「みよし屋」のカレーうどん

愛妻と娘達は、所用で外出中。
簡単に昼食を取ろうと考えていたところ、無性にカレーうどんが食べたくなりました。
どこか美味しい店は無いものか?と思案していたところ、職場の同僚にカレーうどんが美味しいと教えて頂いたお店を思い出しました。

旭郵便局前にあるみよし屋です。
遠くまで食べに行く時間の余裕が無かったので、家の近くで済ますことにしました。

店は、昔からある街の食堂っていう雰囲気です。



丼とうどんがメインのメニューのようです。
メニューには、カレーうどんが530円と書かれていました。
大盛出来ますか?と注文すると、
出来ますが900円近いお値段になるとお店のおばちゃんが答えてくれました。
え~?300円アップになるの
ちょっと高すぎやで~!
ご飯の小(170円)とカレーうどん(530円)を注文しました。
ご飯大は、10円アップの180円です。
よーわからん値段設定ですわ(笑)



カレーのいい香りがします
ダシは、カレーを和風ダシで割った少しとろみのあるダシです。
和風ダシが前面に出た味では無く、やや控え目な和風ダシ系なんですわ!
私的には、控え目では無くて、和風ダシがもう少し効いたダシが好みです。



ご飯の小と言っても、結構なボリュームです。
大ならどれ位の量なんでしょうか? 興味がわきますねぇ


うどんは、多分市販の袋麺でしょうね!
やわやわの麺が入っていました。

とろみのあるカレーダシが、うどんと良く絡みますわ。
ダシを飲まなくても、うどんを食べるだけでダシが減っていきます。

少ないダシをご飯に掛けて、


美味しく頂きました
お行儀が悪く、愛妻が一緒なら怒られるところですが、
最近この食べ方に嵌ってるんですわ

この食べ方をするとボリュームのあったご飯も、あっと言う間に無くなりました。
ご飯大にすれば良かったかな たったの10円アップだもんねぇ(笑)



みよし屋」  お薦め指数 
大阪市旭区大宮1-19-17
営業時間   午前10時30分~午後6時
定休日     日・祝日 

平成19年9月 お店の前を通ると閉店の張り紙が書かれていました。
          このカレーうどんのファンも居たのに残念です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

守口 相撲茶屋「琴櫻」

週末のジョギング中に見つけたお店で、気になっていたお店に突撃してきました
以前ご紹介した「新福菜館・守口」の直ぐ近くにある相撲茶屋「琴櫻です。

店の表にお昼のランチメニューが張り出されていて、それを見てから気になっていたんですわ



「カレーちゃんこうどん」と言うメニューがあるので、ジョギング中にも関わらずお店の近くを通る度に、どんなカレーうどんか気になって走る事に集中出来ません

「琴櫻」と言う名前は、若い人はご存じないかも知れませんねぇ。
53代横綱琴櫻で元佐渡ヶ嶽親方です。私が子供の頃に一番好きな関取でした。
私の両親が、鳥取県倉吉市出身で「琴櫻」も同じ所の出身なんですわ。父親が応援している姿を見て、私もファンになったと至って簡単な理由です。

「琴櫻」の名前とカレーちゃんこうどんとくれば、ワクワクして勝手にイメージを膨らませてしまいます(笑)



夜は「ちゅんこ鍋」を提供するお店で、店内はすべてお座敷になっており番付や角界の方の写真などが飾られていました。

カレーちゃんこうどん定食の大盛(750円プラス大盛100円)を注文



でかい器に入って出てきました。直径も大きく深さもあるんですよ。



どこがちゃんこなんでしょうか 見た目は普通のカレーうどんのようです。
具材のえのきつくねが特徴的です。



鳥のつくね団子が沢山入っていました。このつくねがいい味を出しているんですわ
ダシは和風ダシ系ですが、和風ダシは控えめでカレー風味がしっかりと出た味です。
ダシにはちゃんこ風は感じず、オーソドックスなカレーダシになっています。



さて、麺の方はと言いますと、これが讃岐うどんも真っ青のコシのある手打ちうどんが入っていました。熱くてもこれだけコシが残っているので、冷たいうどんならコシも強くて美味しいでしょうねぇ
そして、麺の量が多いのなんの!他の店の2.5玉分ぐらいは入っています。
いや~!うどん好きにはたまらんねぇさすがちゃんこ屋さんですわ

次回は、玉子丼+生醤油うどんの定食にしようかな?
勿論生醤油うどんは大盛に変更しますよ



相撲茶屋「琴櫻」 お薦め指数 
大阪府守口市豊秀町1-3-10
営業時間   昼 ?~午後2時30分
         夜 ?
定休日    基本的に無休 (夏場に休業の日あり) 
コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )

めん家「だるま堂」のぶっかけうどん

南森町周辺をうろうろと歩いていて見つけたうどん屋さんです。
ラーメンを食べようかと探索していましたが、偶然見つけて入ったお店はめん家「だるま堂
時間も昼時を過ぎた午後2時前にお店に入りました。
セルフ形式のお店ですし、この時間ですからはっきり言って期待せずに入店しました。

この時間でも結構お客さんがいて席も詰まっているし、来店する客もそこそこいる状態でした。
冷たいおろしぶっかけの(中)(472円)とイカ天(126円)を注文
中と言っても麺の量は、一般のお店の1玉程度の量です。



いつもなら大を注文しますが、前記のように期待せずにお店に入ったため、不味くてコシの無い麺が出てきたらどないしょ~!って一抹の不安が頭をよぎってしまい大を注文する勇気が出なかったんですわ(笑)


私より後のお客さんは、今麺を茹でているから少し待ってね!と言われていましたしこの時間でも茹で置き麺では無いようです。大盛にすれば良かったかな

 

見た感じは、コシがありそうな麺ですがどうでしょうか?



食べてみて、びっくり コシの強い麺でじゃあ~りませんか!
美味いね 

期待して無かった分、より一層美味く感じますわ。

美味しいうどんを提供しているので、人気があるのもうなずけます。
しかし、セルフ店にしては若干お値段が高いのがマイナスですねぇ!


めん家「だるま堂」  お薦め指数 
大阪市北区天神橋2-1-26
営業時間    平日 午前7時~午前0時
         土    午前11時~午前0時
         日・祝午前11時~午後9時
定休日     無休   

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「一勢」の塩とんこつラーメン

久しぶりに豚骨系ラーメンが食べたくなって、生野区の一勢に食べに行きました。
場所は、地下鉄「今里」から南に徒歩5~6分ぐらいところです。
昼は午後2時までの営業と事前に調査していましたが、地下鉄「今里」駅を降りた時点で午後1時50分。店までかなりに勢いで走って行ったため、店の前に着くと息切れ状態でした(笑)
店に入るとお昼の営業時間はなんと午後2時30分までに延長になっていました。
ガ~ン 急がなくても良かったのに

こちらのラーメンは、豚の頭とゲンコツをまる2日間煮込んだ豚骨をベースに、塩ダレを合わせた「塩とんこつ」と醤油ダレを合わせた「醤油とんこつ」の2種類にスープから選ぶことが出来ます。
もう1品激辛とんこつ700円と言うメニューもありました。

私は「塩とんこつ」ラーメンを注文
ラーメンは単品で600円のお値段ですが、ランチタイムはサービスで580円。
一品の小鉢も付いてきます。そして一品とライスも付いた定食でも580円。
ライスを頼んでも頼まなくて同じお値段ですから、ライス付きの定食はかなりお得ですよ!


麺の固さは8段階から選ぶことが出来ますが、今回は固い方から5番目の「かため」でお願いしました。

具はチャシュー、ネギ・もやし・きくらげが入っていますが、チャーシュー以外は無料で増量をお願いする事も出来ます。

さて、スープを一口


ライトなとんこつスープです。とんこつの旨みが十分に出ていますが、とんこつ独特の臭みも無く、ややあっさりとんこつと言ったスープです。

コッテリ系が好みの人は物足りなく感じるかも知れませんが、最近私はこれぐらいのあっさりスープの方が好みになって来ました。歳なんですかねぇ



麺は、極細麺を使用。この麺は、博多の有名な製麺所から取り寄せているようです。
この麺も美味いね

細麺を使用していますが、注文により太麺に変更することも可能です。
このあっさりとんこつスープなら太麺も合うように思いますよ
色々と好みを聞いて頂けるのも、このお店の良いところでしょう。
でも、そこまで行くにはかなり通い続けなければなりませんねぇ。



一勢」 お薦め指数 
大阪市生野区中川西1-8-6
営業時間  平日    午前11時30分~午後2時30分  午後6時~午後12時    
      金・祝前日 午前11時30分~午後2時30分  午後6時~午前2時
       土曜日   午前11時30分~午前2時
       日曜日   午前11時30分~午後12時 




 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

うどん工房 「らん」

今回食べに行ったお店は、東住吉区にあるうどん工房「らんです。
お店は少し駅から離れています。私は地下鉄「文の里」から歩きましたが15分近く歩いて漸くお店にたどり着きました。
12時少し前にお店に入りましたが、こんな状態でした。



12時を廻ると、どっとお客さんが来店されて直ぐに満席の状態になりましたが、
私は混雑する前に一人でゆっくりうどんを味わう事が出来ましたよ。

冷たいうどんのメニューから、ちく玉天ぶっかけの大盛(600円プラス大盛100円)を注文
10分以上待って運ばれて来たうどんはこちらです。



揚げたてのちく天と半熟玉子の天ぷらが乗っています。
天ぷらはあつあつで美味しいね

さて麺はと言いますと



お~ 如何ですか?エッジに立った麺が出てきましたよ。
やや細めの麺ですが、しっかりとしたコシがあり、十分な伸びのある麺でメチャ旨です
このタイプの麺は大好きですわ

これもお好みでお入れ下さいと店主さんが出されたのは、青唐辛子を細かく刻んだ物。


うどん屋でこれを出されたのは、初体験です。うどんに少しだけ入れて頂きましたが、ワサビや生姜と違った風味と辛味があり、確かにうどんに良く合う調味料です。
この調味料一つを取っても、うどんに対する拘りを感じました。

若い店主さんに、何処かのうどん屋さんで修行されたのですか?と尋ねたところ
「インターネットです」と意外な回答でした。

うどんを打つのが趣味のようで、インターネットや本を読んで独学で勉強されたようです。お店を始めるには、機械で製麺する作業や大きな釜で茹でなければなりません。
その作業などは、実際に営業中のうどん屋さんにお願いして学ばれたと話されていました。今でもこちらのうどん屋に大将に色々とお話をお伺いして、美味しいうどんを作るために勉強していますと。

国内産小麦100%使用とメニューに書いていましたが、店主の拘りと自信を感じました。また私のように美味しいうどんを食べるのが趣味の人もいれば、このお店の店主さんのように美味しいうどんを作るのが趣味の人がいるのも、うどんの魅力かも知れませんねぇ


営業時間の短さも、どことなく商売よりもうどん作りが趣味って感じがしますが、開店して2年が過ぎたそうですし、これからも頑張って欲しいうどん屋さんです。
こんなうどん屋さん大好きなんですよ

でも少しだけマイナス材料があります。それは、麺の量が少ない点なんですわ
今回大盛にしましたが、他店の1玉程度の盛りなんですよ。
食べに行かれる方は、その点だけ注意してご注文して下さいね!
五つ星評価にしたいところですが、この分一つ減点にします。




うどん工房「らん」 お薦め指数 
大阪市東住吉区桑津2-6-6
営業時間   午前11時~午後3時30分
定休日     日・祝日 

 
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ