マレーシア発見・再発見!快傑ハリマオ、真っ赤な太陽へ

ジイの毎日新発見伝!暮らしの中の再発見、人生いろいろあるけど、あったけど「今」をゆっくり前向きに生きていきたいな。

1回目:「ソフトシェルクラブ」は脱皮直後のカニ。柔らかで美味しい。まずは仕入れ。

2020年02月12日 | B級以上目指してグルメ

         にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

         

 

 

1回目「ソフトシェルクラブ」は脱皮直後のカニ。柔らかで美味しい。

まずは仕入れ。

これってマレーシアに来てしばらくたってから、プチョンのバーガー

ショップで初めて食べたのがきっかけ。サンドイッチや、グラタン、

スパゲティ、サラダ、てんぷら、フライ、巻き寿司などにも、

いろいろ応用されている。

 

タイ料理の「プー・ニム・パッポンカリー」ってのも興味ある。

「プーパッポンカリー」はバンコクで、食べたことあるけど、

「プー」はカニの意味で、「ニム」は柔らかいの意味で、

そうなると、普通のプー=カニじゃなく、柔らかい蟹の

””プー・ニム”” の「ソフトシェルクラブ」ということになる。

 

日本ではワタリガニの唐揚げ、軟殻蟹の唐揚げなどで有名らしい。

アマゾンでも宅配仕入れられるらしい・・知らなかったデス。

 

昔はこの蟹は、あまり見向きもされなかったんだって。今では

アメリカのソフトシェルは、カニの水揚げ量の約半分らしい。

アメリカ人はカニ味噌は食べないらしいけど、もったいないな。

 

生体では1~2年に1回程度の脱皮があり。だからその時ふにゃ

ふにゃ。  でも甲羅から、足から、ハサミ、内臓まで全部食べら

れるなんてすごいと思います。

 

KLで色々買えるお店はあるのでしょうけど? 知っている場所は

PJのSS2にある「Nikudo Seafood」という海鮮問屋?さんです。

月曜定休で、7時から19時まで営業。

この隣の「YSK」や「三板頭」にも行ったことあり。豚肉の他に

魚介類もあるけど、生サーモンはここでは買えなかった。

 

蟹の卵入り・・です。

これです!「ソフトシェルクラブ」これは一般的には商品名です。

今回は1箱、RM60で、8匹入ってました。

 

1個1個包まれているけど、そのまま自然解凍・・又はぬるま湯に

入れて、最初、浮くけど、沈んだら、丁度解凍が出来たかな・・の

頃合いです。

 

ちゃんと水気を取らないと、脂の中でバチバチ=爆チ爆チになって

危険。数回水気を取り、最後にはキッチンペーパーで拭きます。

それでも中身は水気がある。後は粉をつけて又はトロをつけて

揚げるのだ・・・

揚げたものがコレ!・・・

次回はこの料理の途中、我が、家庭の過程工程行程のご報告です。

素人なので、プロの方には、笑われるかもね。

2回目に続きます・・・・・・・・・・

 

有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです。

      

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ          

コメント   この記事についてブログを書く
« 「食麺鮮・大碗飯・潮粥館」K... | トップ | 寝る前に「パソコン」をいじ... »
最新の画像もっと見る

B級以上目指してグルメ」カテゴリの最新記事