京橋 「花京」

またまた、宴会の後の〆ラーメンを食べにやって来たのは花京です。
現在京橋のラーメン屋では、一番の人気店ではないでしょうか?
メタボが気になるんやけど、飲んだ後のラーメンって旨いのよねぇ!

今回は、こちらを狙ってやって来ました。



つけ汁にいりこが入ってるの?
旨そうやなぁ!

しか~し、残念のことにつけ麺は既に完売とのこと
流行っているお店なんで、遅い時間帯では売り切れになるのでしょうか?
仕方なく定番メニューから、


 こってり背脂中華そばの細麺をオーダー
あっさり鶏がら中華そばと2種類のスープがあり、また麺も太麺と細麺から選ぶことが出来るようです。

前回はこってりの太麺を食べましたが、今回は細麺に。
スープはこってりの方が人気があるようで、私が食べに行った時は殆どのお客さんが、こってりスープを注文していました。

しばらくして、こってり中華そばの細麺登場です







スープは、豚骨ベースで本当にこってりです。
しかし、表面にはそれ程背脂が浮いていません。

このスープほんまに旨いわ
こってりラーメン好きには、たまらん美味しさです。
豚骨なのに、あの豚骨独特の臭みはありません。



麺は、極細麺のストレート麺。
スープがこってりなだけに、相性のよい麺です。

でも、個人的には前回食べたもっちりとした太麺が好きかなぁ
空腹時なら太麺で、今回のように〆のラーメンなら細麺が良いかも?
まあ、皆さんはどちらでもお好きな方を召し上がって下さい。

言われんでもそうするわ~!
そんな声が聞こえてきそうですねぇ(笑)



チャーシューは、小ぶりながらも柔らかくとろけるような感じ。
これ旨いわ
好みがあるかも知れませんが、とろとろの柔らかいチャーシューが好きなんですよ

美味しいラーメンご馳走さま



花京」  お薦め指数 
大阪市都島区東野田町3-10-4
営業時間  午前11時30分~午前1時
定休日   日曜日  


過去の訪問   こってり中華そば




 



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

塩処 塩元帥の塩ラーメン

久しぶりのラーメンネタです!

今回は、地下鉄西中島南方近くにある塩処「塩元帥へ食べ行きました。
ご存じ天六にある「総大醤」の2号店してオープンしたお店です。
「総大醤」は醤油が売りに対して、こちらは名前のとおり塩がメインのお店です。

地下鉄西中島南方から徒歩10分程度の距離なんですが、はっきりと住所を調べずに行ったので少し時間がかかってしまい、お昼の営業時間が終わる寸前にお店に到着です

は~い、メニューね





「総大醤」と同じで、塩・醤油・味噌の3種類のラーメンがあり、塩ラーメンがメインのはずやのに、醤油ラーメンの種類も豊富です。

最近つけ麺ばかり食べているので、塩つけ麺も気になりましたが今回は基本の「天然塩ラーメン」を注文
塩のつけ麺って食べた事が無く、また塩ってあっさりのイメージがあるのでつけ麺に合わないように感じてしまい、塩つけ麺をオーダーする勇気が出なかったって訳なんですよ



ラーメンが出来るまで、こちらのキムチバーのキムチを頂くことに。
このシステムも「総大醤」と同じですわ

しばらくして、天然塩ラーメンが出来上がりました。



透き通ったスープです。



天然塩を使っているからか?塩のしょっぱさはあまり感じません。
また、鶏なんでしょうか?とっても深い味わいのスープです。
なんでも豚と鶏、昆布などを使ってスープを作っているとのこと。

一口目が本当に旨く感じるスープです。

麺は自家製麺。



ツルっとした食感も良く、まずまずって感じ。
最近自家製麺のお店が増えたので、凄く旨いってとこまでの感動はありません。



お店の奥には、製麺室があって、こちらで麺を作っています。
つけ麺なら、もっと麺の旨みを味わえるかも知れません。



大きなチャーシューがドカっと一枚入っていました。
美味しいチャーシューなんですが、お腹がへっていたので何か物足りなく感じます。
そうや!煮卵が入ってないなぁ
メニューをよ~く見れば、煮卵はオプションでトッピングせなあかんみたやわ!
勝手に煮卵が入ってるもんやと思っていたのが、外れてしまいました

半チャーハンがセットでプラス150円なんで、これを注文しようか?と悩んでいたので、トッピングメニューを見落としていたようです

これからは、よ~くメニュー見なあかんねぇ



塩処「塩元帥」  お薦め指数   3.5
大阪市淀川区木川東3-6-24
営業時間  午前11時~午後3時
        午後5時30分~午前0時
定休日   第3水曜日  


 


 






コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

京橋 「力雅」のカレーラーメン

京橋で宴会があり、またまた〆のラーメンを食べに行ったのはラーメン専科 「力雅です。
1次会は飲み放題コースでたらふく呑んで食って、その後カラオケを歌いまくって、最後にラーメンです
当初は、こちらの店のつけ麺を狙ってお店に向かいましたが、満席で入れず数件隣りの「力雅」へ行くことに。

メニューを見ると、カレーラーメン雅王(700円)って言うのがあったので私はそれを注文




まずは、スープからチェックね。



カレーうどんとは全く違って、シャバシャバのスープです。
で、カレーをスープで割ったのか?それともスープにカレー粉を少し足しただけなのか?あまりカレーの風味がしません
辛みだけがあって、カレーって感じが無いのが少し残念です



麺はこのお店独自の自家製麺!
麺は旨いのに、スープの方が残念でなりません。

今回は4人で来店しましたが、他のメンバーはこちらを注文



カレーラーメン以外にも、色々と新メニューが増えてるみたいです。
こちらが、豚骨醤油ラーメンね。
スープはこってりとあっさりから選択出来るようです。



スープを一口頂きましたが、元々このお店の豚骨スープはあっさりめなんで、醤油豚骨にするとやはりあっさりに感じるスープです。
個人的には、カレーラーメンよりもこちらの方が好みですねぇ。



他のお店でも、カレーラーメンって殆ど食べたことがありません。
自分の中では、カレーうどんのおダシと比較してしまったり、カップヌードルカレーのお味がカレーラーメンだとする認識が良くないのでしょう

ラーメン専科 「力雅」  お薦め指数  2.5
大阪市都島区東野田町3-10-4
営業時間  午前11時30分~午前0時  金・土は~午前1時
定休日    日曜日

過去の訪問   ラーメン




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

森小路 「まさ家」

京阪電車「森小路」駅前のあるラーメン店まさ家
我が家からはご近所にあるお店なんですが、こんなところにラーメン屋があったとは、全く知らず、偶々お店の前を通ったのでフラリと訪問しました。

またまた、宴会後の〆ラーメンです
呑んだ後のラーメンって美味いんですよねぇ。

並盛りラーメン600円やったかな? お値段はちょっと不明ね。


このお店のスープは、豚骨ベースに鰹やさば節を使った和風ダシを合わせたWスープ。

お店の中にこんなんが書いてありました。



「こってりベースのあっさり仕上げ。
いわゆるこっさりスープ味。」

言われてみれば、そんな味ですが、豚骨がこってりとは限らないしこっさりよりもあっさりに近いスープです。
呑んだ後には、胃袋に優しく美味しいスープですわ



麺は、太めのストレート麺。
細麺も用意されていて、お好みでオーダー出来るシステムです。
太麺がお勧めと店員さんに言われて、そのままオーダーしましたが、モチっとした麺でまあまあいけるんじゃない



チャーシューは、薄いモモ肉チャーシューが4枚。
今回は、呑んだ後なんでこれでも特に不満はありませんが、お腹が空いている時はなんか物足りなく感じるチャーシューです。

バランスの良いラーメンですが、特徴が無く平凡な味に感じてしまいました。
色々と研究を重ねて頑張って欲しいお店です。



 まさ家」  お勧め指数   2.5
大阪市旭区森小路2-18-3
営業時間   午前11時30分~午後3時
         午後6時~午前1時   
         祝日は、午前11時~午後10時
定休日     日曜日 




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

とんぴととりの「光龍益」 桜ノ宮

地下鉄都島駅近くにある大きな病院に定期的に受診しています。
私、ちょっと頭が悪いんでねぇ
午後3時過ぎ予約を入れていて病院に行ったのに、この日はなんと2時間以上診察まで待たされてしまいました。
いつもは、1時間ぐらい待たされるので、まあそれぐらいかな?って思っていたら2時間以上ですから正直疲れました。



でも、とんぴととりの「光龍益に食べに行く予定やったから、それ程イライラせずに待つことが出来ましたよ。
と言うのも、午後6時からの営業やし早く終わったらどこで時間を潰そうか?って考えていたところです。



このお店の場所は解りにくく、小さい路地にひっそりとありますが、今回は都島区に住む職場の後輩に教えて貰ったので迷わずお店に到着。
地下鉄都島方面からJR桜の宮へ行く抜け道みたいで、小さい路地の割には結構人通りがあります。



メニューはラーメン600円と特製ラーメン800円の2種類のラーメンと、チャーハンぞうすい(700円)と塩むすび(100円)があるだけ。
あ、それと、缶ビール(300円)ね。





「今までどおり持ち込み大歓迎です」って、面白いお店やなぁ。
缶ビール頂こうかなぁ!って思ったんやけど300円がなんか高く感じてしまって止めちゃいましたわ
小さい男ですわ(笑)



カウンター席に座ると何故か目の前にラーメンの丼が置いてあります。
このように他の席も同じなんですよ。





それは、お店の大将が目の前でラーメンを作るといったパフォーマンスがあるからです。



先ず、お湯で器を温めて





お湯を捨ててから、醤油だれを入れます。





スープを加えて





茹で上がった麺を入れます





チャーシュー・メンマ・おネギを入れて、は~い出来上がり





では、先ずスープを一口





見た目はドロッとした濃厚なスープですが、飲んでみると思ったよりもあっさりしています。
とんぴととりとは、豚皮と鳥のことで、この二つからスープを作っているようです。
このドロッとした感じが、天下一品に似ていますが、飲んでみると全く違ったスープなんですわ。





麺は、細めのストレート麺。
濃厚なスープだけに、スープとの絡みを考えるといいんじゅないでしょうか?





「お好みでラーメンダレを入れて下さい」と





ラーメンダレって醤油の瓶みたいなのに入ったヤツね。
これって、ラーメンを作る時に入れた醤油ダレと同じ物のようです。
お店の大将に伺ったところ、醤油ダレを入れるのは、最小限に止めているとか。
と言うのも、大将がラーメンを食べ歩いた経験から、濃い目の味付けのお店が多く、食べている時は濃い味付けはインパクトがあって美味しいみたいですが、食べ終わってからやたらと咽の渇く事が多かったようです。
そのため、若いお客さんには少し物足りないかも知れないけれど、醤油ダレを最小限に止めて、後はお客さんの好みで入れて貰うようにしたと話されていました。



確かに、少しだけこのラーメンダレを入れるとグッと濃い味となりました。



それと、途中でにんにくを入れて貰いましたが、これが驚く程スープを変化させてくれます。
にんにくは酸化しやすいようで、皮をむくタイミングなどを注意して新鮮なにんにくを使用しているようです。
そのため、スープがにんにくの味がするのでは無くて、にんにくがスープと馴染んで全く違ったスープを作りあげています。
これには正直驚いてしまいました。
皆さんも是非途中でにんにくを入れてみて下さい



とんぴととりの「光龍益」 お勧め指数  3.5
大阪市都島区中野町5-9-5
営業時間   午前11時30分~午後1時30分
         午後6時~午後11時
定休日     土・日曜日




 




コメント ( 4 ) | Trackback ( 3 )
« 前ページ