通り、安心安全の為なら絶対に業者にやって

もらうべきです。マレーシアでは電圧が高いし、危険回避は大事。

 

洗面所の壁のスイッチが壊れたことがある。ポコっと外れた、こんなので

業者を呼ぶのも。・・道具もあるし、原因が分かれば自分でもやれる。

勿論ブレーカーは切るし安全第一の作業が条件。ただ外れただけのパネル。

 

 

これに関しては、パネルを外して分かった事。つまり、支えているネジの

長さが短かったため、スイッチを入れるたびにガタガタになって外れて

しまったのです。 約1cm長いネジを買ってきてとり付けた。ネジ山が

バカになっているため、つまようじを差し込み、そこへ新しいネジを

突っ込み、少し盛り上がったけど、針金で補強、無事に解決。

取り付けた業者の手抜きでしょう。

・・・・直すのは・・しょうがない・・自分が”家主”なんですから。

 

こういう時、このLED懐中電灯が重宝する。

 

事故の多い湯沸かし器。業者が言うには、1~2か月後毎にテストボタンと

リセットボタンのオフ・オンで、ちゃんと機器が安全が作動しているか

確認したほうがいいと。

 

さて、今回はキッチンの壁のスイッチの故障。自分で外して開けたけど、

すぐ無理だと分かった。大体の原因が分かったけど部品もないし、日本に

比べらた高圧電流。当然、電気屋さんに来てもらうことに。

 

さすがプロ・・手際が早い。

 

壁のスイッチがプラプラしたり、灯りの点滅があったり、こういう時は、

ブレーカーのある配電盤もチェックしなくては・・と言われた。

 

ブレーカーを落とさないでこのネジの締めの点検をやっている。

全部大丈夫だった。フタを取るとこんなに線が渋滞しているんだね。

 

下の写真、両サイドのスイッチは、今ではもう作ってないとか。確か

に硬くて滑って大変やりにくかった。安価なスイッチだったからだ。

 

新型に直ったぞ。すごくやりやすいスイッチになった。ガスレンジ上の

換気扇が廻らなくて困っていたところだったのです。料理が全然出来な

かったからね。

 

これなら「肘」でも、顔の「おでこ」でも押せるぞ、消せるぞ???

・・電気屋さん、有難う。

 

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

       


この記事をはてなブックマークに追加