マレーシア発見・再発見!快傑ハリマオ、真っ赤な太陽へ

ジイの毎日新発見伝!暮らしの中の再発見、人生いろいろあるけど、あったけど「今」をゆっくり前向きに生きていきたいな。

なぜ「この街”戸田”が好きだったの?」。マレーシア来る前の住いはここも選択地、選択肢だった。

2017年04月30日 | 未知のことに挑戦

 にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ        

        

  

以前、若い頃、東京で住んでいたのは「池袋」。帰国時、度々行きますが、

数年でホントに変わりました。20歳頃、働きながら、夜学専門学生だった

頃は、苦労しました。朝勤務だったり、深夜勤務だったり・・の池袋の店を

アチコチ放浪した時代でした。また池袋だけじゃなく・・赤坂、赤坂見附、

乃木坂、六本木、いろいろ。・・・・今では、マレーシアで ”放浪記”。

 

そういえば、池袋駅前の「タカセフルーツパーラー」にアルバイトで勤めて

いた時期あり。・・モーニングサービスで、ホットドッグを焼いてましたよ。

名前が”フルーツパーラー”ですよ。かなりレトロというか古い単語ですよね。

 

駅前の有名な大きな文房具専門店は、今はビルの上階に移動したり・・第一、

サンシャインシティの建設それ以前の頃でしたから。かなり前。

こんなそんなビッグカメラやドン・キホーテなんかもありゃしなかった。

今は人の往来だってあまりに多すぎ。毎回ここを訪れる度にビックリします。

 

もっと言えば、学校が目白だったから夜学生の頃は、池袋の職場を転々とし、

西武デパートの飲食店でも働いていました。・・近くのパブバーでもカクテル

なんか作っていました、ステーキも焼いてました。

 

 

 

 

今日は「池袋」の話じゃなく・・・埼玉県「戸田市」です。

「戸田駅」も含め、近辺は住むにはいい条件が多い。人口が減る街が多い中、

ここ戸田は、珍しく確実に人口が増え続けています。

 

 

将来を見越して、区画整理されている・・でもスピードがちょっと遅いかも。

 

 

まだまだですが、街は活性化され、色んな大きな商業施設が出来ていました。

 

これは以前に食べた「つけ麺屋さん」すぐ隣に「第3倉庫」などという

面白い名前の居酒屋もあります。入ったことはないけど。

 

 

 

 

この地域、人気条件では都心部へのアクセスがいいという事。戸田駅からは

池袋に直通19分、新宿へは直通24分です。渋谷もOK大宮方面にもOKです。

先日行った「赤羽十条」にもすぐだった。

十条には日本じゃ珍しい本場の「肉骨茶=バクテー」食べに。(近日書きます)

 

ただ、通勤時間は短いですが、乗換えと電車の混み具合の調整と工夫は必要。

都心のキュウキュウな生活より、ゆったりとしたお家や間取り空間を望めそう。

住民平均年齢が39.5歳(2015年)なんてのは将来発展する若い力を秘めている

という事ですよね。

 

実際、若い人たち(夫婦など)をよく見かけました。福祉条件がよく、水道代が

安いのは有名らしい。年間で平均家庭で7万円も節約できるんだって。

アクティビティも豊か・・河川敷の花火大会も有名だし・・・個人的にいいな

と思ったのは、ホームセンターの「ドイト」がある事、釣り道具専門店の

「上州屋」がある事、河川敷を含め、荒川で恋釣り・・いえ、「鯉釣り」が

出来る事。その他の魚もいっぱい釣れる。大きなシーバスゲットも夢じゃない。

 

以前に、ここ荒川河川敷の、橋の下、テトラポット付近で、朝方得体の知れない

大きな?魚を引っ掛け、リール糸と高い3,000円するルアーを1回目で喰われ、

しばらく・・ひいては緩め、緩めては巻き・・格闘したが、逃した経験あり。

・・・・・・・そのほか、いろんな所への連絡環線網が豊富だという事です。

 

ただし、広いので、車は必須。出来れば奥さんも免許が欲しいかな。

新しい大きなショップが多いため、小さな昔ながらの安い人情的なお店が欲しい。

安く優しい商店街が少ないのは残念。比較的生活コストが高くなる可能性もあり。

吉祥寺・高円寺・・もいいけど、「三鷹」と「戸田」は良い部類だと感じます。

 

現在マレーシア住民なのに、何で東京の住まいが気になるの?いえいえ、何の思い

ありません。クアラルンプールも、もちろん完全なる満足はないけれど、住む

には優しいマレーシアです。

・・・マレーシアじゃない場合、東京近郊ならこの辺だったかなという事でした。

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです

   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ    

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

          

***********************************

コメント

時に癒されたい・・綺麗な歌声と共に、時の流れ、人間自然の営み・・

2017年04月30日 | 動画・・Youtubeなど

 にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ        

        

  

 

綺麗な歌声と共に、時の流れ、人間自然の営み・・

美しい映像・・・心が、癒されるゥ~です。

 

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです

   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ    

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

          

***********************************

コメント

「パンドラ・ケーキ」とは?今度は「カバンの中に新札束が入っているケーキバージョン」を作って。

2017年04月29日 | 動画・・Youtubeなど

 にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ        

        

  

 

「パンドラ・ケーキ・ショップ」…と言います。

この他に色んなケーキを作っているようです。面白いですね、楽しいですね。

今度は「カバンの中に新札束が入っているケーキバージョン」をお願いしますよ。

 

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです

   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ    

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

          

***********************************

コメント

東京での3畳と4畳半アパート生活の思い出。帰国、西池袋、思い出探し、何年ぶりだろうシリーズ。蔵元居酒屋「清瀧」。

2017年04月29日 | 町・街の旅とお店

 にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ        

        

  

一時帰国「思い出探し」何年ぶりだろう?シリーズ。昔の東京1人住まい。

西池袋は、昔、住んでいた処。住んでいた場所は、西池と目白の中間位置

木造のボロアパートだった。

 

最初は3畳一間で生活。それからしばらくして同じアパートの4畳半の部屋

移った。大学入試に落ちて、一浪して、他受けず、また落ちて、入試は

諦め、いろんな仕事をやるようになった。

 

19歳で一人暮らしを始めたアパートからは、よくこの西池袋に遊びに来た。

飲みに来たし、アルバイト先もこの周辺だった。西池から東池袋に行くのに、

地下道を通って行ったものだった。昔はあの地下道でいろんなヒッピーの

生き方に出会った。例えば、針金で作るイニシャルとか。ギター演奏とか。

 

夜学専門学校時代は、東池袋のクラブなどでも深夜も働いた。当時はお金が

なく、貧困状態。それでも月に1回は東京近郊の山に1人で山行に行ったもの

だった。谷川岳や丹沢の自然からは、世間を忘れる、格好のひと時の恵みを

いただいた。その時の想いが去年のボルネオのキナバル山登山に結び付いて

いるのでしょう。

 

そんな事より下の西池前広場に「フクロウ」のオブジェがいつ出来たのか?

 

池袋は、東口に「西武デパート」と「西部池袋線」。西口に「東武デパート」

と「東武池袋線」ですよね。ずっと気にしてないけど、だれが何の都合で

反対の呼び名になったんでしょう。偶然なのかな?

 

 

西池袋も、他の街と御多分に漏れず、純粋な昔の面影を探すのは大変です。

 

そういう中で、北口寄りの飲み屋街。かなり安全でクリーンな街になりました。

 

昔は、男1人住まい 無鉄砲・・・ぼったくりバーに入って法外な請求をされ

それでも、純粋だったから、ぼったくられた意味が分からず、「これしか

現金がない」をず~っと言い張ったら、向こうもあきらめて、ちょっと料金

上乗せだけで、帰してくれた。

 

「帰してくれた」んですよ。今考えたら、ゾッとする。だって、ヤクザ屋さん

店はヒマだったから。強面のお兄さんばかり5人に囲まれたんですから。あの

彼等の得意な、するどい目で、見上げて「肩を怒らせるしぐさでね」。

自分が世間を知らないという事は、逆にコワいものです。向こうも、バカな

この弱い夜学生をいたぶっても何も出ないと思ったのかな・・・分からない。

 

「池袋演芸場」いつからあったのかなぁ?

 

 

「築地の銀だこ」・・・当然こんなの、昔は無かった。日本の「銀だこ」は、

酒も一品料理も出しているんですねぇ~。

 

「たこ焼き・満腹・飲み放題セット・・・2,000円」ってのもある。

 

やっぱり飲み屋街?・・・「昼から飲める」ってキャッチフレーズが多いな。

 

ここも「復活」ってあるよ。過去一世を風靡したから「復刻」なのかな?

「ナポリタンの時代」に生きた若者でしたから。「ナポレオン時代」じゃ

ありません。・・どこか地方で「ナポレオンのナポリタン」って名前の

イタリアン料理店がありましたね。

 

 

さてここの過去のお店は思い出せません。北口の入り口道路に面しています。

ここの入りやすさは、 江戸の茶屋みたいに、玄関の戸がなく、オープンで

歩道からすぐに気軽に入りやすさを演出しています。「清瀧」だって。

 

 

それにコレです。綺麗な日本酒のラベルを大きく掲げ、アイキャッチが鋭い。

雰囲気つくりが上手だね。

 

 

やっぱり「しまほっけ」を頼んでしまった。 

 

昔同じ頃に、神奈川県の大船で、純粋な炉端焼きのアルバイトをやってまして、

オーナーの社長と築地まで買い出しに行った記憶があります。その時の「ニシン」

が美味しくって、ずっと忘れられない魚の一つなんです。うねらせて金串しに刺すのは

ほかの魚に比べて、簡単です。身も柔らかく、骨を取りやすいので、好きです。

・・・・・最近、居酒屋で、このニシンをあまり扱っていないんだなぁ~。

 

 

 

モツの煮込みでその店を判断するくらい好きです。ほとんどの店が、

煮詰まっていて塩分強く感じるんです。大鍋で仕込み、その都度、火を

入れてしまい、又翌日火を入れるから。それに、客に出す前に、熱くする

ためまた火を入れるから・・・煮詰まってしょっぱくなるのは当然かな。

 

これは「ブリかま」ですが、通常、時価って書かれています。そして

在庫がない場合が多いです。ここは在庫良し、塩加減良し、提供時間良し。

よしッ・・食べよう。

 

 

 というわけで、過去、若い頃、青春時代をバリバリ過ごしていた「西池袋」

のそぞろ歩き・・過去の思い出に浸ったひと時の回顧録でした。

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです

   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ    

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

          

***********************************

コメント

「マレーシアではラーメン控えめ、東京ではラーメン大いに解禁」と言いながら、今回あまり行けなかった。

2017年04月28日 | グルメ&ぐるめ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ        

        

  

マレーシアでラーメン喰うのは控えめで、東京に行ったらラーメン大いに

解禁!と言いながら、今回あまり行けなかった。

もっとも・・歳も考えて、あまり行くもんじゃない!・・(汗)

 

・・・前出の「太陽のトマト麺」は別格で、特別という事で・・・・・・

 

 

東京の灯が、落ちようが、落ちまいが・・昼夜ラーメンが好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

本当はあっさり系の、あのKLのパビリオンの「共栄らーめん」的な味が

好きなのに。コテコテが好きなんじゃないけれど、結果的にコッテリに

なっちゃう。コッテリを通り越した塩分の強い”ゴッテリ”の「ばんから

ラーメン」が、好きというわけでもない。

残念ながら、丁度良かった「共栄らーめん」は、今ではもう無くなった。

 

う~ん、歳なのに、・・・・身体がコッテリを要求するのだなぁ~。

 

 

 

 

 

この浅草橋の「野郎ラーメン」では、看板に釣られて・・結果、釣られた。

 

 

 

ホントは「麺」にもこだわりがある。今まで好きな麺にあまり当たってない。

麺とスープは一体でないといけない。スープは熱くないといけない。矛盾する

ようだけど、食べる間・・麺のコシは持続しちゃ、いけない=持論。

 

コシは強すぎてもダメ。弱すぎてもダメ。最初のズルズルから5分位まで・・

それ以降は、コシが徐々に弱くなってゆく麺の方が美味しい。かん水と塩の

関係と捏ねる材料、粉の種類などで違ってくる。太いのはやっぱり粉っぽいし。

麺帯にしたときの数回の〆具合もあるけど・・・他・・これも難しい。

 

 

 

 

 

東京には、いいえ、日本全国、いろんなお店、ラーメン店がひしめき合う。

日本を食べる!だってラーメンって日本独自の素晴らしい「文化」ですもの。

 

歩いて発見。しかし味は全くの未知数。これもウィンドウイーティング?

 

・・若い頃、好きで買った”らーめん本”を今でも(KL)持っている。

凄い数字だね・・1999年9月19日初版の「旭屋出版」=3500円+税。

 

 

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです

   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ    

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

          

***********************************

コメント