マレーシア発見・再発見!快傑ハリマオ、真っ赤な太陽へ

ジイの毎日新発見伝!暮らしの中の再発見、人生いろいろあるけど、あったけど「今」をゆっくり前向きに生きていきたいな。

ロックダウン負けない自家製マスク作り。プリーツマスク形式で 不織布とレンジフードフィルター入りだ。

2020年05月21日 | 未知のことに挑戦

         

         

 

ロックダウン負けないぞ自家製マスク作り。プリーツマスク形式

不織布とレンジフードフィルター入りだ。その他諸々再発見。

 

アップルカービングさんが、睨み聞かせて、笑ってる・・・・・

 

日本ではまだマスクが行き届いてないのに?マレーシアでは

今ではどこでも売っている。

 

ただ、最近のスーパーで売っているマスクのシールには、生産

会社名なのか?輸入業者なのか?わざわざ中国語マークが貼って

ある。全スーパーじゃないけど、1袋づつにシールはおかしいぞ。

 

矛先を変え世界に輸出支援してますというアピールか?いかにも

中共の策略のような気がする。手に取って見た目は綺麗だったが、

果たして大丈夫かな。

 

 

そんなのをよそ目に我が家では自家製マスクを作ったり、例えば

靴下(新品)でも作ったりした。適度に伸びるからだ。ただ靴下は

かなりビッグサイズじゃないとダメ。・・・適用外。

ちなみにマスクは、医療用マスクと産業用マスクと家庭用マスク

とに分かれると思う。医療用マスクはサージカルマスクと言われ、

産業用マスクは防塵マスクとも言われる。私達になじみがあるの

当然家庭用で、プリーツマスクに代表されるように縫うガーゼ

式や布製とか圧式の不織布になると思うけど、、、

 

普及している家庭用は、ポリエステル不織布とポリプロピレン

不織布で、我が家の手作りマスクは、手作り布マスクに

この不織布とレンジフードフィルター(又はエアコンフィルター)を

マスクの大きさに切って中に2重に差し込む方法を取っている。

何回も洗えるし、中身のフィルターも洗える、けど交換はある。

 

そういう中で、自粛生活を逆手に取りいろんな形にもトライした

KLでも、ダイソーで「レンジフードフィルター」を買えたしね。

 

ある時は、布があまったというので、奥さんがミシンで多めに作り

ローカルの知人にプレゼントしたこともある。

そういう私も生まれて初めてのミシン操作で、失敗しながらも、

4種の自分だけの布マスクを完成させた。(ブログに既に書いた)

 

そういう中で下のように、よくある買い物袋を切って、自分で

ミシン縫い、ペットボトルのキャップを利用してそこへ不織布

マスク生地を3重に詰め込み、呼吸も楽な特製マスクも作った。

 

ただ、コレ付けての外出は一度もない。自分で作っているのに、

かなり勇気がいるよ。動画によると、ベトナムでバイク乗って

いる人が、もっと上手に、これと同じ手作りしをしていた。

コレ付けて街の中歩いたら、「変な人」と思われるなぁ、絶対!

こういう「フェイス・シールド」も今では一般的になってきた

困難時、楽しく生きねば・・自家製フェイス・シールドも作って

しまったのだ、、、でもコレ、途中で製作止めた。なぜ?

やっぱり、コレして、コレ被って、外出するには先ほどの10倍の

勇気がいる。使わないゴルフ帽子が10個くらいあったので、つば

を切って一つダメにして、縫って改造を加えた作品になるけど、

やっぱり実用的じゃないな。やっぱり、恥ずかしくて出来ないな。

目の前が、うねりで、上下に、痴裸痴裸?・チラチラするし・・

下の画像は、中国でのシーン・・・・

中共肺炎、武漢肺炎大騒ぎ当時、中国でこんなダースベーダー

みたいな風貌、ペットボトルでフェイスガードシールドを作った

人がいたんだね。実際電車内でも発見でしたクワバラ、クワバラ。

 

 

・・ロックダウンが条件付きでかなり緩和された現在ですが、

・・・でも、負けないぞ、自家製マスク作りを振り返りました。

・・・・・そして、あっと驚く、ガードフェイスマスクでした。

 

有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです。

      

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも

           

コメント   この記事についてブログを書く
« 第10弾:田中裕子が綺麗だな... | トップ | 第11弾:大原麗子 サントリ... »
最新の画像もっと見る

未知のことに挑戦」カテゴリの最新記事