マレーシア発見・再発見!快傑ハリマオに会いに来たのです。

ジイの毎日新発見伝!暮らしの中の再発見、人生いろいろあるけど、あったけど「今」をゆっくり前向きに生きていきたいな。

N0 2・ マレーシアのチャイニーズイヤー(友人宅、お呼ばれ、謝謝)

2012年01月31日 | 交流

 

本音で付き合えるこちらのチャイニーズ系の友人、ありがたく

思ってます。今年は特に、あちこちから、お声をかけて 

いただきました。こちらの住まいの一般家庭の暮らしぶりを教え

 

ていただいてるようで感謝しております。 

 

「クリスマスの時とちがって、あまり人はこないよ」と「身内

だけでやるんだから」と言ってたような気がしてましたが、

いや~、たくさん来てくれましたね~。

 

ここの、奥様の料理とセンスと奮闘には感心してしまいます。

 

ジャガイモと人参の煮っころがしですね。

 

定番の海老。

 

パメラとマンゴのスライスの甘酢漬けとらっきょうです。

ラッキョウは日本のと、ほとんど変わりません。

 

丸いチャーシューのスライスです。

 

骨付きランブ(ラム肉)です。

 

チャイニーズキャベジです。つまり、「白菜」です。

 

チキン煮。

 

ズッキーニ、ナス、トマト、ピーマン、オニオンのオーブン焼き。

 

 

海老サラダ。マレーの家庭で、サラダが出るのはよくわかってる

方の家庭です。一般的に肉や、魚が多いし、油が多めなので

サラダは必需品ですが、それでも、もっともっと生野菜をとらなくては!

皆さん!と口には言えないで、心につぶやいている自分がいました。

 

 

アヒルです。ダッグですね。

 

 

おっと、これは、料理ではありません。私の最初に盛った皿です。

あまり、食べると血糖値が・・・・UP!! あっぷ

 

ワイワイと全部で20人位集まりました。「午後、7時に来てね」

・・「はい!」

・・7時にビッタシ行ったら、3人だけ。あとから、ちょこちょこと、

だらだらと来ました。始まったのはやはり30分遅れの7時半すぎ

でした。それでも全員は集まってません。これが、マレー風なのですから

でも、日本人は時間に正確だと知ってるようです。時計を見て、

ニヤッとしてました。マレーの人と待ち合わせをすると、

必ず遅れてきます。「ソーリ、ソーリ」を言いますから、一応、悪いと

思ってるんですね。確かに、車の交通事情は悪いですけど。

みんなで、渡ればこわくない・・、

みんなで遅れればこわくない?・・かな。

皆さん、この30分がくせもの、家を当然のように遅く出て、

15分過ぎて、車混んでて15分、合わせて30分なのです。

・・・と勝手に分析しております。

 

チャイニーズイヤーについては、近々、続けて次回も記事にします。

では、また。

 

ブログ、ランキングに参加してみました。ポチっと音が~・・。

 

コメント

N0 1:マレーシアのチャイニーズイヤー(パビリオン他)

2012年01月29日 | 日記&つぶやき

マレーシアのチャイニーズ・ニュー・イヤー(略して、CNYです)

を、3度ほど経験しました。街の至る所が

「赤・あか・アカ・AKA・メラ」と一色に染まり

ます。 えっ、メラって? 何よ? 

「メラメラと赤く染まるのです」・・・

ちょっとだけかじったマレー語によると、メラ (merah)と

は、マレー語で「赤色」のことでした。

 

 

・・・・私の“おやじギャグ”もためになりますよ~。わが娘よ~。

(日本の娘には、私の、おやじギャグが、嫌われてましてね・・・・。)

 (単なる、ダジャレだって・・・。)

 

マレーシアは多民族国家ゆえに、宗教や人種、出身国などによって

様々な催し物とお祝いが開催されます。そんなに、大げさでなくとも、

各家庭のレベルで、皆さん楽しんでおられます。特に、チャイニーズ

イヤーの時は連休が2日なのに、1週間以上休むところも多いです。

マレーシアなのに、約25%のチャイニーズ系が人口を占めているから

です。このパーセンテージで、中華の行事が大きくて、多いのは

チャイニーズ系の力によるものです。華人系がいてはじめてこの国は、

より成長してきたし、力強くなってきたのではと思うのであります。

 

この、竜のように。

 

 

この正月に、「紅包」(アンパオと読みます) をいただきました。

日本のいわゆるお年玉と似てますが、普通は、目上の人が

下の者や子供にあげるもので、また、未婚の人に、あげるとされて

ますが、私の友人の華人は、年上の、そして、既婚の、日本人の

我々、ジジとババに、今年もくれました。少額ですが新札紙幣でした。

これからも、お付き合い出来ることを大変感謝しております。

 

 

子供のように、私が、アンパオに興味を示して、質問しようなら、

数人が袋だけ?をくれました。「あなたも、誰かにあげなさい」と

いうことだったのか分かりませんがとってありますので、

赤は中国では縁起のいい色なので、当然、「紅包」も赤です。

 

 

マレーシア政府も、他宗教・多民族国家を謳ってますし、

お互いがお互いを尊重するように指導してきたようです。

他の同じような国に比べたら多少の問題があるにして

も、安全や、国の発展向上の意味からも、良い共存共栄だと

言えると思います。

 

 

今回も、お互いがお互いの休日を共有してるから

いいんじゃないですかね~。

我々も、あやかってますよー・・。年末、正月明け・・

ゴルフ場などガラガラです。

休日ごとにバラエティな雰囲気を体験できます。

 

これは、チャイニーズ服装で記念写真を撮りますよ・・

という看板ですね。

 

この時期、どこにでも掲げる垂れ幕など・・・

「Gong  Xi  Fa Cai 」(ゴン・シィー・ファー・チャイ)

と読みます。

広東語では発音と書き方が違うらしいです、1度教えてくれましたが

忘れましたが、たしか、(コン・ヘイ・ファー・チョイ・・?)

だったかな?

 

 

 

そう、いえば・・英文でメールを・・思い出しました・・ありました。

「Kong  Hei Fatt Choy and happy Chor Pat 」とありました。 

 

チャイニーズ系は赤と金色が好きです。

 

 

「謹賀新年」「明けましておめでとう」という意味の他に、

華人系に聞きましたら”今年も儲かりますように”らしいです。

英語の出来ない私に、「リッチ、リッチ」

と言ってました。

 

去年はウサギ、その前はタイガー、

今年は町中が「ドラゴン」一色です。

架空の生物、怪獣とはいえ、日本人にも相、通じるものがあって、

アジアに親近感を覚える理由の一つでしょう。

 

 

チャイニーズの友人に折り紙でドラゴンの子供、赤ちゃん?

「辰の落とし子」を作ってプレゼントしました。

たいへん喜んでくれましたよ

尊敬する折り紙の先生に教えていただきました。

ありがとうございます。

 

きょう、ブキビンタンの「パビリオン」に久々に行ってきました。

KLの、他の日本食食材全部を探してもないものが、あの、

パビリオンの中にある「ダイソー」で売ってるのです。なぜか、

他の同じダイソーでも売ってません。ガソリンと駐車場代の6リンギ

かけてもゲット出来て満足。

大事な食糧なのですよ。この紙面で言うと、売れ切れになるので、

お教え出来ません。な~んてね。

 

私って、意地悪ですよね。ごめん。ま、笑ってすごせる範囲のもの

ですから。

(ホントは、ちがったりして・・・。すごい情報だったりして・・・。) 

 

この、パビリオンのドラゴン・(龍)・(竜) は約180mの長さだ

そうです。びっくりです。きれいで、勇壮、壮大、龍は、

悪漢ではなく、「圧巻でした。

 

はんこ屋さんですね。「これは、全部、ストーン、ストーン(石)」

と言ってました。別に、これは、「プラスチックか?」って

聞いたわけでもないのに・・・。

 

 

女房、曰く、「あなたも、こういう笑顔になりなさいよ~ 」と。

なりたい、なりたい~。しあわせだろうな~。

「おまえみたいに、なれないんだよ~。」

 

 

 

 

 

上階の「東京ストリート」にも再度、行ってきました。

 

入口近くで、盆栽を売ってます。以前は、ミッバレーにあったの

ですが、いつの間にか、姿を消してました。よくわからない

世界の盆栽ですが、興味があって、NHKの「趣味悠々」を見たことも

あります。

将来にはやりたいことの一つなのです。盆栽は、日本国内では、

存続の危機にみまわれてますが海外、特に、ヨーロッパ、フランス・

イタリアなどでは人気上昇中、外国人の買い占めも増えてきたようですね。

思うに、頭脳流出が問題、叫ばれてますが、日本でしか出来ない素晴らしい

文化をちゃんと日本の土壌で保存・継続・育成した上で海外へと・・・。

日本の伝統・文化を忘れたくないですね。

 

 

 「盆栽」には「凡才」が似合うって・・・? 

いや、「凡才に、盆栽が似合うんでしょ?」^^^「へっへっへ」。

 

今では、世界に有名な日本の「ダイソー」ですね。

 

突然ですが、「フィギア」について。

このようなお店は、やはり大きなショッピングセンターにあります。

あるショッピングセンターの映画館街にあるお店で、日本の孫娘、

そっくりに作ってくれよということで、写真とお金を払って注文。

待つこと、10日間 。

出来てきました。

 

 有名人は、ホントに似てました・・・が私のオーダーしたものは・・

あんまり・・似て・・ないな~。契約では、もし、出来上がりが

似てなくて、気に入らない場合、作りかえが出来るが、

さらにRM50プラスと日数を要することになるということでした。

迷った挙句、そのままでいいよ・・と。日本に帰って、

お母さんである娘と、孫から・・冷た~い視線を感じました。

明らかに、似てない~って?

孫に喜んでもらおう一心で、マレーから持ってきたのに・・・・。

 

まぁ、べそかいてる私を察して、

「似てないようで、似てるよ」ということで、ほっと落ち着きました。

人間面白いもので、「似てるようで、似てないよ」と言われると

つらいものがありますね。言葉の使い方で、こうも、

意味合いが変わってきますね~。

日本語は世界でも難しい言語だってことだね。その、難しい言語を

母国語にしている我々は大したものなんだよ。

だから、英語なんて、けちょんケチョンにしよう。

 

 

なぐさめられたのかな~。孫の顔が作る側で、難しかったのか? 

いや、あんなかわいい、作りやすい顔は貴重だよ。・・・

と勝手に、1人で・・ぶつぶつ・・。

 

ここは、パビリオンの「フィギア」製作の店、プロモーションなのか、

私が作ってもらったところより、RM 38も安いよ。上半身だけのせいかな?

なんか、似てそう。

日本の小泉元首相までいるよ。(左下から2番目)

 

有名人はなぜか似てしまうのです。似顔絵もそうです。

思うに、芸能人、タレント、有名人はすでに我々の頭の中には

そのイメージが出来ているのですね。たとえば、めがね、ひげ、

特徴ある髪の毛、トレードマークの帽子や、服装などなど、最初から、

似ている材料から見てしまうので、似てるのです。まあ、顔だったら、

有名人はもともと彫が深かったり、目鼻立ちがはっきりきれい、

特徴ありますからね~。・・・・とまぁ、負け惜しみを言ってます。

 

パビリオンにあるイベント会場のお店でした。

では、また。

 

ブログ、ランキングに参加してみました。ポチっと音が?・・・。

 

コメント

年末の「TTDI」ウェットマーケットで

2012年01月27日 | 町・街の旅とお店

今年のチャイニーズニューイヤーと言えば、

1月22(日)と23(月)です。日本でいえば

前日・前々日に当たる・・「年末」・・の20(金)に、

TTDIマーケットに行ってきました。

日本人もよく利用しているこのマーケットの姿・・・・。

 

 

 

ここが有名でよく活用される理由は、「豚肉」に寄与する

ところが大です。豚肉が安く、新鮮、臭みがなく、柔らかい、

アクの出が少ないし、肉を注文して出来上がるまで、2階・3階に

行って、他の買い物もついでに出来ちゃうからです。

肉のやわらかさはホントにビックリです。値段から

言っても、やはり、ここを利用しちゃいます。

 

年末の肉屋の前の行列

 

 

カタコト日本語OK、いつもの肉屋さん、

ここちよくモデル、OK.

 

よく、個人的に利用してます。豚肉は、1度に全部で4kg~5kg

まとめて買ってしまいます。奥様達のグループ買いもあるらしい

ですが、個人的に買うので、マイケルさんに、へんな日本人

思われてます、、たぶん・・。

骨やタン(舌)なども買いますから・・。

 

いつも利用してる八百屋です。

 

エビなど、よく利用する魚屋さんです。となりの魚屋も日本語片言OK.

「きょうは、なに、するねん」だって。ほんとかな? マレー語が

そのように聞こえたのかな~?

 

マレーシアの「ネコヤナギ」・?・・・・そうだって。

 

お正月の花だと思ったけど、ローカルに聞いたら、いつでもあるって・・・。

 

マレーシアの”ヒョウタン”だと思ったけどなあ~正月だけ?

・・そうだって・・。

 

 果物屋さん。   いいかげんにして・・・・だって。

 

たまに利用する鶏肉屋さん、でも、最近は鶏は大きい

スーパーでしか買いません。

ここではないですが、臭うところはやめました。

 

食糧品店、なぜか、粒ぞろいの玉ねぎをパックに・・・。

 

また、私達は、ある慈善ボランティアを華人系の人たちと

やっていて、ここの野菜市場には調理食材仕入れということで、

月に2回ほど、別口でノコノコやってきます。

いっぱい、買っていきます。

 

赤いのは、赤トウガラシです。平たく言えば、「タカの爪」。

 

平たく言わなくとも、誰が見ても、丸いピータンです。

ピータンとは、主にアヒルの卵を木灰・粘土・茶・消石灰などを

練り合わせ、土の中や冷暗所で2か月から4か月位、発酵、熟成

させるらしいです。割って開けました、いやー~、大変なものです。

明らかに腐ってます・・です。・・強烈なアンモニウムの臭いには

まさに「トイレの匂いが・・」おっ、失礼、でもすごいですよ。

中国ではあまりにもポピュラーですがね。

 

華人の友人が、私が面白がるものだから、買ってくれました。

下の写真のこの黒いやつです。

 

家に帰って、割りました。それは、ホントに腐ってました。

ほんとですよ。というのは、普通のピータンは、白身部分は

茶色く透き通り、黄身部分は黒光りしており、

ひびのような模様までついてます。つまり、固いのです。

 

それが、それが、びちゃびちゃ、形がないんですよ。当たり外れ

だったのかな?

だから、「腐ってる」の3倍くらい、腐ってたのですよ。

二度と、たぶん、いりません、見たくありません。

日本の中華料理店では、割って、乾かして、ニンニクやオニオン

などと一緒にして匂いを、一応消してから客に出すそうな・・。

 

 

 

この店では2種類のピータン。

聞いたら、黒いのは、真っ赤な太陽~~、ハリマオーを助ける少年、

タドン小僧です(やはり、年がわかってしまう)。「すすと炭」

らしいです。

黒い方をビニールにくるんで売ればいいのに・・・・・・。

手が汚れてしょうがないだろ。ねぇ。左は「わら」だから、

手は汚れないでしょ。

 

 香辛料店・自家製ソースも販売。・・・

ここ、いつも、人、いっぱいだって。

 

あ、そうそう、表の駐車場ですが、15分以内だったら、

無料だと知ってましたか?ほとんどの人は、15分は過ぎてしまいます。

日本人でも、知ってる方もおられますが、華人系から教えてもらいました。

1分オーバーして何度も普通に金額取られたことを思い出しました。

華人系の友人、くやしがってたな。私も一緒になって・・・。

・・・だって、マレーって、けっこういろんなところで、

いい加減で不手際なのに、へんなところで厳密なのは、ある意味、

腹が立つこと、ありますよ。ったく。ね~。

まぁ、いいですけど。

 

 花屋さんですね~。

 

トンカツをやるときは、「とんかつ」と注文するよりも、

「ヒレ肉」とオーダーして、ヒレトンカツにして食べる方が

まるでおいしいです。ただ、とんかつの多少のスジとおいしい脂が

お好みなら「とんかつ」と言えばいいのです。

 

麵・メン・めん 専門店。

 

 日本人、御用立つの肉屋さん、

また、「しょうがやき」もありますが、私達の場合は、使い勝手の

良い、「しゃぶしゃぶ」を注文し、何にでも活用します。

生姜焼き・しゃぶしゃぶ・焼き肉・すき焼き・肉野菜炒め・カレーなどに

です。

 

 

ただし、薄いスライスなので

料理する時は、あらかじめ、手で1枚1枚をほぐして、

又は適宜にカットして、

くっつかないようにして、火を入れた方がいいです。

 

 

ほとんど、正月専用。ミニみかん、観賞用。

  

豚肉はノンハラルだから、1階の端っこに位置してますが、

たまに、全館ゆっくり廻ると、

ここで何か発見出来るかも知れません。

 

 

このマーケットは、諸先輩の方たちには、お馴染だとは思いましたが、

今回は、華人にとってのCNY。年末のTTDIマーケットに行って、

いつもと違う活気を感じ取ってきました。

やはり、おいしい豚肉はおすすめです。

 

3階の”カフェテラス”ですたい。

 

”いろいろ”なお店。”色々”と。マレーシアは、カラフルがお好き! 

でも、この店は、まだまだ、徐の口ですね。

 

 

野菜・・豚肉・・魚・・鶏肉・・牛肉・・羊肉・・フルーツ・花屋・

家具屋・・衣類・・乾物・・香辛料・・雑貨・・飲食店・・豆乳屋・

豆腐屋・・熱帯魚・・本屋・・駄菓子屋・・などなど。

 

と、いうわけで・・・。 

スーパーとこういうローカルのマーケットを使い分けて食してます。

 では、また。チャイより。

 

ブログ、ランキングに参加してみました。ポチっと音が~・・・。

 

 

 

コメント

ロイヤルセランゴール・ピューター工場見学

2012年01月25日 | 町・街の旅とお店

 

社会見学、「ピューター作り体験」してきました。

 

 

日本人会の会員になると、何かといろいろ、こちらで生活する上で、

ためになること、役立つこと、生きてゆく上での励みになることが

いっぱい活用・利用できます。クラブ活動や、ボランティアはもちろん

ですが、施設内のテナントもすばらしいものがあります。

年間を通じて、行事や催事もしっかり準備されていて、ボランティアで

参加し、盛り上げて下さる方たちがいるからこそ私達はその恩恵に

預かることが出来るんですね、感謝しております。

 

 

 

 

その中でも

今回は、かとれあ会主催の「社会見学のピューター作り体験」と

いうことで、参加させていただきました。1年に1~2回開催

してるみたいですが、もうすでに今まで経験された

諸先輩もたくさんいらっしゃることでしょう。

 

 

だから・・・こわいから、軽くいきますよ~。

 

昔は、これらを切り取りながらお金の代わりにしていたそうな・・。

カメみたいな貨幣が?いや、カメでなく、ゾウだそうです。明らかに、

ぺッシャンコですね。

 

 

 

 

 

ロイヤルセランゴールの工場見学とピューター作りに挑戦と

いうことでした。

ここ、ロイヤルセランゴールの製品は、今でもほとんどの工程が

ハンドメイドということらしいですね。確かに、設計図、製図

、鋳造、研磨、艶出しや完成品のチェックにいたるまで、私は、

作業場、現場に興味深々でした。

 

 

 

 

 

このカバさん、もし、ゴロンとひっくり返ったら

「00」になるのかな? そんな、ばかな。

 

あっ、そうか、う~ん、カバでなくて、ワニかな~。

聞くのを忘れました・・・。

すずしい顔をしています。錫(すず)で出来ていますから。

 

 

かなり、素晴らしい製品です。 

 

 

補足:

工場に着く前から、お土産製品売り場では、決して買うまいと

心に固く決めていたのに、日本語通訳のあの女性のやさしくて、

きつい、つっこみ?の話術でつい、買ってしまいました。

この、スタッフのせいではなく、やはり、見学していくうちに、

錫の持つ、独特の光沢と保管能力などの魅力に、はまり、つい

つい・・という結果になってしまったというわけです。

ちょっと高かったけど後悔はしないことに・・・

腹へっても、2日間位、ご飯なしということで・・・。

ちなみに、MR750だったので、今現在のレートで、

¥18600です。日本では何倍もするでしょうと・・・。

重量は950gもありました。

 

 

日本人会における、かとれあ会などボランティア精神は

すばらしいですね。奥さま達1人1人の小さな力が大きいものを

動かしてるような気がしました。今回の見学ツアー参加させて

いただきましてありがとうございました。

 

 

 

  

~~追伸~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

かつて、マレーシアは、錫(すず)の採掘量で、世界有数国であった

時代があり、1985年の世界的な錫の大暴落でどんどん、

なにもかも衰退していった経緯があったようですね。

 

以前に、ライオンズクラブ自然発見ツアーへの参加、

「錫採鉱の町への旅・・」で、ペラ州の町、バトゥ・ガジャ

(Batu Gajah)に行った時の画像が出てきました。もう、

10年間も野ざらし状態の採掘船でした。船底に穴があいているため、

傾いており、放置状態です。が、かつての繁栄を想像しました。また、

その当時は移民や貧しい労働者も働いていただろうし、ここで、

24時間生活し病気やケガで病院にも行けず、死んでいった者

もたくさんいたのだろうなと、想いながら、探索したのを思い出しました。

 

 

 

また、天気もあまり良くなかったのですが、暗い採掘船の中を

歩いてゆくと、どこからともなく、耳元にピュー(タ)ーッと風がふいて

くるし、天井近くのシャベルみたいなゴンドラから、ガタン、ガタン

と奇妙な音が聞こえてきました。

メチャ重い鉄だから、普通に音は出ないはず・・猫や風には出せない音・・。

寒気がしてきました。この奇妙な音は一緒の

スタッフも聞いています。

 

 

実際に見た採掘船の中には、錫をすくい上げて水と分けてゆく

ゴンドラみたいな真っ黒い鉄の塊が数百個ちかくありました。

すごい迫力で、兵器戦車工場のようにも感じられましたが、

これと全く同じ大きさのゴンドラ?模型がセランゴール

ピューター工場に、1組(2個)だけ、吊り下げられ、展示されてましたよ。

 

 

ついでなので・・・。ここ、バトゥ・ガジャの近くにある

「ダッグ・ファーム」に自然発見ツアーで行った時のこと。

かわいいアヒル・おいしそうなアヒル?に圧倒されました。

その時の画像です。

 

生後3日目という約5000羽のアヒル。

 

放し飼いのアヒルは毛並みもいい・・・。

 

 

生後15日目のアヒル。すこし、生意気になって・・。元気。

雛から56日間飼育されて出荷されるそうです。

おいしい北京ダック?となって、どこかで、お会いしましょう?

・・・食卓で。

 

 

 

***「ライオンズクラブ自然発見ツアー」とは、マレーシアの

自然保護運動に寄与する行事の一つで、2003年から2011年まで

(現在28回),いろいろな自然発見をめざし、自然を大切にしようという

精神のもとでバスツアーを組んでます。

このツアーで感謝すべきは、ライオンズクラブのメンバーの方たちの

念入りな下調べ、調査とツアーの精査をボランティアでしてくれている

ことです。だから、

私達は安心して、旅行に参加できるのです。ありがたく思ってます。***

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

途中、”旅行”に行ったりして脱線しましたが、ピューター工場でのスズの

お茶入れ器の購入は気に入ってます。(中国の [竹] のイメージだとか)。

”””””””””””””””””””””” 

 

 もう一度、ドーーン。(両側のへんな半円形は工場での錫(すず)での

自作体験作品です。たたいて、たたいて、まわして、まわして、

作るのです。ここを見学した先輩諸氏にはご存知のことですね)

 

 

では、また、お会いしましょう.

ブログ、ランキングに参加してみました。ポチっと音が~・・・。

 

 

 

コメント

あっと、驚く、見てはいけない「まるはだか」

2012年01月22日 | 街中の面白いもの

あっと驚く・・見てはいけない「まるはだか」かな・字あまり。

 

ごくごく、(水を飲んでるのではなく)ごく、当たり前に、

ショッピングセンターや街中で見かける光景です。右から、

豚バラ・ダッグ・湯たんぽ・豚もも・チキンだと思います。

・・湯たんぽ?・・カメの中身なし・・? か?

違いますね~。なんでしょう、私も知りません。

 

人間というものは、いろんなものを食べるんですね~。

今まで、街中などで、過去に発見したものも含めて、

お届けーです。

 

 

 

ローカルの友人に連れて行ってもらいました。パンダン・ジャヤ

というところにあった、レストランで、「ワニの卵」でオムレツを・

・という注文でしたが、結果的にスクランブルエッグになって出て

きました。鶏の玉子よりすこし弾力性があって、臭みはありません。

鶏の卵の10個分あると言われました・・が?・・、

るわけなかった、4~5個分でしょう。こちらの人は、おおげさです。

白身が多くて、黄身の黄色が少ないと思ったな~。次の日に、

ワニの卵料理でTVの取材が来るというので、この割った玉子の

カラにマジックで、名前を書けというので、皆で、書きましたよ。

その写真がないのが残念です。

 

 

 

クアンタンへゴルフに行く途中、ローカル友人の知り合いだという 

お店の裏側を

のぞかせてもらった。初めて見たのです。そこには・・なんと・・。

 

 

豚さん ののびのび~の 「ストレッチ体操で、日光浴」の 姿 

でしたね~~。

びっくりでした。

 

 

「もっと、そっちへ行っていいですか?」と一応、お伺いをたてて、

写しました。この、現実を見てやってください。

 「張り裂けんばかりの背のび体操」でした。

 

 

さらに・・・いつまでたってもストレッチのアスレッチ、

コピーペースト?

貼り付け? ですもんね。

動けない。動けない。

 

 

次の日、安ホテル!、夕飯の時間があまりに遅いので、待てなく、

車でちょっと遠出して、カンポンのレストランに入りました。

総勢、友人家族子供含めて15人。

 

「リス・・食べる?」と急に言われ、「えっ」・・私は何でも

食べたいクチなので、2つ返事で「はい・・」でも、あの、

かわいいリスさんでしょう?。

よく店で売っているぺットのリスを想像してましたが、野リスで、

ゴルフ場に、また、街のコンドの庭にもよく飛び跳ねています。

黒い、その、リスでした。

味は、鶏肉のちょっと固めのような、やっぱり、あまり肉はついてません。

 決して、おいしいとは言えません。

濃い味付けなので、わけがわかりません。リスは目がいいので、

これを食べるとゴルフで、ボールがよく見えるようになると言われて、

ばくばく喰ったジャパニーズがおりましたが・・・。

言っときますけど、私じゃありませんよ。ほんとに。

 

また、友人、ついでとばかり、 「イノシシ、喰う?」と、

また、きたもんだ。

またまた、私は喰いたいクチですから、「はい・・。」と返事。

イノシシの肉は、缶詰でも普通に売ってますから、ただ、わざわざは

喰いたくありません。安くないしね。このイノシシの肉は調理の仕方

によるのでしょうが、たいへんやわらかくおいしかったなー。

でも、なんで、こうも、煮込色、マレーのお店は濃くするんだろう?

と思いながら喰ってました。たぶん、

ブラックソース、カキアブラのせいでしょう。

 

 

この料理の方が色が濃いですが、やはり、なにか獣(けもの)の肉?

だったような、覚えてません。

そうなのです。覚えてなくて良かったと思ってます。

「イグアナ」だよ・・なんて言われたら・・ショックです。また

「サル」だよって言われてもショックです。ゴルフやってると、

しょっちゅう、イグアナが、ノシノシ・・猿がキーキーやってます。

見てますから。

 

 

さて、私のコンドのすぐ近くで週3回の朝市があるのですが、

そこで、またびっくりの映像です。記憶では「ヤギだよ~。」

と言われたと思ってますが、「羊かな~?」と・・たぶん、ヤギです。

わかりません。でも、もっと、ちゃんと聞いておけばよかったなぁ。

 

イスラムの関係で、これに関しては、豚肉ではありません。

 

 

チャイニーズの友人夫婦が、カンボジアに旅行した時に写したと

いう写真をメールでいただきました。

 

これは、牛肉・ビーフのバーベキューだそうです。ちょっと、小さいですね。

子牛(仔牛)かな? もう、焼きあがってますね。上の段にひっかけてますから

保温状態、熟成状態ですかな。

 

「び ゃ~!」「ぎゃー~~」

びっくり・ビックリ、食べすぎて、ヒックリしないで下さい。

ひっくり返らないでください。倒れないでください。

ヘビとトカゲだそうです。食べやすいように串まで刺してくれてますね~。

ヘビの方も、干物で、しゃぶるのか?出し汁をとるのか?どうするんだろう?

「わかりましぇ~ん。」でも、知りたいな~。

 

 

 む・む・む・む・・・めめめめ・・。

 

次の、これ、いやです~~。コックローチですよ。さすが、

これだけは、クチにしたくありません。カンボジアでは、これを

炒って炒めて?路上で売ってるの?

 

体に良いんだろうか?美容に良いんだろうか?ケツにいいんだろうか? 

「ケツ?」

いやいや、ケツアツ(血圧)ですよ・・・。

 

ゴキブリ、ごきぶり、なんて、口にしたくありません。

「助けて~~。」

「ひぇ~」。

 

 

もひとつ、おまけに、下の写真、「ひぇ~=」。

嫌いな方には、ほんとに、ごめんなさい。でした。

 

でも、人間、食糧なしの極限状態で、まして、もし、栄養たっぷりな~んて

言われたら、食べるんじゃないのーー。あなたならどうする?

あなたも、食べますよ~。きっとーー。

  

というわけで、町の中の発見、再発見でした。

 

日本のウサギのチャイにコックローチを

食べさせたら、うちの娘、カンカンに怒るだろうな~。 

ありゃー・・チャイも「ブゥー、ブゥー」(やめて)と、うなってます。

(ウサギは、怒ったとき、鳴き方が「ブゥー、ブゥー」か「クゥー、クゥー

となります)

では・・また・・。

ブログ、ランキングに参加してみました。ポチっと音が~・・。

 

 

 

コメント