マレーシア発見・再発見!快傑ハリマオ、真っ赤な太陽へ

ジイの毎日新発見伝!暮らしの中の再発見、人生いろいろあるけど、あったけど「今」をゆっくり前向きに生きていきたいな。

素人日本人サムライ、現地の人と交流。全てはそこから始まったパート1。

2012年12月31日 | 交流

 

現地の人」と書きました。

原始人」とか「原地人」じゃありません。マレーシア人、主に

チャイニーズ系ですが、こんな私達でも、何かとお付き合いが

できて、へんな日本人と付き合ってくれて嬉しく思っています。

 

ある新聞筋コラムとの兼ね合いがあるので、もっと、詳しくは

書けないのですが、現地の人との交流の一環として、自分達に

出来ること、やりたいこと、やれるかもしれないことなどへの

追求として今回は地域のコミュ二ティへの参加がありました。

あるミュージカル劇の舞台で、ジャパニーズのキング役を

やってほしいという依頼です。最初ビックリ。・・・「え~ッ、英語の

出来ないオレに?」。しゃべり無し、歌う必要無し、ちょっとした

踊りとウロウロ動き回るだけ??でいいと言うので、悩んだけど

これも経験かな~・・と思いOKしたんです。

 

まずは、衣装で問題発生。

衣装係りが「日本のキングってどういう恰好か」と聞いてきた。

彼女のアイホンのネットで世界のキング(王様)のスタイル&服を

見せられたが日本は無し。日本はキング及び、王様というイメージ

が出来ていない。ビルマとネパールとカンボジアを足して

2で割ったような、宇宙人みたいな衣裳をスマホの画面で見せつけて、

「これだろう」と言う。「違うってば」と答える。ホントに

違うんだよ。誤解されちゃうよこんなの。衣裳チーフの彼女

「どうしよう?」・・こっちだって「どうしよう?!」だ。

 

オレだってわからないよ~。マレーシアも王様(キング)って

呼ぶしイギリスだってそうだ。日本はキングとは言わない。

彼女、困ってる様子だったので、ウチの奥方と話し合い、

「我々だけで作ります」ということに。そうは言ったものの、

ちっともイメージが沸かない。むしろ混乱。

 

将軍様なのか、平家、源氏、朝廷なのか、江戸幕府を破った官軍

なのか、今の天皇様なのか、その衣裳とは?とんでもないことを

引き受けてしまったもんだと・・・もう、遅いのだ・・・だが、

「ニホンジン、ウソ、ツカナイ」。はい、その通り「ウソキライ」。

2つのインド人街に行き、生地を探すも見つからず、スバンの

ある生地屋で、それらしき赤くて、キングのように、偉そうに見える

「布」が見つかった。これで、作っちゃえ~。イメージ、イメージ。

(全くの素人仕立て途中)

 

 

1枚の生地を手縫いだけで1日半でやってのけた奥方様、大した

もんだ。我が家には、ミシンなどという高級品はないのです。

一方では、オレだって「兜」と「小刀3本」を期日前までに完成

させたのです。(この写真は明日に載せます。)

マレーシアの人に日本が誤解されないようにということと、

劇なので多少のユニークさ、面白さがあってもいいだろうと

いうことで、迷いながらも、「ナントかすっべ」ということで

やってしまいました。ただ、決して、100%とは思ってません。

すべて全くの素人作品ですもん。イメージアップ出来てなかった。

 

ただ、結果として言えたことは、素人集団のこの地元の人達との

交流を通して、良い日本を紹介出来たことと、お互い皆が楽しい

ひと時を過ごせ、特に嬉しかった事は、みんなが日本の

「サムライサイコウ(最高)」を言ってくれたことです。

 

 

笑われるかもしれないが、このようにミックスするしかなかった

のです。頭は、ちょんまげにする?・・う~ん、バラエティ番組に

なっちゃうしな~、第一、作るのが難しい。奥方、下の写真のように

マレーシア人の履いてるズボンがいいと言ったが、オレは頑固にも

たまたま日本から持ってきていた「浴衣」(青い和服)に

こだわった。その浴衣の着方は、普通じゃだめ。上の方は、首を

出さないように、大きいホックで留め、下の方は、もともと

膝までしかない丈だったので、足首までずり下げ、大きな

クリップで落ちてこないように両サイドを引っ掛け、留めたのです。

観客になんか見えやしない。下着のパンツさえ、落ちてこなければ

いいんだ。

 

また、裃(かみしも)用に肩の周りは薄いダンボールで形を

作ったんだが・・。大丈夫かな~。(結果的には後で

ずり下がってくることに・・・とほほ。)

一見、袴(はかま)のようにしたんです。これが自分では正解。

それにトムクルーズの「将軍」の映画にもあったしね~、

サムライの認識度が一応上々だったおかげだ。

でも、ちぐはぐ、でも、しょうがない、でも、やるしかない。

明日は、「兜と刀」の製作過程など・・・・ですよ。

 

いつもお読みいただき、大変ありがとうございます。おかげ様で

ホントに励みになってます。ポチクリはこの下です。  

応援ポチくり日本ブログ村

マレーシア情報ブログランキング参加用リンク一覧 http://overseas.blogmura.com/malaysia/

恐る恐るこちらのサイトも登録してみました。後でここにもポチ栗があればかなり嬉しいです

http://blog.with2.net/link.php?1434523

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

もう1つのブログも・・・おヒマな時にドア・トントンしてみて下さい。

クアラルンプール情報ブログランキング参加用リンク一覧B級グルメ情報案内・新・KL・マレーシア2

     http://overseas.blogmura.com/kualalumpur/

 

コメント

美味しいビーフステーキの食べ方、inマレーシア。

2012年12月30日 | グルメ&ぐるめ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ   

カラフル楽しく作ってみましたフルカラーです。古い殻」を捨てて振り

」ゆっくりじっくり玉手箱。励みへのポチクリいつも有難うございます。

  

久しぶりにステーキを食べたくなった。以前に書いた***の肉も

いいけど、また、同じく、食べに行ったアウトバックのステーキも 

いい。しかし、身近な所で、つまり、手軽にビーフステーキを

食べたいな~・・・と思いつつ。

 

ステーキを食べたいと思う時、自分の決定打は、イオンなど大きい

ショッピングセンターでお目当ての肉を買うことだ。

半分以下のディスカウントはほとんどやらないので、

50%までかな。肉の4日賞味期限を過ぎる前、3~4日に

買いに行くのである。自分の場合、コレで、充分、十分、

じゅうぶんだ。安心だし、来店時間や、他店を探す手間ヒマを

考えたら、Rm2~3ちょっと高くても問題ない~としている。

ただし、生野菜をやはり十二分にとることですね。重いたんぱく質

を消化するのに生野菜は不可欠だからね~。

この牛肉は、単価100gでRm8.99(244円)・・・・・

2枚で440gあるから、Rm39.56(1074円)・・・

コレの50%引きだから、実際はRm19.78(537円)

1人1枚だから、半分で、Rm9.89(268円)

 

常時、気軽に手に入るという点ではいいかもしれないね。

つまるところ、イヤ、つまらなくとも、家で焼けば超安く喰える

ということだね。チャコール風焼き具合をめざして・・・。

それには前にもブログに書いたように「ヒダヒダフライパン」

が必要だ。焼きと焼きをきれいに出すためだ。ステーキに

色目を使うわけじゃないけど、シズル効果では、コレ大事だと思う。

 

じゃがいもは、あらかじめ、フォークで刺して、電子レンジにかけ

銀紙で包み、オーブン、又はトースターで火を入れる。

 

真ん中を切れ目に沿って、両手で上に押し上げるんだ。

英国ステーキハウスでは、丸々1個をベークドポテトに

するのが普通ですが、日本人には多すぎ、年寄り半分カットで充分。

 

ベークドポテトの真ん中にバターかマーガリンを少々ね。

写真を撮る準備してる最中に、ステーキの焼き具合が

「ミディアムウェル・・」に近くなってしまった。6割と4割の

焼き具合だね。焼きはミディアムハーフ&ハーフがいいよね。

 (オーストラリア産、CHILLED STRIPLOIN STEAK 利用)

 

てな、わけです。ビーフステーキ定食と相成りました。マル。

ウチの場合、最近は、ステーキは自宅で・・ということです。

 

こんなブログでも、いつもお読み下さり、有り難うございます。 とりあえずは

これッポチ。ランキングに参加中。あなたのクリック大いなる励みです。 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ   

コメント

年末のTTDI、買いだめうまい豚肉ウェットマーケット。

2012年12月29日 | 日記&つぶやき

 年末って、1年の終わり、「ねん」を「始末」することなのかな~。

 TTDIのウェットマーケットに久々に行きました。最近サーモン

中心でやってきたので、あの柔らかい豚肉が恋しくなったのです。

以前にもTTDIは何度か書いてますが、買い方はいつものように、

欲しい種類の肉をメモ書きにして、それをマイケルに渡します。

あの低い声で「OK」。その後、出来あがるまで上階に行き、

野菜や魚を物色します。時間を見計らって肉屋に戻り出来てますか?

と言うと、我々の場合、ほとんど出来てないことが多い。

「2~3分待って」と言われるけど、さらに10分近く待たされる

こと多し。客もあまりいなくてヒマそうだったのに何でなの?

待たないためにメモ書きして上で、時間を有効活用と思ってるのに。

ま、こういうこと、慣れたから、いいんですけど。

原因は・・・個人にしては我々の買う肉の量が多い。我々に

買いものに行く時間があるということで、待たせることを気に

してない。そんなもんでしょう。今まで文句も言ってないからね~。

 

魚は大体がここで選ぶようになった。

 

この「キス」デカイだろうって言ってます。

確かに、「キス」じゃないみたい・・大きい。

つい、キスを買ってしまった。小さめのをくれた。

大きいのは予約されていたんだって。

このイカもデカイだろうっ・・て。 

だから、もういらない、もういいってば。

いつも利用の八百屋さん。

 

3階にある食堂。時々ここでロティ・チャナイを食べるんだ。

安いよ。彼は写真写るのが好きなんだ。写真、2回目。よくポーズを

取ってくれる。手先が器用で、手早く、上手だ。

 

 

 

 

 

 

知り合いの華人系マレーシア人は、こちらの肉屋さんを選ぶらしい。

 

日本人たちは、大体がココを利用するみたいですね。さあて、

ふと気がついたのは、確かに値上がりをしているということです。

個人で、今まで買った肉の種類は、

トンとろ・・・Belly Slice

豚ガラ・・・・Tail Bone

背脂・・・Fat (Babi putih lemak)

豚足・・・・・・Small Leg

豚肩ロース・・・・Shouder Loin

ショウガヤキ・・・・Shougayaki

ヤキニク・・・・Yakiniku

シャブシャブ・・・・Shabushabu

豚フィレ・・・・Pork Filet

豚タン・・・・・Pork Tang 

(全種類の単価は今回わざと出しませんでした) 

ですが、このうち「ショウガヤキ」はkg/Rm21~からRm26に

アップ。約Rm5も値上がりしてる。

豚フィレはRm18.5から20.5にアップしてました。

ちなみに今回の購入量は前者が3kg、後者4Kg、計7kgも

買ったのですが、夫婦2人にしては多いのか普通なのか、

多いかもね。

家に専用冷凍庫があるのでいつも、まとめ買いをするのです。

しかし、KL,しっかりと値上がりの兆しを感じた・・・う~ん。

いつもお読みいただき、大変ありがとうございます。おかげ様で

ホントに励みになってます。ポチクリはこの下です。  

応援ポチくり日本ブログ村

マレーシア情報ブログランキング参加用リンク一覧 http://overseas.blogmura.com/malaysia/

恐る恐るこちらのサイトも登録してみました。後でここにもポチ栗があればかなり嬉しいです

http://blog.with2.net/link.php?1434523

 

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

もう1つのブログも・・・おヒマな時にドア・トントンしてみて下さい。

クアラルンプール情報ブログランキング参加用リンク一覧

     http://overseas.blogmura.com/kualalumpur/

コメント

年末だなぁ、マレーシアに来て良かったんだね。2の2。

2012年12月28日 | 交流

 

 昨日の続きです。年に何回か、大事な時というか、行事と

いうか、その便乗の時に、お誘いを受けるポットラックです。

日本人とのお付き合いが、あまりないので寂しいのですが、

知り合えた今の少ない日本人の人達と現地の友人達が

最高、これからも、日本人で素晴らしい方はそのうち現れる

でしょうから、ゆっくりそれまで・・・・・待ってます。

 

毎年恒例になってしまったような気がする私のハーモニカ演奏。

主体はクリスマスパーティだったので、その曲の伴奏を

兼ねていたのです。30人以上が集まれば1人や2人はギターの

出来る人がいるんだが、毎回そういう人がいないんだ。仕方無く、

場を盛り上げる関係もあるので「出来る曲だけ」を演奏して

いるんです。

そこで、必ず、伴奏と後で歌わせられるのが「SUKIYAKI」です。

・・・・”上を向いて歩こう”・・・・

以前のブログにも書いたご存じ「坂本 九」の曲ですね。

 

 

 家庭的、全部、心の暖っかい料理です。ありがとうゴザイマス。

 

 

 

 簡単そうに見える祭り寿司は、いつも、私にとっては大変

むずかしい。毎回、違うものが出来る。

 

「イチゴ大福」だ~。前日もチョッとだけ 紹介したよね。

 このような機会を与えてくれたチャイニーズ系友人、

マレーシアに感謝します。

 

いつもお読みいただき、大変ありがとうございます。おかげ様で

ホントに励みになってます。ポチクリはこの下です。  

応援ポチくり日本ブログ村

マレーシア情報ブログランキング参加用リンク一覧 http://overseas.blogmura.com/malaysia/

恐る恐るこちらのサイトも登録してみました。後でここにもポチ栗があればかなり嬉しいです

http://blog.with2.net/link.php?1434523

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

もう1つのブログも・・・おヒマな時にドア・トントンしてみて下さい。

クアラルンプール情報ブログランキング参加用リンク一覧B級グルメ情報案内・新・KL・マレーシア2

     http://overseas.blogmura.com/kualalumpur/

 

コメント

マレーシアに来て良かったのか?2。

2012年12月27日 | 交流

 

 ポットラックのお誘いを受けると、嬉しくなる。いつも、この時期

になると、ローカルというか、友人知人のチャイニーズ系のみんな

から、お声をかけられて出かける。食べ物や飲みもの、食器や道具、

飾り、音楽の手配、機器持ち込み、時期によってはケーキだったり、

チャイニーズイヤ―だったら、例の甘い食べモノだったり、皆で

いろんなものを持ち寄って、飲み食い、楽しむポットラックです。

年に4回くらい参加しますが、そのたびに当家も持っていくのです。

 

さあて、今回は何にしましょうかね~。やはり、いつもの好評の

飾り寿司にしようかな・・ということで、決定。

しかし、去年の出来は、まあまあ良かったのに、今年は、きれいに

作れなかった。上の写真がそれですが、レシピと計画とイメージ

が毎回作るたびに違うのですから、確かに実際に違うものが

出来てしまうんだ。

でも、いいでしょう。地元の人達の中に参加できることだけでも

素晴らしいことなんだから。ありがとう。ホントに感謝してます。

 

 

上は今年。下の写真2枚は去年のものです。今年は忙しくて

疲れていたためかな~、寿司が酔ってるぞ。でも、いいさ手作り風、

未完成風が表現出来ていいんだと・・いうことにしようっと。

 

先日、Mgさんに試食してもらった「イチゴ大福」、Goodと

いうお墨付きだったので、少し小ぶりにしてコレも作って持って

いきました。

これは、あんこと皮をわざとこのような包み方にしたんです。

 余るとイヤだったので30個だけ作った。パーティイの間、

数が足りなくて、食べられない人もいたらしいけど、

ソーリーヤァ~・・・。ごめんなさい。

 

 

これは、誰かが買ってきたケーキらしい。

 

 普通の一般家庭料理ですね~。暖かいです。

 

 

後で、あることを(演奏)予定してあったので、私は早めにワインを

いただきやした。少し、アルコールを入れないと・・・出来ない?

・・・・それは、明日にでも、告白しよっと。

 

 

この前、私と一緒に素人同士で、しゃべりなしのミュージカル舞台に

出演したガーナの若いご夫婦は来なかったな~。それに、

インド系のかわいい2人の子供とそのやはりかわいいお母さんも

今回は、いなかったな~。残念。ほか、みんな、チャイニーズ系。

良い環境にあるのに、我々の英語は・・・聞き取れない。

気持が通じる分だけそれでもいいか、言葉(単語)が出てこない。

嬉しさ、言葉のもどかしさ、 ナイ―ブ一杯。

明日も、このパーティのお話は続きます・・・・。

 

いつもお読みいただき、大変ありがとうございます。おかげ様で

ホントに励みになってます。ポチクリはこの下です。  

応援ポチくり日本ブログ村

マレーシア情報ブログランキング参加用リンク一覧 http://overseas.blogmura.com/malaysia/

恐る恐るこちらのサイトも登録してみました。後でここにもポチ栗があればかなり嬉しいです

http://blog.with2.net/link.php?1434523

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

もう1つのブログも・・・おヒマな時にドア・トントンしてみて下さい。

クアラルンプール情報ブログランキング参加用リンク一覧B級グルメ情報案内・新・KL・マレーシア2

     http://overseas.blogmura.com/kualalumpur/

 

コメント