マレーシア発見・再発見!快傑ハリマオ、真っ赤な太陽へ

ジイの毎日新発見伝!暮らしの中の再発見、人生いろいろあるけど、あったけど「今」をゆっくり前向きに生きていきたいな。

「ごり押し」「ゴリラ」「五里霧中」世界の注目5人衆。2016年の最後に。&2017年に見えるもの? 

2016年12月31日 | 日記&つぶやき

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ        

        

  

DONALD TRUMP次期大統領は45代目です。・・・選挙戦前頃、

ワタクシ達は、老体、むち打ち、いざ「キナバル山」へ登る。

・・天上から下界を見下ろすと、過去の大統領総勢45人も見えた・ぞ。

 

・・45人のアメリカ合衆国大統領の「リスト」です。

・・・・・トランプが、最後に、無茶苦茶なカードを切ったのか。

 

   

 

キナバル山・登山は・・ローカル達と行ったから面白かった・・多分。

雨に濡れ、汗は、はびこり、”キナバル山計画書”は、悔し涙にぬれた。

・・振り返り2016年は、いろいろ未知の世界にも、挑戦が出来ました。

でも、あと ”数年で” 70歳なんて・・改めて自分でも恐ろしくなる。

 

だって、久しぶりにゴルフに行くと、足が攣って痛くて、”たまんない”。

快感ならいいのに?? ストレスが、”たまる”。

 

 

中国系マレーシア人からのメールは、英語解説付きが少なく、

・・・・さてこれは、一体全体、なんざんショ。 

  

  

 

コブラの頭が、3つから7つになったとか??7つから3つになったとか。

画像処理だと思うけど、下にも「5つの頭」があるんですよねぇ。

 

・・時代劇でよく使う・・・セリフがありますよね。

・・・「曲者=くせもの! であえェ~であェ~!」ってね。

・・・・・・世界の”曲者”5人衆・・・です。親分=頭です。

こういうの、2017年「五里霧中」とか「ごり押し」とか「ゴリラ」とか、

・・って、言うんですよね。それでも来年、いい年になりますように!!

 

   

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです

   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ    

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの上下から。動画紹介専門ブログも。

          

コメント

ルアーの3本針、釣り針が足に刺さった痛さの経験あり激痛なり。コレを「痛快」という?「開通」ともいう?

2016年12月31日 | 動画・・Youtubeなど

 にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ        

        

  

 

ルアーの3本針、釣り針が足に引っかかる痛さの経験あり。

・・コレを「痛快」という?「開通」ともいう?

・・・・いいえ、決して「痛快?」とは言えず、「激痛!」だ。

・・・・・そして針を引き抜く時、取る時、「開通?」があるのです。

 

キャッチ&リリースの返しの無い針でない限り、一度、身体に

刺さったら、3本針・・・簡単には取れない。

 

普通のルアーの3本針のグッサリ刺さった状態を脱するには、ペンチで

針の先を切り、返しを無くし、斜めに針の曲線に沿って、ペンチで掴み

体の肉から引き抜くしかないんだ。だから「開通」なのです。

・・・・自分の場合、足の親指だったけど、痛かったぁ~~~。

 

 

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです

   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ    

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの上下から。動画紹介専門ブログも。

          

コメント

現実を直視せねば。周りのローカルの人達が亡くなってゆく。でもウチの奥さんの無料奉仕で不思議な縁を感じる。

2016年12月30日 | 日記&つぶやき

 にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ        

        

  

ローカルの人達が亡くなってゆく。そこでウチの奥さんの奉仕で不思議な

縁を感じる。タイトルに「無料」と敢えて書いたのは、「奉仕そのもの」

だから。・・・・・誤解する方もいるかも?なので、付け加えました。

 

変なタイトルですが、最近のローカルの知人の死を聞いて、または病気で

苦しんでいる知り合いを見て、感じるものがある。・・・日本人に限らず、

マレーシア人も、死と病気で苦しむ様子を見るにつけ、心が痛む。

 

ボランティアで病院で病人の散髪をしてあげたというお話です。そもそも、

病室で散髪をする事って日本じゃあり得ない?ここでは髪の毛は下に落ち、

ほうき無造作に掃くだけ。・・日本じゃ衛生とか規則とか、室内環境の

問題で、許されない事なのでしょう?多分。

 

以下、数人のドキュメント。・・・全て現実、これも人生かな。

お一人目は、ローカルのある体操グループのメンバーだったが、突然、

亡くなったと聞かされた。前向きに色々質問していた彼女の姿を思い出す。

1年前から、ガンの発覚で苦しんでいたらしい。全くその気配を感じさせ

なかった。45歳の若さだった。簡単な、お通夜でしたが、出ました。

・・・・・・・・・・・・・・歳が若いとガンの進行が早いのですね。

 

2人目は、・・以前にも書いたけど、3階から不注意で落ちてしまって、

全身骨折でリハビリが大変。それ以上に事故で精神的な落ち込みが激しく、

人とも会いたくないという状態。

 

まだ若い女性で、病室でのウチの奥さんの経験を生かした理髪をローカル

友人から頼まれ、病室まで私も同行しました。若い女性は、ベッドに寝た

切りで、やっとの思いで起きられるキツイ体勢での入院生活。

 

かなり骨に響き、苦しいので、無造作に伸びた髪の、5分間だけの散髪・・

を、言いつけられたのだった。体の体勢がそれ以上耐えられないという。

 

彼女は、怪我により、頭の髪の毛がまだらに伸びていて、そういう事も

あって病院生活でのまた別の不必要な苦しみを味わっていたのでしょう。

ベッドに座ったまま、切ってあげた・・かなり喜んで・・その後退院して

から、今は、気持ちも身体も順調に回復しているそうだ。

 

3人目も、見知らぬ人だった。病名は知らないけど、心身ともに疲れて

いた様子。彼が先日3日前に亡くなったことを聞かされた。亡くなった

彼の友人から、ワタクシの友人の旅行先のバンコクに連絡が入り、

バンコクから、KLのワタクシの携帯にメール知らせが入ったという順番。

 

 

 

マレーシアで一番大きい病院だと言ってました。駐車場もあまりにデカい。

この彼は、

マレーシアで一番大きいという「ホスピタル・クアラルンプール」という

国立の病院に入院中だった。ローカルはこの病院を「KG=ケージー」と

呼んでいた。

 

正式名は「HOSPITAL KUALA LUMPUR」だが、ガバメントなので

「KG」。・・やはり散髪を頼まれて、彼の病室にローカル友人とウチの

奥さんと一緒に行ったが、髪がボウボウ、グシャグシャ伸び放題。

・・・・・・特別の大きな部屋での入院だった。歩くのがやっと。

 

ちょっと様子がおかしい。注射攻めにあって、ハサミなど、見たくないと

いう。ハサミを頭皮や肌に触れないでカットして欲しいとの注文だった。

散髪する人のハサミを鏡でも見るとイヤだという状態。人に見られるのも

イヤで壁に向かって散髪。注射=刃物=メス=はさみ・・を怖がっている

感じだった。

 

・・・・・入院して2ヵ月だったらしい。心もかなり苦しんでいた様子。

その彼が亡くなったと聞いた。・・・・・・散髪をして1週間後だった。

 

散髪後に、少し気に入らず、横の髪を、もう少し刈りあげてくれとの指示。

切ってあげた後、大きな鏡の前に、やっとの思いで立ち上がり、鏡を覗き

込んで、眉毛を上下させ、「ニヤッ」と笑った瞬間をワタクシはしっかり

見ていた。

 

 (とにかく、大きな公立病院です)

 

長い病室では、誰もが精神的に参っちゃう。彼に笑顔はなく、ワタクシ

なんかにもあいさつは無く、むしろ知らない入室者=日本人?を怖がって

いる様子。その彼が、笑顔を出した。ずっと、笑っていなかったらしい。

 

看護していたローカル友人が見ていて言うのだ。ここ何カ月、苦しげな顔。

その彼が一瞬だけど、笑顔を出した。友人の友人は、彼が笑顔が出たことで、

凄く喜んでいた。・・・・・・・・・その彼が、1週間後に亡くなったのだ。

 

・・・・ウチの奥さんの理容の後で元気を取り戻してくれた病人の2人。

1人は回復中。もう一人は、1週間後に亡くなってしまった。知らない

マレーシア人だったが、初めて会ったその時からもう他人じゃなくなった。

彼等も人間苦しむ人間、何かにすがろうとしている姿を感じたものだった。

 

最後に4人目もいらっしゃる。ローカルのこの方は、中国系マレーシア人、

65歳位、背が高く、いいマスクをして若いうちに引退して、別収入がある

ようで、ゆったりしていた。イポーに自分の持ち家あり。

 

娘の子供と2人めの孫の誕生の世話で、KLのワタクシと同じコンドに住んで

2年になる。・・その彼がやはりある時、入院したと聞かされ、ビックリ。

 

お見舞いに行きました。お腹がパンパンに腫れあがって黄色くむくんでいた。

一時回復し、退院したが、また入院その繰り返し。・・しばらくして先日、

車椅子で彼と彼の家族とエレベーターで偶然一緒になった。やつれ果てた

いうか、足なんか痩せた腕以下になり頬の肉は落ちに落ち、髪の毛は無く、

あまりに変わり果てた姿。・・以前の彼の顔じゃない。全く分からない。

 

・・人違いに見える。ガンだった。こうも変わり果てるものかと、ホントに

そう思った。狭いエレベーター内、知っている家族とも、話を切り出せず、

本人も、もちろんそういう雰囲気じゃなく、ただただ無言の作り笑顔で

エレベーター内での数分、階に降りるまで待つしかなかった。

・・・・辛かったです。そして彼の奥さんのやつれた顔・・可哀想だった。

 

多分、最後の自宅療養でしょう。なんでこうなるの・なんでこんな苦しみを

味わうの・・などと、人生を完全否定したと思います。人間いつかは、死が

訪れるけど、いい顔で死にたい、ベッドの上で死にたい・・なんて、将来の

未知の世界は全く分からない‥その覚悟は必要。

 

・・ふと、思い出しました。・・誰かが言ってましたよね、裏覚えですが

「あなたが今日見た日は、誰かが見たかった明日の日」・・・人の分まで

生きるなんていう芸当は出来ないけれど、生きている者、無駄には過ごせ

ないな・・と感じる、今日この頃・・反省。

 

私達外国人だけど、苦しむ見知らぬマレーシア人達を見て、人間皆同じと。

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです

   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ    

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの上下から。動画紹介専門ブログも。

          

コメント

日本の「白川郷」も堂々入選。世界のあまりに美しい村ベスト15。

2016年12月30日 | 動画・・Youtubeなど

 にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ        

        

  

 

日本の「白川郷」も堂々入選。世界のあまりに美しい村ベスト15。

よ~く、見ると、全てが、うまく効率的に、美しく、出来上がっている。

現代でも同じ・・古来の人間の緻密な計算のなせる業。

 

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです

   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ    

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの上下から。動画紹介専門ブログも。

          

コメント

2016年の面白写真メール特集。今年も残りわずかだなぁ。マレーシア友人から送られてきた一部。

2016年12月29日 | 街中の面白いもの

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ        

        

  

今年も残りわずか。マレーシア友人から送られてきた2016年メール

の写真特集。もうすぐ2016年も終わります。いろんなことがありました。

主に今年後半の出来事、ローカルからのそのままの写真送付を書いてみる。

 

ついこの前の「ベルシ」のデモ行進の様子。(・他・・・前出してます) 

    

 

 

    

 

 

 

 

 

こんな、あまりに、高尚な素晴らしい画像もいただく。つぼみが花咲くと

白い天使となって、飛び立つんです。・・・・”創造主”はこういう所まで。

 

  

 

こういうかわゆい、可愛い、大人的、次世代女の子、、想像できます。

 

 

このように大きくなって、・・彼女達は、いつも笑顔です。お早う・・

 

どこの写真なのか、面白いですね。インパクトあり、助けて下され・と

ネコまでひれ伏す? いやニャンコだって?お手上げで、あお向け!です!

 

 

インドからのイヤなびっくり写真。アイスカチャンABCを作る前?ヤメテ!

一方我がマレーシア国?では、偉いぞ。せっせと皿の下げ物をするスタッフ。

 

   

 

こんな、皮肉っぽい画像もいただきました。詳しい事実関係は知りません。

  

 

そういう中で、自然の営みは、普通に、美しく、過ぎ去っていきます。

 

 

 

 

・・・・・「父の日」に、こんな画像をいただきました。

 

 

 

 

彼等が、東欧を旅した時の、写真も送ってきました。ほんの一部。

 

一方、マレーシアでは、ATMでの強盗傷害事件も起きてます。

コタダマンサラの銀行。誰もが、気をつけねば。・・・・次が面白い。

  

 

同時に届いた写真がこれだった頼もしい「番犬」。

「番犬で」・・「検番だって」・・PW番号ミスらないように。

犬2匹にお見事‼ 2件  花束贈呈です!

 

         

 

そういえば、こんなのも来ました。歳とると男は15,000語しゃべる間に、

女は倍の30,000語を使いこなすんだって。

男:「・・何それ?・・」

女:「それは、ああでもない・・こうでもない」・・繰り返し・だってさ。

 

     

 

実際にこの動物は、目撃されて撮った写真とマレーシア人は言っているけど、

未だに信じられない。「Hiku」という動物でネパール雪エリアの生息らしい。

 

 

2016年、マレーシア人からの楽しいメール。キリがないので、最後に、

この写真で、〆を。

よ~く見て下さい。こんな大勢の似た顔の家族郎党一族がいるんですかね。

遺伝子はどうなってんでショ。

 

 

 

ゼロックスの会社が出した写真らしい。一人の顔を、老若男女で構成。

・・よくまぁ~楽しく作ったものです。

2016年、今年も残りわずか、ローカルからの写真集。いかがでしたか。

ワタクシ達が日本人なので、それを意識したメールや動画もいただきます。

 

・・年末に際して思う事・・・当たり前の事だけど、

・・・・・未来は確かに、そこに、あるけれど、

・・・・・・・・過去は、否応なしに確実に過ぎ去っていくんですねぇ~。

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです

   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ    

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの上下から。動画紹介専門ブログも。

          

コメント