マレーシア発見・再発見!快傑ハリマオ、真っ赤な太陽へ

ジイの毎日新発見伝!暮らしの中の再発見、人生いろいろあるけど、あったけど「今」をゆっくり前向きに生きていきたいな。

2回目:「ソフトシェルクラブ」の唐揚げ。サクサクして美味しい。素人の男料理ですが。

2020年02月17日 | B級以上目指してグルメ

         にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

         

 

2回目:「ソフトシェルクラブ」の唐揚げ。素人の男料理ですが、

サクサクして美味し。これこそ全部を食べる無駄のない全体食。

SS2で仕入れたこの蟹さんですが、1ケース8入りでRM60という

ことは、1匹RM7.50で、日本円で約198.75円=約200円ですね。

 

アマゾンの日本の場合で調べました。入数やグラムでいろいろ

ですが、1例として、1箱14入りで送料入れて5470円なので1匹

390円です。マレーシアでは店に買いに行って200円か、やはり

安いですね。

 

さあて、ところで、料理の過程に入ります・・・・・

解凍の仕方は先日書いたけど、酒など入れて臭みを抜くとかいう

けれど、お酒がモッタイナイ・・臭いはほとんどしない。ただし

海で獲った生の場合は必要かも。

いくら水分を取ろうとしても、エプロン=はかま、のところの中

には内臓が入っているので多少残るけど、最後はキッチンペーパー

で吸い取る。

粉をつけてバッター液(トロ液)で揚げる。高温がいいが・・・

悪いことしてないのに「罰罰、バチバチ」と、油が跳ねるかも

しれないので、要注意です!

 

 

かご網の上に、キッチンペーパーが燃えないように乗せる。

スプラッターガードという油はね防止用の網があるらしいけど、

無いので、いつもこんな感じでやっている。

火は調節。唐揚げ粉、てんぷら粉、小麦粉、卵入り無しいろいろ。

カニの場合、2度揚げ(高温)することで、サクサク感が一層出る。

 

 

 

「五穀米の、ソフトシェルクラブ、カリー」です・・・・・

 

 

こちらは、「ピンク麺のソフトシェルクラブ、カリー」です。

 

今回は、ソフトシェルクラブを丸々一匹揚げた。半分に切ったり

小分けもいいけど、ボリューム感が出ないし、何の唐揚げか分から

なくなるので、カニは蟹らしく、大きくド~ンといきましたカニ。

 

 

有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです。

      

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ          

コメント   この記事についてブログを書く
« 信じられない。ボディアート... | トップ | アメリカ。ライオンを四つん... »
最新の画像もっと見る

B級以上目指してグルメ」カテゴリの最新記事