B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

羽田空港までタクシー代が14,010円もかかる。でも好転大発見。クロネコ宅配さん、ちゃんと教えてよ。空港への手荷物宅配便に物申す。

2017年05月25日 | 驚き日記2

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ        

        

 

 

予定には無い・・思いがけない大出費!!空港までのタクシー代が

14,000円もかかる。・・(最後に書くけど、実際はこれより安かった)

クロネコさん、ちゃんと教えてよ。空港への手荷物宅配便に物申す。

ヤマト運輸は、今は会社切ってのサービス方針転換調整時期です。大変な

時だけど、知っておきたかった。

 

この件ヤマト運輸に直接電話して聞こうにも、もうクアラルンプール

帰る前日だった。クロネコメンバーズのWeb登録も澄んだことだし、次回

からも、又、利用すると思うので・・ここで”「ネコいらず」”と、いうわけ

にはいかないのです。

 

今までは自宅から出発空港までのスーツケースカバンを、空港宅配便の

「JAL ABC宅配サービス」で利用してきた。福山運輸とかヤマト運輸が

集荷請負だった。

 

今回は、ANAマイレージのポイント獲得のためにと、色気を出してANA

空港宅配サービスの、専属のヤマト運輸を帰りも利用しようとした。

 

成田到着後、空港から泊まり家まではクロネコ、帰りもクロネコです。その

帰りの空港までの荷の集荷に、とんでもないことが起きた。その日の最終の

時間の便で集荷に来てくれたが、荷造り済んで玄関で渡す直前で明日は空港

まで持っていけないと言われた。自力で運ばねばならなくなった。

 

・・・・・・全部準備したのに。何がいけなかったの?

 

++玄関先で、ワタクシ・・・「えッ、急に言わないでよ」

”いえ、当社は、前日集荷は時間にもよりますが、成田空港までOKですが、

羽田空港へは2日前迄ご連絡いただかないと”

++「だって、ネットで4日前に会員になって申し込んだのに、注意事項に

そんな事、書いてなかったよ」

”いえ、2日前とは書いてあります”

++「同じヤマト運輸で、ABC宅配の時は、1日前でもOKだったよ」

++「ABCはいいとしても、羽田と成田の集荷日の違いは書いてなかったよ」

・・・クロネコさん ”・・・・・・・・”

 

++「わあ~ッた、どっちにしても明日出発だけど今日の集荷はダメですね」

++「わざわざ来てくれてありがとうございました」・・・で、別れた。

 

とにかく空港まで届けられないので、あきらめました。御足労アリガトです。

羽田空港出発は明日なのだが、4つのカバン約80kg分は、玄関の家の中に

戻されてしまった。

 

ポイントは羽田は2日前までに」と「成田は1日前でもOK」の違いだった。

クロネコのWebには、集荷依頼コーナーがあって、集荷希望日・希望時間帯・

品名数量・確認事項もあって安心だが「集荷希望日」については羽田と成田を

区別してほしい。

   

なので、今回は家から羽田空港までは、タクシーを使う事になっちまった、と

いうわけです。そのタクシー代が約14,000円也。

・・でも、ここでまた思いがけないことを発見したのです。安堵安心。

・・・・ちょっと話が長くなってきた・・・ややこしくなってきましたけど。

 

***経過、結論***

出発の家から 羽田空港まで今回のタクシーのメーターが示したのは14,010円。

でも、このタクシー会社の定額送迎サービスを利用したので、10,200円+

高速道路代で済んだのだ。・・通常より約2,000円は安くあがったという事と、

もう一つの発見。

 (マレーシアでは、以前タクシー利用が多かったけど、日本では交通の便が良いため、

多少、待ち時間あっても、ずっと電車利用が安上がりと思っていた。)

 

空港まで1万円弱なら、これから重い大きな預け荷物は、宅配じゃなく直接、

荷物と身体を同時に運んでくれるタクシーを利用する方がストレスがないと

思った。・・・だって・・・

 

宅配代の金額分と、空港まで行く2人の交通費電車賃など、それに電車

のストレスを考慮し大荷物も身体も直接空港行きなのでタクシーの方が

安心メリットが大きいことを、再確認、再発見したのです。

 

もう預け荷物を宅配業者に頼まないで、タクシー採用、利用、活用ありと。

 

 

 

 有難うございますいつも励みになってますお手数ですけどポチクリを

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ            

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

       

*************************************