マレーシア発見・再発見!快傑ハリマオ、真っ赤な太陽へ

ジイの毎日新発見伝!暮らしの中の再発見、人生いろいろあるけど、あったけど「今」をゆっくり前向きに生きていきたいな。

①マレーシアにて「犬の肉食べた経験」&「ウミガメ卵食べた経験」を振り返る。サバ州にて

2020年09月29日 | 未知のことに挑戦

         

         

 

 

第1弾:【マレーシアにて『犬の肉を食べた経験』&

    『ウミガメ卵を食べた経験』を振り返る。サバ州にて】

 

というタイトルになったけど、最近下記のニュースを見たことで、

8年前の記憶を思い出した。私達にとって貴重な体験だったから

です。懇意にしているマレーシア人友人の親戚の結婚式出席招待

を受け、サバ州のサンダカン迄行った時の思い出であります。

・・・・・結果的に、この旅日記総集編、3回に分けて書きます。

 

下記のウミガメ卵ニュースは、2020年5月21日時点となります。

でもこれって、8年前頃にも同じようなニュースがあったんだけど

============================

マレーシアのウミガメ産卵地、

繁殖目指し卵の取引全面禁止へ

 
クアラルンプール/マレーシア [ マレーシア アジア・オセアニア ]

このニュースをシェア

マレーシアのウミガメ産卵地、繁殖目指し卵の取引全面禁止へ
1/5
マレーシア・トレンガヌ州の州都、クアラトレンガヌの市場でウミガメの卵を売る人(2020年5月21日撮影)。(c)STR / AFP

ニュースの詳細:

【5月21日 AFP】マレーシアで、ウミガメの主要産卵地となっている北東部トレンガヌ州は、絶滅が危ぶまれているウミガメの繁殖を促進するため同州での卵の取引を禁止する方針だと、当局が21日、明らかにした。

 トレンガヌ州ではウミガメが岸をはい、海辺に卵を産み落とす姿がよく見られる。ふ化した赤ちゃんが手足をばたつかせながら海に向かう様子を見ようと、大勢の観光客が集まる。しかしウミガメの肉や甲羅が狙われ、その数はここ数十年で急減。卵の不法な採取が横行していることも、大きな脅威となっているトレンガヌ州は動物保護団体から圧力を受けながらも、一部の種の卵の取引を容認し続けてきた。卵は地元で人気の珍味であり、市場で公然と販売されている。

同州のある政治家はAFPに対し、「同州に来るあらゆる種類のウミガメの数が激減したため」、卵の取引を年内に全面的に禁止することを当局が決定したと明かした。

 その上で、「海洋生物を救い、環境を守り、州の観光収入の増加の一助になることを期待している」と述べた。ただ、禁止規定に違反した場合の罰則については言及しなかった。

 トレンガヌ州では、ウミガメの卵に催淫効果があると考える人もおり、卵の販売や食べることが地元の文化の一部となっていることから、取引禁止の徹底には困難も予想される

============================

 

マレーシアトレンガヌ州でも、海亀の産卵風景を見たことがある。

現地のスタッフ=レンジャーから産卵の時期や時間を告げられて、

それに合わせて海岸に行くのですが、夜になり、懐中電灯で見る

ことになります。現場まで行く時間や日程はまちまちで

・・・「カメさん次第」で・・「カミさん次第」ではありませぬ。

 

母親ウミガメが、大きく砂を掘った中で、涙を流しながら産んで

いる姿はすごく感動的だった。近くで見れたけれど、10m先にも

同じようなウミガメがいた。後日、保護を兼ねたウミガメ水族館

みたいな施設にも行った。

(後日書くけど、海亀の涙らしきは、いわゆる涙ではないらしい)

 

そこにはあまりに可愛ゆいウミガメ赤ちゃんがたくさんいたっけ。

赤ちゃん亀は、身体全体が光沢のない炭のような黒になっている

ことにも新鮮さを覚えた。手のひらに乗せると、あの手で、前に

漕ぐように動く・・結構力があるのです。

ウミガメは、マレーシアのボルネオ島や、レダン島、東海岸だけ

じゃなくコスタリカとかタイランドなど他のの海岸でも見られる。

 

そしてボルネオ島のサバ州でもそれは普通の事で卵を売っている

業者もおり、KLから一緒に行った友人マレーシア人は食べる事

への躊躇は少しあるようだったが、彼らのおばあちゃんは昔から

食べている事でもあり、私達日本人夫婦にとって生まれて初めて

経験だという事を見越して、親切に、お客として自宅でボイル

して食べさせてくれたのでした。

 

この時のサンダカンへの来訪が、私達夫婦にとって初めてこの地

を知る事となり、だれ一人も来ないと思われる「日本人墓地」

にも行きました。

この時の旅日記は過去ブログにも書いた。2020年コロナ禍で今、

サンダカンの旅思い出すのは、

1「中国系マレーシア人の田舎の結婚式」に参列出来た事・・・

2「世界一大きな花の、命短い”ラフレシア”」を見れた事・・・

3「”森の人”という意味の、オランウータン」に出会えた事・・

4「蛇の皮のようなフルーツの”スネークフルーツ”」を知った事

5「ウミガメの卵を生まれて初めて食べた事」、そして・・・・

6「”犬の骨付き煮込み”を生まれて初めて食べた事」、そして・

7「誰も訪れない”日本人墓地”」へ行った等、衝撃的な経験だ。

 

明日、第2弾はウミガメの卵を食べた経験談ですが、

明後日、3弾で書くのは「犬肉煮込み」生まれて初めて食べた件。

1軒目のお店は定休日で、2軒目で食べました。これこそ「2犬👀」

・・動物愛護は、この場合、お許しください。

・・ではまた、明日!「ウミガメの卵」で。

 

有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです。

      

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも

           

コメント   この記事についてブログを書く
« これが本当の「アクロバット... | トップ | 5弾:いつものように、不思... »
最新の画像もっと見る

未知のことに挑戦」カテゴリの最新記事