マレーシア発見・再発見!快傑ハリマオ、真っ赤な太陽へ

ジイの毎日新発見伝!暮らしの中の再発見、人生いろいろあるけど、あったけど「今」をゆっくり前向きに生きていきたいな。

男の素人料理:マレーシア「里芋」ってどうしてこんなに固ぇ~の。芋の煮物。

2019年01月12日 | B級以上目指してグルメ

         にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

         

 

 

里芋は、何かと脇役にもなり主役にもなる。ただ、ここマレーシアの

里芋は、一様に「固い」!!!いくら煮ても固い。


一般的に、煮方はいろいろあるようですが、泥落とし洗ってそのまま

煮る・・両端を落とし、煮る・・ちょっと切り目を付けて煮る・・・

又は洗った後、水分付けたまま、ラップかけて電子レンジでチンする

方法・・など。

 

下は両サイドカットして、ちょっとだけ切り目を入れて、レンチンに

した状態・・・でも、これってある意味、端っこがモッタイナイ。

洗った後、丸のままに切り目を入れてレンチンがいいかもしれない。


 

 

 


マレーシアの里芋の場合、ホクホク熱いまま皮剥いた方がむけそうだ。 

 

 

こうやってそりゃ~剥けますが、時間がある人は鍋で水から煮る方法が

いい。時間の無い人はやっぱり電子レンジかな。通常は、両方とも水に

つけて皮剥くと剥きやすい。

 

里芋は冷凍が効くんです。むしろ冷凍した方が繊維の細胞が壊れて、

後で味が浸み込みやすい。しばらく使わないようなら、ボイルして

拭いて乾かしてジップロック冷凍がいい。又は丸のまま、洗って

拭いて乾かし新聞紙包み冷凍。ボイルする前、ぬめりを取る時は塩を

振り、こすればよいはず。

 

とにかくマレーシアの里芋は固い。それに味がないのとぬめりがない。

だから柔らかくする方法を知ることが大事。煮つける方法も大事。

・・・・・・・・・・・そういう自分だってうまくいかない時、多い。

 

今回、薄味で、自家製味噌と、自家製納豆も使ってみる。

 

鶏と里芋のスープ煮・・・・・・・・・・・・ 

 

 

納豆入れても、結構似合う。 

 

 

ゴジベリーとフライドオニオンで・・決まりだね・・・・・・・・

 

過去に、秋に山形の蔵王に行ったときの帰り、河原で有名な「芋煮会」

出会った。その時の里芋は抜群に美味しかった。日本の有名な里芋煮

ですから そうですが、マレーシアではそうはいかない。それを懐かしみ、

作った今日の一品でした。

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです。

      

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ          

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« こういう女性もいるんですね... | トップ | 美しいジェット機のダンス。 ... »
最近の画像もっと見る

B級以上目指してグルメ」カテゴリの最新記事