ふーちゃんの 小窓

 思いのまま・感じるままを
 ページに綴っていきたい・・・

新春FDパーティ―そして一言

2019-01-15 10:14:34 | 日記

(表紙 プログラム 見にくいです すみません)

昨日 鹿児島県支部の新春フォークダンスパーティーへ参加しました

8時30分にはマイカーで会場へ・・・

9時40分からランチタイムを入れ15時30分まで踊り続けます

声を抑えながらのダンスにも もはや気持ちは躍り始め

やはりダンスは ふーちゃんには欠かせないなぁーと思うことでした

久しく会えたお仲間には「大丈夫?お大事にネ」などの

やさしさに とても嬉しかったですね

フォークダンスにしろ社交ダンスにしろ

これからも楽しむことになりそうです。

この一枚は2012・10・20

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・・うつに悩むかたへ・・・

ふーちゃんは 遠い過去を思い出すことが度々あります

11月から2月までの入院生活は 勿論自由がなく辛かった

寒いこの時期になると思い出すのです

お正月には遠くの自宅には帰れず

妹宅に世話になっていました

消えてしまいたい気持ちは続いたままでした

目を放せない時期でもありました

1月の月は辛い!

ふーちゃんの大切なお友だち

人生にはまさか自分が!と 信じられぬことがおきます

ふーちゃんが証明している通りです

今生きている このことに心から有難いと思い

今日からの自分を変えられる 方向にも与えられているのです

それは前向きになるのみ 前進あるのみです

ふーちゃんが今あるのは 周りへの感謝と

まだまだ わが命を持ち続けたいと思う気持ちが強かったのだと思います

生きている だから希望がもてるのです

あなたは大切な友 生きているのです。

コメント

静かな日々・そして一言

2019-01-11 12:09:03 | 日記

                                           2012年ベランダからの撮影です(鹿児島 桜島)

今になって「明けましておめでとうございます」のご挨拶です

年末には 様々なイベントの準備等に時間が取れず 勝手ながら休んでいました。

その間 恥ずかしいのですが血尿と云わぬコーヒー色の尿が2度

12月11日には 20周年記念パーティー(社交ダンスサークル)の最中

突然声を失ってしまいました。

18日から娘がインフルエンザ(5日間で回復)そしてふーちゃんに・・・

何より心配なのは 声が出ないこと! このまま失うのではないかと!

心身ともに弱り 寝込んでしまう有様でした

声をなるべく出さない事と薬服用を守り 

徐々に回復へ向かっているところですが まだ本調子ではありません。

今年は ユッタリと流れのままに過ごして行こうと決めました

干支の猪に似合わない年になりそうです。

新しい年が 皆様方にとりまして穏やかな年でありますように・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・・うつに悩むかたへ・・・

ふーちゃんの友 みなさんにお会いしたかったです

何だかんだ言いましても ↑の通りで布団の中にいました

やはり口では強がりのふーちゃんでも

こうなると心は折れ 弱いふーちゃんになっていました

立ち上げた フォークダンスだけは休まずに

声が出ないために 仲間のみんなが号令をかけてくださり

細やかながら クリスマスの雰囲気でパーティーも済ませました

労わり合う仲間に出会い そして集いの日を楽しみにしてくださることに

ふーちゃんはとても幸せに思えてなりません。

       ^^^^^^^^^^^^^^^^

ふーちゃんの友 悩むことはありません

一歩づつ明るい方へ心を向けてくださいね

今年は嬉しい年になるようにしたいですね。

ふーちゃんと伴に歩きましょう。

コメント

暫くのお休み・そして一言

2018-11-16 11:57:35 | 日記

ブログから離れて随分経ちました

お休みのことを更新しなければと思いながら 今日になりました

冬期シーズンに 小さな体は忙しさで走りまわり

充実した日々を送っています

所属している教室の ダンスパーティーに向けて

2か所の 社交ダンスサークルのフォーメーション

それに デモンストレーションのキューバンルンバ

これがなかなか難しい(笑)

某福祉館の 文化祭(フォークダンス)は終えたものの

後2か所の文化祭が待っています

皆さまの所へお伺い出来ませんがお許しくださいませ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

ふーちゃんが保母さんをしていた頃の当時の園児さんから

種子島特産の安納いもが送ってきました

あの頃の面影を思い浮かべながら 美味しく頂いています

その彼も 数年で定年退職を迎えるそうです

今年2月に帰省し 南種子町役場に訪れた時にも

夫の後輩を交え お会いしていました

皆さん50・60代に・・・ふーちゃんが後期高齢者

当たり前ですよねえ ハハハ~~

町で「先生!」と 園児たちに声をかけられハッとしながらも

それはそれは懐かしさで 胸がいっぱいになります

他界した夫も 町役場で40年間勤め終えました

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

なつかしき ふるさと南種子

幾年にも重なる 歴史の冊子も届きました

その中には 南種子町に初めて設立された保育園に

園児たちと一緒に写っている写真がありました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・・うつに悩むかたへ・・・

長くお話をしませんでした

ゴメンナサイ

希望を持たなくてはいけません

明るい道を歩くには そうでないといけません

苦しさから脱出さえすれば 自由が待っているのです

頭では判りつつも なかなか思うようにならない

そして心が暗くなるのです

ふーちゃんもそうでした

でも必ず元気になれるのです

笑顔のあなたになれるのです。

コメント (16)

コスモスの歓迎に・そして一言

2018-10-31 09:21:09 | 日記

毎週火曜日は「ステップの会」の自主学習グループ

社交ダンスサークルの練習日です

    今年で 設立20周年になる

耳に入ったニュース「慈眼寺のコスモスが最高の見どころよー」と

レッスンを終え

「行く人いない?」 「ふーちゃんの車4人乗りだけど!」

咄嗟のことなので 「行きたい~」と声はあるが

行けるはずがない

結局二人で・・・

1時間は掛かる道のりも あっという間

二人で歓声をあげる

おぉ~ これはこれは眩しい

仲間に見せてやりたい!

種子島の友だちにも 見てもらいたいなぁ~と思いましたね。

恥ずかしがり屋の友・チッチャク

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・・うつに悩むかたへ・・・

コスモスの咲く頃 思えばふーちゃんは院内にいました

随分 昔のことになりました

暗いくらい顔をしていたでしょう

自由のない4か月間でした

心の乱れは 終わることを知らず

それを自分ながら よくぞ克服したものだと思う

勿論 ふーちゃんだけの力でない事は 重々承知しています

年月は経ちましたが 今尚わが身を愛おしくも思ったりしますね。

あなたへ言いますネ・・・

希望を失ってはいけません

明るい生活があるのだということを信じてください。

私の大切な友人も

今 前向きに生活しているようです

嬉しくてなりません。

コメント (8)

贅沢にも思え・そして一言

2018-10-27 09:23:03 | 日記

今月18日 午前の例会(フォークダンス )を踊り終え

娘と待ち合わせて 鹿児島県霧島市にある妙見田中会館に来ています

ふーちゃんの親友の お姉さまが経営するお宿でもあり

先日テレビで 紹介されたリニューアルされた大部屋

とてもとても 身に添わないことは十分承知しながら

今回は 初めての初めて奮発しました(笑)

日々気が細かく効く娘への 感謝の気持ちも含まれています

夏冬のボーナス時には 「少しよー」とお小遣いとして渡される

「もういいのにー」とふーちゃん言いながら

それが暫くは 父親の遺影に報告しきちんと置かれてはいるが

日を追うごとに 1枚減り2枚減りついには封筒さえもなくって

ふーちゃん チャッカリ使ってしまうのですよ

パソコンに座っていると いつの間にそっとお茶を・・・

ふーちゃんは娘の存在に嬉しく思います

♪^^❀^^♪

お部屋を ご案内しましょう

先ず目に入りました  ドカーン・ドカ~ン\(◎o◎)/!とデラックスです

小さな体のふーちゃん 3人は休めそうです

ここは部屋にある露天風呂 床は畳ですよ

大浴場にも行きましたが

もう5年ほど前になるでしょうか 

当時のままの温泉は 懐かしかったですね

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・・うつに悩むかたへ・・・

この楽しみのブログが 病と向き合っているあなたにとって

どんな気持ちで 受け止めているのかとふと思います

ゴメンナサイね

ふーちゃんは 院内で暗く塞ぎ込んでいる日こそ多く

入院生活の辛さ 自由のない生活

身を砕きたい そんな気持ちばかりの続いた日

退院して行く人を 羨ましく思っていました

退院するには! こうしてはいられない!と・・・

「帰りたいー」と 心では悲鳴を上げていたのかも知れません

家族の顔が浮かび 待っている友人とお茶した日々を思い

気持ちは 前向きにしなければと思いつつも

そんなに パッとなれずはずはありません

何回もなんかいも葛藤しつつ

勝ち進まなければ 灯りは見えません

そうして4か月後 ふーちゃんは見送られる患者さん方に

深々と頭を下げて 我が家へ帰ることが出来たのです

楽しみは待っていてくれます

ふーちゃんのようになりましょう なれるのですよ。

コメント (6)